ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ダフィット・テニールス 画廊画「レオポルト・ウィルヘルム大公の画廊」
ギャラリー画 / SAI
La galleria dellarciduca Leopoldo Guglielmo a Bruxelles -David_Teniers_ 

D. Tenier,
La galleria dell'arciduca Leopoldo Guglielmo a Bruxelles
「レオポルト・ウィルヘルム大公の画廊」(1651)

fu−が
画廊画「ルーブルのサミュエル・フィンレイ・ブリース・モース(モールス)のギャラリー」の記事をアップした。

あれは2年前の記事で、非公開にしていたもの。いきなりだなァという感じです。「わからないのは、とばして・・・」とあるが、なかなか調べたものだ。とかく僕の性質は、「わからないのは、とばして・・・」とはいかない・・・が。

実は2年前に皆で画廊画を記事にしようと思って、僕はこの作品にしたのだが、下書きが見つからない。・・・。ハァー・・・。(ため息)

ティツィアーノ. Titian
(
Tiziano Vecellio)
肖像画 ヤコポ・ストラーダの肖像
Jacopo de Strada (1567)
彫刻の下の右側

この記事絶対にあったはずなのだが・・・。目の悪い僕は公開するまでは1週間以上はかかる。

少しずつ、書き足していくことになると思う。

「ヤコポ・ストラーダの肖像」の下は「カインとアベル(Cain and Abel)」だと思うが誰の作品かはわからない。「カインとアベル」の左下は「ディアナ」のようでもある。右下の女性の肖像画は、パルマ・イル・ヴェッキオ(Palma il Vecchio)の「キャンドルを持つ女性」だと思われる。

僕もはっきりしないものはとばすことにした。

次は正面の一番上から。ジョルジョーネ(Giorgione )の「東方の三博士(三人の哲学者)」、Paolo Veroneseの、これも「東方の三博士」で、次と二点を下記に。この作品はティツィアーノの「Death of Actaeon」(アクタイオンの死)

追記 下記二点とは、パルマ・イル・ヴェッキオ(Palma il Vecchio)の「マリアのエリサベツ訪問」だ。 そして、ヴェロネーゼの画像も追加しておく。

ヴェロネーゼ
似た作品あり。背中がこの向きで間違いなしの「東方の三博士」は構図が似たものがもう1点。「カインとアベル」はグイド・レーニのものと判明。
レオポルト大公のコレクションは、画家の宗教画が多い。裸婦などの作品が見当たらない。「東方の三博士」、「聖母マリア」などが描かれているものが多い。あとは肖像画。



「聖母のエリサベツ訪問」↑
Palma il Vecchio 「Maria Heimsuchung」



正面2列目左から2番目の作品は、パオロ・ヴェロネーゼの「Christ and the Woman with the Issue of Blood 」(ナインの奇跡この左隣も「カインとアベル」(2)ではないか。右は「キリストの埋葬」だが、誰の作品だったか。



パオロ・ヴェロネーゼの「ナインのやもめの息子の蘇生」(ナインの奇跡)

正面3列目の左から2番目の作品は、ドッソ・ドッシ(
Dosso Dossi )の聖ヒエロニムスSt. Jerome)」

3番目は、たぶんこれ。
Andrea Schiavone
「Holy Family with Saints Catherine and John 」
アンドレア・スキアヴォーネのほか、聖家族のコレクションも何点かある。

同列の左から4番目は、フランチェスコ・バッサーノ( Francesco Bassano)の善きサマリア人(The Good Samaritan)」。ひとつとばして、パルマ・イル・ヴェッキオ。



Maria mit Kind und Heiligen Katharina und Coelestin (links) und Johannes d. Täufer und Barbara (rechts) by wiki

そしてティツィアーノの「Mary with Child & Saints」( c1510)になる。



Titian (Tiziano Vecellio)  「Mary with Child & Saints」
4段目の一番左はユデット。カルロ・サラチェーニ(Carlo Saraceni )の「
ホロフェルネスの頭をもつユディット(Judith mit dem Haupt des Holofernes)」。ひとつとばして、またティツィアーノ。

Madonna with Cherries 1516
ティツィアーノのコレクションが一番多い。
さくらんぼの聖母」というタイトル
この隣の絵が微妙なんだけどな。
たぶん次ので正解だとおもうんだが。


パルマ・イル・ヴェッキオ
「Holy Family with Mary Magdalen and Young John Baptist」 また聖家族。ウフィツィ所蔵なのでこれではないか。断定はできないが。

その隣は間違いなくこの作品



「キリストと姦淫の女(Christ and the adulteress)」 またティツィアーノ。

この絵の隣がJusepe De Ribera



フセペ・デ・リベーラ(フセペをホセ、ジョゼッペともいう)の「教会のキリストと博士」(Christ in the Temple Among the Doctors)

あー、もうすぐ壁から床の作品に近くなってきた。

ヴェロネーゼの「アハシュエロス王の前のエステル」で、ラファエロの「アンティオキアの聖女マルガリタ」、アンニーバレ・カラッチの 「キリスト哀悼」までもう少し。

忘れないうちにひとつ。

Der Bravoティツィアーノ 邦題は「イル・プラーヴォ
背後の男は武器を背中に隠し持っている。

THEハプスブルク 華麗なる王家と美の巨匠たち 国立新美術館で鑑賞できる。

これもたぶん。レオポルト・ヴィルヘルム大公は正面の二人の左側だったと思う。その二人が手、指を向けている先に、たぶんこの作品と思われる。ヴィンチェンツォ・カテーナ(Vincenzo Catena)の 「本を持つ男の肖像」は大公を描いたものとされている。



ティツィアーノ
「ヴィオランテ」
1515-1518




Annibale Carracci
Pieta
アンニーバレ・カラッチ 
「キリスト哀悼」
「本をもつ男の肖像」のうしろ



Raffaello Sanzio
St.Margareta

ラファエロの描いた聖マルガリタ
「アンティオキアの聖女マルガリタ」



Paolo Veronese  「アハシュエロス王の前のエステル王妃」
この作品が一番大きい。作風からもわかるように、「カナの結婚式」が有名なパオロ・ヴェロネーゼ。

ちょっと寄り道
Les Noces de Cana  Paolo Veronese 全体像

左の親類のカナの婚礼ではじめての奇跡、水を葡萄酒にかえるイエス

「カナの婚礼(カナの婚宴)」 
Les Noces de Cana  Paolo Veronese
この楽隊は当時のヴェネツィアの画家たちで、パオロ自身も描いている。


The Archduke Leopold William in his Gallery of Paintings in Brussels (1641)


The Archduke Leopold William in his Gallery of Paintings in Brussels (ca 1647)

正面の作品はティツィアーノの「ディアナとカリスト」(ca1568)だ。

Titian Diana and Callisto

ウィーン美術史美術館所蔵だが、この作品にみえる噴水のデザインが違うものが、 スコットランド王立美術館に所蔵されている。

この左側が「ディアナとカリスト」(1556〜59年)で、対画といわれているのが、右の「ディアナとアクタイオン」(1556-1559)

この作品を模写しているのがルーベンス。ルーベンスらしさがあらわれている。またこの「ディアナとアクタイオン」では「アクタイオンの死」(ディアナとアクタイオン)が最初のほうで紹介している作品とつながる。

ここではティツィアーノの作品と思われるのが多いんだけれど、すこしずつ違う。ティツィアーノのダナエに黄金の雨が降る前の作品と思われるものや、ヴィーナス、ジュピター、アンティオペが登場する作品のちょうど右半分が描かれているようなものまで。



それでは1。年前の「レオポルト・ウィルヘルム大公の画廊」を案内。いくつかの新しい作品も飾られているが、先に紹介した作品を中心となっている。ここでは「アハシュエロス王の前のエステル王妃」が見当たらない。


The Gallery of Archduke Leopold in Brussels, (1640)



右下の「十字架降下」は、先の「レオポルト・ウィルヘルム大公の画廊」にはなかった。みつかりやすそうなタイトルに作風なんだけど、みつからないなぁ・・・。

その「十字架降下」のうえにかかるのが、さきの画廊部屋にあった「」で、「十字架をになうキリスト」もみつかりやすいと思ったが、なかなかない。消失したもの、現存しないものも多いが、なんかありそうな絵柄なんだが。

追記 8月になって

Descent from the Cross  Jacopo Tintoretto 十字架降下
この作品は見つけにくかった。「THE」をつけての検索で。とにかく、画家の名前が思い出せず検索したのだが。ティントレットだった。馬鹿みたいだ、思い出せなかったのが。





この続きは2010年以降かな・・・。
| comments(0) | trackbacks(2) | -
pagetop
<< ウィーン世紀末 クリムト、シーレの接吻、抱擁 | main | 江戸名所百景 王子装束ゑの木 大晦日の狐火 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/99
Samuel F. B. Morse's Gallery of the Louvre ここはルーブルのサミュエル・フィンレイ・ブリース・モース(モールス)のギャラリー(1831-3年の作品)です。左側で作品の取り組んでいるのが、この作品の画家 モース でしょうか。実は画家のリチャード W.ハーバ
| La fleur eternelle | 2009/08/01 7:31 PM |
sai の記事、「ダフィット・テニールス 画廊画「レオポルト・ウィルヘルム大公の画廊」には圧倒された。あれって、あんまり資料がないんだよなぁ。しかも、ダフィット・テニールスは大公のキャビネットの作品をずいぶん描いてるんだ。sai の記事にも4~5枚載せてた。
| remove | 2009/08/02 10:07 PM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--