ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
モーリス・ドニ リトグラフ アモール(愛) & 肖像画 Maurice Denis Amour
Maurice Denis モーリス・ドニ / SAI
はじめてモーリス・ドニの作品を記事にしてから4年。リトグラフ アモール(愛)の作品画像が全部揃ったので追加した。(2011.11.1)


 モーリス・ドニの肖像画編

ドニの肖像画はウフィツィ美術館、モーリス・ドニ美術館 ル・プリウレにあるのがよくご存知だと思う。

2011追記 ウフィツィ美術館、モーリス・ドニ美術館 ル・プリウレにあるドニの自画像は記事「モーリス・ドニ キリスト降誕」から。



Maurice Denis 
「樹の下の画家」(僕的訳)1891年 個人所蔵

ここで紹介したいのが、個人所蔵のドニの肖像画。この横長の肖像画をいくつかドニは描いている。



Maurice Denis 
「海辺の刺繍」(僕的訳) 1896年 モーリス・ドニ美術館


なんとなくなんだけど、この女性はドニの最初の妻、マルトかなって思っている。結婚前の1891年の「マレーヌ姫のメヌエット(ピアノの前のマルト)」、結婚後の1893年の「ストーブ」(マルタとマリアの家のキリスト)に描かれているマルトのイメージとは違うけど。



Maurice Denis 
ムッシュー・フックの肖像画


この人誰なんだろう。煙草を片手にちょっとキザなタイプ。嫌いじゃないけど。


モーリス・ドニ リトグラフ

Tenderness 1893 Art Gallery of New South Walesモーリス・ドニといえば、色彩と平面。

僕は、この色彩を取り払った、あるいは抑えたドニに注目した。ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館所蔵の「テンダネス(優しさ)」だ。

1893年の作品。他の美術館にも所蔵されている。

ドニの版画にはあまり詳しくないので、これが何かの挿画だったのかもわからない。


ただ、版画集「アムール」(愛)には、何点か好きな作品がある。

Mariさんがアップした記事で、「無題」になっているのは、やはりアムールの1枚。タイトルを調べてみたら、「Les crepuscules ont une douceur d'ancienne peinture not dated」だって。

タイトルというより説明のようなセンテンス。フランス語は厄介だね。(笑)

ではアムールから1枚。

La vie devient precieuse, discrete  MAURICE DENIS by Amour. 1892-99

「生命を尊ぶ思慮深さ」(僕的訳)by アムール 1892-99
リトグラフ アモール(愛) 作品11  人生は貴重な慎み深いものとなる

たぶん、白百合が描かれているので、聖マリアではないかと思われる。その他全12点のアムールの作品タイトル(フランス語)は、続きに記載したので、どうぞ。

作品1 寓意
作品2 物腰は優しく清らかな
作品3 朝のブーケ、悲しみ
作品4 それは敬虔な神秘さだった
作品5 騎士は十字軍で死んでいない
作品6 たそがれは古い絵画のような優しさをもつ
作品7 彼女は夢よりも美しかった
作品8 そして彼女の手が優しく触れる
作品9 私たちの魂はゆっくりとした動作の中に
作品10 青白い銀の長椅子の上で
作品11 人生は貴重な慎み深いものとなる
作品12 けれどあまりに高鳴る心

12作品の1作品から5作品までは大嫌いだ。表紙は好きだ。僕の好きなドニの リトグラフ アモール(愛) は、作品7、作品9、作品10、作品11だけ。

記事 モーリス・ドニ 〜 ドニの中のドニ by 楓 〜(Cover for Amour アムール 表紙)

 



寓意 1898 シカゴ美術館







物腰は優しく清らかな 1898 シカゴ美術館







朝のブーケ、悲しみ メトロポリタン美術館
それは敬虔な神秘さだった メトロポリタン美術館





 

作品5 騎士は十字軍で死んでいない シカゴ美術館
作品12 けれどあまりに高鳴る心 シカゴ美術館




6作品目の「たそがれは古い絵画のような優しさをもつ」はMariさんがアップした記事から。

記事 モーリス・ドニ 〜ドニの中のドニ

そして7作目は、アモール(愛)の中で、もっとも好きな作品。
 



彼女は夢よりも美しかった シカゴ美術館


ちょっと、疲れたので続きは今度。→再開 8作目は大嫌いなのでテキストリンクから作品を鑑賞して。


 

そして彼女の手が優しく触れる シカゴ美術館







私たちの魂はゆっくりとした動作の中に シカゴ美術館



 



青白い銀の長椅子の上で シカゴ美術館



 
そして最初に紹介した作品11となる。作品12 「けれどあまりに高鳴る心」って、あんまり好きじゃない。作品5といっしょにアップしている。そのほかは順番のとおり。

シカゴ美術館所蔵の「アモール」(愛)は、当時の有名な美術商アンブロワーズ・ヴォラール(Ambroise Vollard)で公開されていたもので、ジョン・H・レン(John H. Wrenn)のメモリアル・コレクションらしい。


 

さて、何人かが、すでにモーリス・ドニの記事をアップしているので、詳細は下記からどうぞ。
モーリス・ドニ関連記事 作品記事にリンクしてる。
XAI モーリス・ドニ 塔の花嫁 ペレアスとメリザンドからマレーヌ姫
下記のリンクは古いので、XAIからどうぞ。

ピエタ
バッカス祭
受胎告知
セザンヌ礼賛
作品中に描かれているセザンヌの「果物鉢のある静物」にリンク、ドニの模写、勘違いしていたセザンヌの作品などの画像が追加した。
エマオの晩餐
塔の花嫁 ペレアスとメリザンドから
アムール表紙/木の葉の階段
永遠なる春/六月の春
庭園を行く少女たち
モーリス・ドニ 天国
無題 水彩リトグラフ/春景色
ゴーギャンの黄色いキリスト ドニの黄色いキリスト
モーリス・ドニ クピドとプシュケの物語 七つの作品
習作 春の森/"Trestrignel"海岸の浜辺/緑の木/オルフェスとエウリュディケ(エウリディーチェ)
ピロウとシンボルウス/デペシュトワ − トゥールーズ/エンジェル/マダム・ランソンと猫/春の森林/イースター・ミステリー
Amour 1892 - 1899 Lithographs
Complete set of twelve colour lithographs and cover.Edition of 100 published by Vollard (1911) and printed by Denis and Clot.Eight signed in pencil. Rare as a set and pencil signed.
Couverture :- 3 colour lithograph. Signed in pencil and in stone.
Allegorie :- 4 colour lithograph.
Les attitudes sont faciles et chastes :- 5 colour lithograph.
Le Bouquet Matinal, Les Larmes :- 4 colour lithograph.
Ce fut un Religieux Mystere :- 4 colour lithograph. Signed in pencil.
Le Chevalier n''est pas mort a la Croisade :- 4 colour lithograph. Signed in pencil.
Les Crepuscules ont une Douceur d''Ancienne peinture :- 4 colour
lithograph. Signed in pencil.
Elle etait plus Belle que les Reves :- 4 colour lithograph. Signed in pencil.
Et c''est la Caresse de Ses Mains : - 3 colour lithograph. Signed in pencil.
Nos Ames evides Gestes Lentes :- 4 colour lithograph. Signed in pencil.
Sur la Canape d''Argent pale :- 5 colour lithograph. Signed and dated in
the stone.
La vie devient precieuse, discrete : - 4 colour lithographs. Signed in pencil.
Mais c''est le Cîur qui bat trop vite :- 3 colour lithograph. Signed in the stone.

Catalogue Raisonné de LOeuvre Gravé et LithographiéMaurice Denis
「 Catalogue Raisonné
de L'Oeuvre Gravé
et Lithographié」

Author: Pierre Cailler
Publisher: San Francisco,

by The Old Print Shop

| comments(3) | trackbacks(13) | -
pagetop
<< サン=サーンス ピアノを囲んで | main | お詫び >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
モーリス・ドニだから、やはりフランス人なのかな。

これらの石版を見ると、ベルギー象徴主義(だったかな?)を連想しますね。
とーし (2007/04/06 8:22 PM)
SAIは、4月から海外出張に行ってますよ。6月に帰国予定です。
とーしさんへ aleiより (2007/05/08 12:31 AM)
そうですか。aleiさん、ありがとうございます。

実りある出張になることをお祈りしています。
とーし (2007/05/11 9:19 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/94
ドニ初心者だという mari ちゃんが、「ドニの中のドニ」なんて、澁澤龍彦氏のようなタイトル記事で、とってもやさしい風合いの作品をアップしました。 それで、楓のドニの中のドニは、アモール(アムール)の表紙です。最後に素人解説しますね。 ドニの作品をアッ
| Life Style Concierge | 2007/04/04 12:17 AM |
「(フィエーゾレの) 受胎告知」 サン・フランチェスコ教会があるフィエーゾレ(地名)。なんとも影は色、そして眩しい光。この人こそ、実際を見ないとね。印象が違うな。最近になって、この人凄いと思ってます。(笑) 付録 「聖オディール カソリック教会の壁
| remove | 2007/04/04 12:18 AM |
ナビ派のモーリス・ドニ。ここはもと修道院で、ドニのお屋敷でもありました。こ〜んな
| KAFKA | 2007/04/04 12:30 AM |
モーリス・ドニ ピエタ 1919年 個人所蔵 十字架から下ろされたキリスト。 そのキリストを抱く聖母マリア。 イタリアでは「ピエタ」っていうでしょう。 ドイツの本(雑誌)から見つけた1枚で、タイトルが書かれていない。「キリストの死」→「十字架降下」
| Magnum Photos Photographer | 2007/04/04 11:11 PM |
モーリス・ドニ 関連記事 *ピエタ *バッカス祭 *受胎告知/壁画 *セザンヌ 礼賛 *モーリス・ドニ 天国 *永遠なる春/六月の春 *アムール表紙/木の葉の階段 *無題 水彩リトグラフ/春景色 *ドニ ポートレート/アムール リトグラフ/ 他リトグラ
| Noblesse Oblige | 2007/04/04 11:42 PM |
黄色いキリストといえば、ゴーギャンが有名だけれど、黄色いキリストの作品はある。黄色いキリストのある教会もある。 そしてモーリス・ドニの作品にも。 直訳で「カルバリでの奉献」(1890年)で、個人所蔵の作品。ゴーギャンは、オルブライト=ノックス美術館
| ComicStrip | 2007/04/05 12:56 AM |
画像のアップロードで、「画像を文字の横幅にあわせる」という機能が増えました。ど
| Stylish-Club | 2007/04/05 7:02 PM |
モーリス・ドニ 塔の花嫁 1894年 Galerie Daniel Malingue ジャン・コクトーの「エッフェル塔の花嫁花婿 Les Mariés de La Tour Eiffel」(1924年刊)ってある。1921年の習作と、1940年頃のデッサンもあるね。 モーリス・ドニのこの作品も、「塔の花嫁」という
| XAI | 2007/04/05 11:05 PM |
モーリス・ドニ  無題 1898年 水彩リトグラフ モーリス・ドニ 春景色(神
| mari-note | 2007/04/06 12:07 AM |
モーリス・ドニ 天国 1912年 オルセー美術館所蔵Sai さんの「セザンヌ礼賛
| BLUE MOON | 2007/04/06 8:49 AM |
以前の記事で、オルセー美術館所蔵に、 フレデリック・バジールの「[url=http://www.actiblog.com/renaissance/24226]バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り[/url]」を紹介した。バジールと交流のある画家 アン...
| Die Verwandlung | 2007/04/06 10:22 AM |
作品というより、習作なんですが、モーリス・ドニの「春の森」です。 習作ではなく本作は、モーリス・ドニ美術館に所蔵されています。 ドニの作品には、宗教性が潜んでいたり、神話画であったりするのですが、フランス文学や詩などからもあるようです。 この作
| Blog She’s Style | 2007/04/06 5:10 PM |
モーリス・ドニ クピドとプシュケの物語 1908年 第3のパネル「愛するクピドの秘密をのぞいたプシュケ」 ドニの作品はオルセー美術館展やモーリス・ドニ展でおなじみですね。松方幸次郎コレクションは、ドニの作品の多くを収集し、国立西洋美術館などで、ドニの
| Art de Vivre | 2007/04/11 9:40 AM |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--