ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
オディロン・ルドン
art / SAI
Portrait of Marie Botkine - (Odilon Redon - 1900) Musee d'Orsay「女性の象徴」とも思わせる「(女性の)横顔」というルドンの作品を、a-leiがアップ。

いやいや、君のもつ理想の「女性の象徴」だろ?

僕もルドンには、あまり関心が沸かないが、関心が薄いからこそ、何か気になる作品はないかと躍起になる。

僕の「女性の象徴」といえば、目元と口元である。

こぼれるような可憐な歯。これはa-leiと一緒かも。(笑)

あとは目元だ。涼しげな目。ルドンといえば「目」に特徴をもつ「一つ目」や「閉じた瞳」は興味なし。美しくないからだ。

だが、ルドンの愛息アリの肖像画はどうだ。あの目元は、マリー・ボトキンの肖像画とおなじ描き方である。もっとも好きな絵というわけではないが、もっとも美しく描かれた女性ではないか。

はじめの作品は、ルドンの静物画に描かれた花器の作家である、陶芸家のマリー・ボトキン。1900年の作品でオルセー美術館所蔵だ。線描の美しさが目に表れている。


 ルドン ドゥアルヌネズの街路 1875 オルセー所蔵

Rue à Douarnenez - (Odilon Redon - 1875) Musee d'Orsayスタニスラ・ゴランが少年ルドンに、「感受性と理性とが、ともにそこに現れていないような鉛筆の線は、ただの一本とて引いてはならない。」

ボードレールは「自然界には線がみえない」と云う。

ルドンは、19世紀末から画家たちが目指した聖地「ドゥアルヌネズの半島」で、この作品を残した。

ルドンは、「生きとし生けるものすべてが突然とはっきりと際立ち、線上でも引いたように目と精神を射る。」と、ドゥアルヌネズの印象を書き記す。1875年のことで、作品にもドゥアルヌネズを描いた。1900年頃に描いた「ドゥアルヌネズの街路」(オルセー美術館)は、抽象画のようで、道筋だけに線がくっきりと描かれている。

植物、微生物学者アルマン・クラヴォーとの交流、アトリエまで追いかけたというドラクロワ、銅版画家ロドルフ・ブレダンのアトリエ通い、そして30代半ばで、
アンリ・ファンタン・ラトゥールから、木炭画を石版画にする技法を学ぶ。


 ルドン ステンドグラス 1904  オルセー美術館

le vitrail - (Odilon Redon - 1904) Musee d'Orsay石版画は、ここでは取り上げない。

1904年の作品「ステンドグラス」は、ルドンのコレクターのギュスターヴ・ファイエの友人で、ピアニスト リカルド・ヴィニェスが所有していたもの。フォンフロワド修道院の聖堂内部だろうか。ファイエのための障壁画、「昼」と「夜」は、フォンフロワド修道院に描かれている。

ファイエ家の人々、そして
ゴーギャンと思われる横顔が、そこに描かれている。
ゴーギャンと思われる横顔

Pirvs Lvdens さまより
壁画に描かれた横顔はファイエとルドンの家族、同時期修道院に滞在したヴィニェスとセヴラックで、ゴーギャンと思われた横顔はセヴラック

ありがとうございます。

セヴラックとは、デオダ・ドゥ・セヴラック(多分)のことなのではと。Deodat de Severac (1872-1921)は、フランスの作曲家。

ルドンの作品を鑑賞して、ほとんどが「奇怪」である。変わったという意味ではなく、「陰」、「翳り」を覚えるよう。黒の時代、強烈な色彩、奇怪な構図で、どこか物足りなさを、そういったもので埋めている気がする。

サロメ、出現など、モローと同じタイトルの作品があるが、題材が有名なわりに、ルドンのサロメ、出現は、記憶に乏しい。→(記事最後に追記しました)


 ルドン レオナルド・ダ・ヴィンチ頌  オランダ市立美術館

Homage to Leonardo da Vinci - (Odilon Redon - 1908) Stedelijk Museum (Netherlands) オランダ 市立美術館モーリス・ドニが「セザンヌ礼賛」で、セザンヌの作品を囲みながら、ルドンを礼賛するナビ派の画家達を描いているが、「夢幻」という新しい形象を生み出したことによるものなのか。

ダ・ヴィンチ「聖アンナと聖母子」へのオマージュだという、1914年「レオナルド・ダ・ヴィンチ頌」は、ルドンを象徴する描き方だ。

ルドン自身は、何をさして「ルドン」と認められたかったのか。

あまりにも多くのものに挑戦しすぎたせいか、未熟な僕には理解しがたい作品だ。ここに挙げた作品は、もっとも見やすく、関心をひいた作品。

a-leiがアップした「(女性の)横顔」、KAFKAでアップしたドムシー館の装飾や、楓の記事のオリヴィエ・サンセールの屏風が関心をひく。


 
Blumen - (Odilon Redon - 1903)Kunstmuseum - Saint Gall 花の画家という異名があってもよいルドンだが、楓の家にあるこの作品をみて、はじめてルドンの花に関心を持った。迫力があり、色彩は強烈というより、抑えたトーンの鮮烈さという感じである。

作品は1903年の「花」。ザンクト・ガレン美術館(修道院?)所蔵だと思う。


Underwater Vision 「Vision sous-marine」 (c. 1910)The Museum of Modern Art, New York邦題はどうなっているんだろう。「水面下のビジョン(展望)海底の幻想」となるのか。1910年の作品で、プライベートコレクション。右に聖人のような人物が描きこまれている。

この水面下のビジョンもいくつか描かれている作品。

オディロン・ルドン関連記事
ルドンの装飾美 そして神話画パンドラ
オディロン・ルドン 作 「ポール・ゴーギャン」
オディロン・ルドン 蝶々に小花、 昼と夜
ルドンのオルフェウス モローのオルフェウス
ルドン 「オフィーリア」Odilon Redon,Ophelia
Maki's Style blog ルドン 「ヴィーナスの誕生
何の印象もないBlog ルドン ガラテア 「キュクロプス」


参考:アサヒグラフ別冊 西洋編 7 稲賀繁美氏 作品解説、Pirvs Lvdens さま 情報提供より


ルドン サロメ 2010年 追記
 
アルマン・クラヴォー(鉱物学者)について調べていたら、自分の記事が検索された・・・。それは画家オディロン・ルドンの記事だった。

3年ほど前のこの記事を、読んでみたら・・・

サロメ、出現など、モローと同じタイトルの作品があるが、題材が有名なわりに、ルドンのサロメ、出現は、記憶に乏しい。
と書いていた。あぁ、そういばいつだったがサロメを発見したっけ、と思って探したけれど見つからないから、検索した。そうしたらもう一枚あった。

The Feminine Mystique Portraits of and by Women-Nelson-Atkins Museum of Art

オディロン・ルドン 女らしい神秘性
ネルソン-アトキンス美術館


ボナ美術館にある油彩より好きだ(画像をクリックしてください)。美術館では、どちらも「女らしい神秘性(女性の神話)」とされている。でもこれは間違いなくサロメ。ボナ美術館のほうは「ヨハネの首を持つサロメ」になっている。

このネルソン-アトキンス所蔵の「サロメ」は、変色しているらしく展示されていなかったもの。

ルドンのサロメはサンタバーバラ美術館に1枚、もう1枚の所蔵先はわからないけれど、ルドンらしい色彩画がある。

前回レヴィ=デュルメルの記事を書いたときにサロメをはずしたんだけど、誰も記事にしなかったから、ちょっと比較してアップしてみた。

レヴィ=デュルメルのサロメの色質なんだけど、これって本物観賞していないから知らないけれど色はどうなんだろう。

Dhurmer-Salome

レヴィ=デュルメルのサロメ(嫌いです)


個人所蔵らしいけど、誰か企画展とかで観賞しているのかな。兎穴さんがレヴィ=デュルメルのダナエをアップなさっていたが、あんなふうな色質だったんじゃないかって思ってきた。
| comments(6) | trackbacks(7) | -
pagetop
<< ギュスターヴ・モロー 歌舞伎役者 | main | ルノワール作 画家のアトリエ と 肖像画 エドモンド・メートル >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
数年前にフォンフロワドを訪れたことがありますが壁画は大切にされていて非公開でした。
壁画に描かれた横顔はファイエとルドンの家族、同時期修道院に滞在したヴィニェスとセヴラックで、ゴーギャンと思われた横顔はセヴラックです(このためのデッサンもあります)。
Pirvs Lvdens (2007/03/07 2:38 AM)
Pirvs Lvdensさま

コメント、貴重な情報をありがとうございます。

デオダ・ドゥ・セヴラックのことですね。この人物についてあまりよく知りませんが、日本でいうなら民謡のように、その土地の伝統的な音楽が多いらしいですね。

なぜか、コメントが送信できず仕事の合間に、書き込んでいます。

僕にとって貴重な情報でした。ありがとうございます。
sai (2007/03/07 9:36 AM)
>ほとんどが「奇怪」である

奇怪という言葉はルドンに相応しいと思います。奇怪であり、憂愁も感じさせられます。何とも言えない切なさを感じさせられます。

>ルドン自身は、何をさして「ルドン」と認められたかったのか

私には、どこを取って見ても、一貫して見事にルドンであるように思えます。
人間の無意識の中の幻想性を掬いだしているように思います。つまり人間そのものを抽出して描き出しているようと思います。

なんか、ルドンについて書くと、せつせつとしちゃいますね。
とーし (2007/03/08 8:58 AM)
とーしさん

>私には、どこを取って見ても、一貫して見事にルドン

>人間の無意識の中の幻想性を掬いだしているよう

未熟だもん、僕。(笑)
「人間の無意識の中の幻想性を掬いだしている」ということが一貫して作品に描きこまれているのかな。美、醜、現実、非現実、無彩、有彩、抽象、具象という多種多様な形態の幻想から、鑑賞者に「事実」を突きつけているのかもしれませんね。

「幻覚」に陥っている鑑賞者に、「本当の事実」を見出す恐怖感を与えているようです。


>ルドンについて書くと、せつせつとしちゃいますね。

なぜ「せつせつ」とした気持ちになるんだろう。だからあまり愉快な気分にならないのかな。

憂、哀、絶、独という言葉が浮かぶ僕です。

強烈といわれる色彩の作品を見るたびに、幸福感より、この幸せがいつまで続くのだろうという問いかけや、強い色彩でこそ悲哀を強調している気になります。
Sai (2007/03/08 9:30 AM)
多分、多分ですよ。

>「人間の無意識の中の幻想性を掬いだしている」ということが一貫して作品に描きこまれているのかな。美、醜、現実、非現実、無彩、有彩、抽象、具象という多種多様な形態の幻想から、鑑賞者に「事実」を突きつけているのかもしれませんね

これ、正解だと思うんです。そして、

>なぜ「せつせつ」とした気持ちになるんだろう。だからあまり愉快な気分にならないのかな。憂、哀、絶、独という言葉が浮かぶ僕です

せつせつというのは、勿論愉快ではないけれど、ネガティブな意味合いではないんです。
ノスタルジィに浸ってしんみりしてしまう、といった感じです。心が鎮静した状態、一種の幸福感です。

無意識って、人間の原始だと思うんです。そのあまりに遠い過去へのノスタルジィに何も言えなくなってしまうような感覚です。結構喋っちゃってますけど。
とーし (2007/03/08 9:13 PM)
>ノスタルジィに浸ってしんみりしてしまう

ノスタルジィなんだ。
うん、僕もそういう情緒が、これからもっと発達すると思う。

>無意識って、人間の原始

なんだか、昔に勉強した、「エス」とか思い出しました。(フロイトだったでしょうか。)

無意識のように、表面にでてこない、あるいは出てこれない部分なんでしょうね。

ノスタルジィ
心が鎮静した状態、一種の幸福感

まだ、域に達してませんね、僕。
sai (2007/03/09 7:36 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/89
タイトル直訳です。 オディロン・ルドン デッサン画 ドンブロフスキの横顔 1908-09年 ドンブロフスキというとポーランドの国歌にありますね。 フランスのナポレオンと共に、オーストリアと闘った英雄。その将軍を描いたのでしょうか。 ドムシー館の装飾 15枚
| Life Style Concierge | 2007/03/06 10:27 PM |
「ポール・ゴーギャン」1903〜05年 オディロン・ルドン オルセー美術館所蔵 モーリス・ドニの「セザンヌ礼賛」で、オディロン・ルドンはヒーローだ。「オディロン・ルドン」(「セザンヌ礼讃」のための習作 1923年)というドニのエチュードがある。故に、「セザン
| remove | 2007/03/06 10:33 PM |
蝶 1910頃 デコレーション ドムシー館 4パネル オルセー美術 蝶 1910
| KAFKA | 2007/03/06 10:33 PM |
今日は、楓の blog Life Style Concierge へのオマージュです。(笑)ギュスターブ・モローのガラテアの画像を拝借しています。(中段 3枚) MAKI が、ルドン 「ヴィーナスの誕生」という記事をアップした。楓の記事からギュスターヴ・モロー 「アフロディテ」1870
| 何の印象もないBlog | 2007/03/06 11:06 PM |
ルドンといえば、強烈な色彩か、変わった妖怪のような版画を思い浮かべてしまいますが
| BLUE MOON | 2007/03/06 11:24 PM |
オディロン・ルドン オルフェウス 1903〜1910年クリーブランド美術館オディ
| Stylish-Club | 2007/03/06 11:31 PM |
Odilon Redon (French, 1840-1916) オディロン・ルドン 象徴主義 「The Birth of Venus」 La naissance de Venus(c. 1912) ヴィーナスの誕生 MOMA美術館 印象派の画家たちと、同じ世代のルドンは、フランスで活躍したんだけどね。なかなか認められないっ
| arekao! Maki's Style blog | 2007/03/07 12:18 AM |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--