ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
旅短編集 / SAI
蔵の大掃除の手伝いで、今年の正月休みに泊まった旅館 Seki tei叔父さんの家は、なぜお金持ちなの?」と、45にもなる僕が父に尋ねた経緯が気になる方は、以前の記事をリンクから読んでください。

コメントでお答えしましたとおり、今日は「つ・づ・き」です。


さて、その蔵のある大叔父の家は、僕が住んでいる地域から、かなり遠い。その蔵というのが、僕が大学生だったころに(いまから20年ほど前)、壁か屋根を直している。たいへん、維持費がかかるようで、固定資産税なんかはどうなっているのかなと思いつつ、聞けない。

蔵の中は、もちろん僕の遺産相続の対象には、まったくならないのだが(本家跡取りがたくさんいるため)、相続以外のものについては、おこぼれを頂戴することができる。

では、跡取りが相続しなければならないものというのは、家系図と家系関係の目録なにやらである。それから「賜わり品」というもの。

カウパー『人体の解剖学』1698年 フロントページ The frontispiece from The anatomy of humane bodies by William Cowper, 1698それ以外では、古文書、地図、古書といった類ばかりで、はっきり認識できるものは、「天体之図」、「解体新書」、「覚書」だけであり、こちら方面の蔵には、けっこうお持ちの方が多いそうだ。「天体之図」というのも、天の川や天球図など、いろいろ種類があるらしい。

ほかは、五節句の行事道具や慶弔に使う道具などといったもの。それ以外は、道楽や趣味のもの。

古道具には、蒸留器、顕微鏡(微塵鏡)やら薬道具?っていうのか、そういうものや、茶道具、香道具(っていうの?)、屏風、漆器、塗りもの、陶器、磁器などのほかに、昭和の時代の百科事典、文学全集、専門書までがある。それから、教科書や卒業証書や成績表もあったね。

立てて保存ではなく、ねかせて(横にして)保存するので、積まれているというカンジ。

さて、この大叔父というのが、代々の職業を継いで、跡取りになっている人。それで、僕より15歳うえの叔父さんが、つぎの跡取りになる。

これは何かわからなかったが、1850〜1900年代くらいのものらしい「叔父さんの家は、なぜお金持ちなの?」

「何を言ってるんだ。相続受難家族じゃないか。」と父。

いろいろ大変な苦労があるようです。相続し続けることが、本家の義務。つまり、家系を絶やさない義務のこと。

相続税やらの税金は対策というものがあるけれど、残しておかなければならないものには、修繕費などがかさむ。また人の「手間」もかかる。虫干ししなければならないものも多いらしい。行き届いた掃除や整頓で、半日が過ぎると考えてもおかしくない。

よく、ニュースなどで、相続の親族トラブルが話題になるが、僕の家系でそういったトラブルがないのは、「莫大な資産」や「広大なお屋敷」、「お金」ではなく、「家系図と家系関係の目録なにやら」なわけで、蔵のなかも、お金に変えられない僕らの家系だけの宝物だからだ。

その、僕らの家系に残されたものを守るために、日々、掃除や整頓、修繕に配慮している「相続受難家族」が、叔父の家なのだ。再来年、掃除しにいきます。
| comments(4) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< 葛飾北斎 龍図 | main | ギュスターヴ・モロー 歌舞伎役者 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
へえー、とただ感心。

北海道には、そういうお宅はおそらくないでしょうねえ。想像がつかないなあ。

歴史が重石として存在している感じですね。
重いゆえに、負担が大きい。重いゆえの落ち着きと風格を備えている。

こちらは、負担がないので自由気儘。でも重石になる物がなくて、軽佻浮薄。


とーし (2007/01/28 8:24 PM)
とーしさん、こんばんわ。

僕の家にも蔵はありませんよ。(笑)

ミサワホームの人が、建て替えに、「蔵のある家」を勧めてくれたことがありましたが。あれは、家のなかの蔵でした。

北海道は、函館や小樽などの観光地で見かけた記憶。あれは倉庫?

たぶん、雪の関係で、蔵が少ないのかな。石蔵などありませんか?

ふつう、蔵はもっと「別なお宝」があるんでしょうね。3枚目の写真は、見る人が見れば、本家の家業がわかってしまうので、今週末には、ほかの写真と入れ替えしますが、あんな感じのものに、古書ですね。「天体之図」、「解体新書」にしても、全巻揃っているわけではないようでした。

あと、口伝という、昔の教科書があった。

お宝鑑定の番組ありますが、あそこに出せるようなものがない。(笑)

また、お金に変えられるようなものがない。ただか、博物館に寄付(無理やり引き取ってもらう)というものですから。
sai (2007/01/29 10:01 PM)
あ、蔵はこちらにもあります。

そういうお宅はおそらくないというのは、

>跡取りが相続しなければならないものというのは、家系図と家系関係の目録なにやら

のことです。

明治以降に来た跡取りでない人ばかりの島ですから、原理的に古い物は存在しないのです。伝えていくものが存在しないのです。
とーし (2007/01/31 9:07 PM)
とーしさん、こんにちは。
>明治以降に来た跡取りでない人ばかりの島

これは広い解釈ですとアメリカと同じですね。

とーしさんの「明治以降に来た跡取りでない人ばかりの島」という表現に、僕は、しばし深い感慨を受けました。
sai (2007/02/11 2:23 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/84

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--