ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ホイッスラーの版画
ホ イ ッ ス ラ ー / SAI
The Smiths Yard  lithograph「スミス ヤード 1895」
【リトグラフ】
発行 ストゥーディオ47
   1897年 2月15日
エディション 3000枚

版画というと、僕にはリトグラフが一番身近だった。版画については素人ですが、リトグラフは水彩画のように刷られるものが楽しめる。


和書、洋書を含め、ホイッスラーの書籍を検索したら、荻野昌利氏の「J・M・ホイッスラーの芸術論―『上品な敵の作り方』―」というのを発見。だが、取り扱っていないのか、アマゾンにもどこにもない。それとも荻野昌利氏の、ほかの作品のなかに収録されているのか。非常に気になる。「Whistler, James Abbott McNeill : The Gentle Art of Making Enemy,(London: William Heinemann, 1892; reprint, Dover Publications, 1967)」の邦訳かな。

さて、つぎはエッチング。銅版にニードルで、図柄を描く。僕が中学時代の美術の時間では、エッティング、陶板、石膏なんかをつくらされた。僕の作品はどこかにあるのか。母にでも聞いてみよう。ちなみに、日本のエッチングでは、腐食液をつくった
江漢がいる。

The Pool

「淵」 1859 【エッチング】
〜テムズセットから

ホイスラーは、ベニス、テムズなどの場面を随分と作品化した。ベニスセット、テムズセットというのが、この場面の版画シリーズ。テムズの一連の16のエッチングには、建物や船着場などのほか、テムズ川上流のミルバンク地区の警察などもある。テムズ河のほとりには、ミルバンク監獄もあった。

当時のテムズ川は、環境のよろしくないところである。空気、水、地区の人々。ディケンズの小説に、「テムズの死体引き上げ人」という職業も登場していた。あの
ジャック・ザ・リッパーの容疑者の一人、モンタギュー・J・ドゥルイットも、テムズで自殺した。

The lime-burner from the Thames set 1859  intaglio「ライム-バーナー」1859年
【インタリオ 】
(凹版技法を用いた銅版画)
〜テムズセットから

テムズセットから、遺棄物のような印象。石炭か石灰石なんかを研磨する場所だろう。

版画家や版元には失礼だった。作品を実際にみても、素人の僕は、リトグラフもインタリオも版画ひとくくりとしていた。

絵画と同じように、技法によって、こんなに表現力が違うんだ。
ホイッスラー インタリオ
9枚アップしました。(してもらいました。)
↑ではテムズ、ベニスのインタリオをアップ。ベニスも、水の都ではなく、腐食されていくような表現をしている。寒く厳しい印象は、日常の変わりない風景を淡々と描きこんでいるからだろうか。

また、ゆっくりホイッスラーの版画を眺めて、ゆっくりとアップして「追記」します。

さて、これまではホイッスラーの水彩、油彩を中心にした
記事を2点ほど書いてきた。仲間たちもホイッスラーの記事をアップしてくれて、過去記事には、それらをリンクしているが、僕や仲間たちがアップした作品からは想像できない1点を、ここに紹介する。

The Gold Scab, Eruption in Filthy Lucre(The Creditor) 1879フィルシー・ルーカァ(クレジッター)【不当な利益(債権者)】
:金のかさぶた

ピアノを弾いているのが、債権者。魚の鱗のような瘡蓋に、ところどころ金色がほどこされている。足は鳥。長い尾がぶら下がっているようにも見える。切り妻の屋根の家を椅子に、音楽を取り入れたタイトルの、すべての作品を思い起こさせるようなシーン。もしかしたらノクターンだろうか。

いや、絶対にノクターンだ。「
黒と金色のノクターン 落ちる花火」(←作品にリンクされています。)のあとの作品。

ラスキンとの裁判は、1878年11月25日にはじまって、ホイッスラーが勝訴したが、1879年に、裁判がもとで破産。この年、ベニスにエッチングの旅に出た。(ホイッスラー インタリオのなかに、ベニスがあります。)邸宅の扉であるパラッツォ・グッソーニ、物乞いの親子など、憧憬の対象ではない。このベニスシリーズの12点は、のちに師弟となるウォルター・シッカートなどが、印刷を手伝っている。

作家パトリシア・コーンウェルが、「切り裂きジャック(ジャック・ザ・リッパー)」の真犯人と名指しした
ウォルター・リチャード・シッカートだ。すごいな、この頃の英国は。

1883年から84年、ホイッスラーとシッカートは、漁船、海、漁民を題材にするため、コーンウォール地方のセントアイヴスに滞在。切り裂きジャックの犯罪がはじまったのは、1888年である。

さて、その1879年の作品が、この「不当な利益(債権者):金のかさぶた」である。椅子にされた家は、たぶん差し押さえだろう。ピアノは黒い線のみに配し、透明である。

そして壁には、
KAFKAaleiがアップした記事のなかにあるように、「落款」があった。

ホイッスラーが、油彩、エッチング、パステルに加えて、水彩画も描きだしたのは、ベニスの旅を終えてからである。

そういえば、セックス・ピストルズも、フィルシー・ルーカァってなかった?

追記
James Whistler
Collection Art Gallery
エッチングが大量に見れる。25点ほど。
| comments(2) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< 謹賀新年 北斎 鳳凰図屏風 | main | 正月休み >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
>中学時代の美術の時間では、エッティング、陶板

ええっ ! すごいなあ。
中学時代の美術でそんな経験ありませんよ。

インタリオの作品、趣きがあっていいですねえ。

そういえば、今年初の書き込みでしたかね。

今年も楽しませてください。期待しています。
とーし (2007/01/05 8:36 PM)
お正月は、いかがお過ごしでしたか?

>中学時代の美術でそんな経験ありませんよ

僕の息子は、中学時代の美術の課題が、インテリアコーディネーターと同じ内容でした。

ボードや設計図描いてましたよ。

よかった〜、僕の時代に、そんな面倒な課題がなくって(笑)

とーしさんの美術の授業は、どんなんでしたか?

今年初のコメントありがとうございます。

期待しないでくださいよ。不肖のせがれですから。(笑)
sai (2007/01/06 8:32 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/81
エッチングはそもそも化学薬品などの腐食作用を応用した表面加工のことで、銅版による版画や印刷として発展してきたという歴史があります。ここから転じてガラスなどの表面加工の彫刻もエッチングと呼びますがもともとは版画や印刷が始まりだったのです。
| エッチンググラスはガラスエッチングの基本 | 2007/01/26 9:03 AM |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--