ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ヨーゼフ・ホフマンとクリムト
美術館 Museum / SAI
ストックレー邸ヨーゼフ・ホフマンは、オーストリアの建築家だ。アール・ヌーヴォー、アーツアンドクラフツ運動、Ch.R.アシュビー、C.R.マッキントッシュなどの影響を受けたとされているが、後に「正方形のホフマン」と呼ばれる作風をつくる。。ホフマンのスケッチからは、素人の僕からすると、日本の高床式住居を想像させる。アール・ヌーヴォーの断片ひとかけらもない。

ヨーゼフ・ホフマンというと、
キューブ型のソファを思い出すだけの人が多くなってきているが、写真にある代表作ともいえるベルギー・ブリュッセルの「ストックレー邸」(1905−11)は、アール・ヌーヴォーとデコが響きあう。クリムトらと協働して、建築から家具什器に至るまで統一された、総合芸術作品という理念を実践した。

クリムトその他作品
ウィーン世紀末 クリムト、シーレの接吻、抱擁
クリムト THE BEETHOVEN FRIEZE Kiss for the World

室内ここの室内には、クリムトの絵画が装飾を兼ねている。見学するためには特別な手続きをして許可を得なければならず、実際には非常に難しい。クリムトが手掛けた内部の写真公開もままならない状態だが、ここに1枚、こっそり掲載する。

さて、かの
ストックレーは、建築家ホフマンと画家クリムトに、白紙の小切手を渡したそうだ。好きな金額を書き込めか。



アール・ヌーヴォーとアール・デコ―甦る黄金時代アール・ヌーヴォーとアール・デコ―甦る黄金時代千足 伸行

参考サイト:
Filzrausch
Eskenazi. co.uk
archINFORM
ART OF EUROPE

さて、ストックレー邸のクリムトだが、室内の様子のとおりに左右の壁には、「生命の樹」がクリムトの下絵とおりのモザイク画が「ウィーン工房」で施工した。右は「薔薇の茂み」と「期待」の中央に「生命の樹」が描かれている。


ストックレー・フリーズ(Stoclet Fries)



室内撮影の正面にある狭き壁面の原図



Life tree



生命の樹の原図



期待の原図 抱擁の原図が生命の樹を中心にLife treeが仕上がる。




薔薇の茂み

クリムトの原図から、ウィーン工房が制作したモザイク画。 Wiener Werkstätte(ウィーン工房)は建築家ヨーゼフ・ホフマンとデザイナーコロマン・モーザーによって設立。ストックレー邸(1905-1911年)で、ホフマンが建物を設計し、グスタフ・クリムトが食堂の壁画を描いたほか、家具から食器まで、あらゆるデザインをウィーン工房が手がけた。 by wiki




ストックレー邸 抱擁



ストックレー邸 期待



ストックレー邸 薔薇の茂み(生命の樹)


ストクレ邸フリーズのための下絵は食堂と装飾するモザイク。長方形の部屋の壁二面に「生命の樹」が配置され、向き合うように「期待」、「成就(抱擁)」がはめ込まれている。「成就(抱擁)」のヴァリェーションが「接吻(THE KISS」。

オリエンタリズム、ビザンチン趣味は、ホフマンらのウィーン工房によって、近代主義的な全体像を保っている。

この使用されているモザイクは、カラーストーン、銅、銀、セラミック、貴石、珊瑚、エナメルなど。
| comments(5) | trackbacks(3) | -
pagetop
<< 京都府立陶板名画の庭  | main | グランメゾン The Georgian Club >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
Saiの美意識と芸術への独自の感性が伝わってくるね。どの記事からも覗える。今度は、オルタ邸を私がアップします。ちょっと先になります。どうぞ、画像を貸してくださいな。アール・デコより、アール・ヌーヴォーが好きなんだよね、私。追伸:アール・デコで、アール・凸が変換されたよ〜。(笑)
(2006/04/06 2:20 AM)
いつでもOKだよ。
sai (2006/06/21 3:16 AM)
オーストラリアではなく、オーストリアですよね。
マミンカ (2007/03/09 5:26 PM)
マミンカさん。

どーも。そうですね。1年近く気がつきませんでした。

ありがとうございます。
sai (2007/03/09 7:23 PM)
ホフマンのスケッチ、面白い物を見せていただきました。
高床式。 たしかに。
なんだか高さに異様なこだわりを持っていたようですね。

>アール・ヌーヴォーとデコが響きあう

ホフマンの造形は仰るとおりですね。デコはこの人が作ったんじゃないかと思うほどですね。
とーし (2007/06/14 9:27 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/8
1898年オルタが邸宅とオフィスとして建てたのが、アール・ヌーヴォー様式の建築です。オルタのこの代表作を含め、4建築物が、ユネスコ・世界遺産に登録されています。 そこに住まうことによって、住む人の象徴が現れるのか、住む人の感性によって、住まいの象徴
| ライフスタイルコンシェルジュ | 2006/04/22 2:02 PM |
『私の自画像はない。絵の対象としては自分自身に興味がない。むしろ他人、特に女性
| KAFKA | 2006/06/05 1:55 AM |
こちらはクリムトの作品で、右が「ユーデット?」1901年で、左が「ユーデット?」1909年の作品。クリムトのユーデットは「サロメ」と混同されていたころがあります。 ユーディットとサロメのちがいは、動機が違うこと。 KAFKA サンドロ・ボッティチェリ ユデ
| Allegory | 2009/07/18 8:07 AM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--