ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
アンリ・ファンタン・ラトゥール
ファンタン・ラトゥール / SAI
アンリ・ファンタン・ラトゥール Self Portrait by Henri Fantin-Latour (1859)  Musée des Beaux-Arts, Grenobleここにランボーがいる。アンリ・ファンタン=ラトゥールが描いた、テーブルの一角に。

呪われた詩人 ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボーは、隣に座る詩人ヴェルレーヌに才能を見出されたが、1872年に、ヴェルレーヌは拳銃をランボーに向ける。未遂ですんだものの、美少年に狂ったヴェルレーヌ。

この作品は、左からポール・ヴェルレーヌ(Paul Marie Verlaine) (1844-96) とアルチュール・ランボオ(Jean Arthur Rimbaud)が描かれ、L・ヴァラード( L. Valade)、E・デルヴィリィ(E. d’Hervilly)、C・ペルタン( C. Pelletan) に、後列には、P・エルゼアル・ボニエ(P , E. Bonnier)、E・ブレモン(E. Blémont)、J・エカール(J. Aicart)が並ぶ。

Coin de table


「テーブルの一角 Coin de table'」1872年
Musée d'Orsay, Paris, France

アンリ・ファンタン=ラトゥールに興味が沸いたのは、なにも、「オルセー美術館」展なんかじゃない。ファンタン・ラトゥールの集団肖像画は、マネとファンタン=ラトゥールをめぐる交友関係が多い。「Coin de table テーブルの一角」は、マネが描かれていない。パリの文壇の面々とこの二人。しかも、発砲事件があった1872年の作品。

二人の目線は、どこを見ているのだろうか。愛したものとの別れをクローズアップしているのか。それとも確執か?

アンリ・ファンタン=ラトゥールが描いたバティニョールのカフェ「ゲルボワ」に集まる芸術家たち。アンリ・ファンタン=ラトゥールの世代を代表する、文学、音楽、絵画の芸術家達を四つのグループにわけて作品化している。1885年の「ピアノのまわりで」が、四つの作品の最後。その数年前の1870年に、マネを中心に描いているのが「バティニョールのアトリエ」という作品だ。

これが、アンリ・ファンタン=ラトゥールの芸術家達を四つのグループにわけて作品化した最後の作品。
「ピアノを囲んで」 1885年

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭2007 〜ピアノを囲んで
追記 
LA FOLLE JOURNÉE au JAPON
ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン 「熱狂の日」音楽祭2007 〜ピアノを囲んで

筆を握るマネ。マネの筆の行方をみる、一番右端にいるクロード・モネ。左には、知恵と工芸を司る女神ミネルヴァの像がある。ここにいる詩人や芸術家集団を、フランスの叡智の象徴として、賛美をしているか。実は、ファンタン・ラトゥールの「バティニョールのアトリエ」は、2枚描かれている・・・が、1枚はエチュード(習作)と思われたが、実はスケッチ。「バティニョールのアトリエ / スケッチ」というタイトルだ。

Fantin-Latour Ignace Henri Jean Théodore - LAtelier aux Batignolles, esquisse.

「バティニョールのアトリエ / スケッチ」(kafkaから借り)
※ここには10人が描かれていた。これは後日に。
そしてこうなった。

Un atelier aux Batignolles 1870


Un atelier aux Batignolles 1870 バティニョールのアトリエ
Musée d'Orsay, Paris, France

さて、もっとも僕が注目したのは、椅子に座る批評家のアストリュックがいることだ。

Un atelier aux Batignolles  1870年 「バティニョールのアトリエ」には、筆を握るマネ。マネの筆の行方をみる 一番右端のクロード・モネ。左にドイツの画家 オットー・ショルデラー(Otto Scholderer 1834 - 1902) 、ルノワール (Pierre-Auguste Renoir 1841-1919)、作家 エミール・ゾラ (Emile Zola,1840 - 1902)、エドモンド・メートル(Edmond Maitre)、背の高いフレデリック・バジール(Bazille 1841-1870)、椅子に座る批評家 ザカリー・アストリュック(Zacharie Astruc 1833-1907)。

1863年に描かれたマネの「
草上の昼食」は、当時の社会的な物議をよんだ作品。この頃は、「ヌード」は非常識であったからだ。その「草上の朝食」がサロンに出品されたときに、アストリュックは、「私は彼がこのサロンで入選するとは思われない。−(略)− しかし、彼の作品は、サロンでもっとも輝き、インスピレーションを与え、力強さをかもしだし、驚きを与える。」と評した。その批評家がいる。

さらにドイツの画家 ショルダーや、バジール、そのバジールがよく描いた友人の
音楽家のエドモンド・メートルなども、ゾラやルノワール とともにいる。(画像にカーソルを合わせると、順に紹介しています。)

さて、はたして
マネを讃え慕う芸術家を描いたのだろうか。パリの文壇の面々が描かれた集団肖像画「テーブルの一角 Coin de table'」にあるように、ここにも別れを描いているのではないか。

1870年、普仏戦争に出兵したフレデリック・バジール(1841-1870)の戦死。

芸術家の集団肖像画はモーリス・ドニも描いている。マネの芸術的競争者であるセザンヌの賛美の作品「セザンヌ礼賛」(オルセー美術館所蔵)だ。→
Die Verwandlung

バジールも、アトリエの集団肖像画を描いている。「バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り」だ。そのほかに「フュルスタンベール通りのアトリエ」、「ヴィスコンティ通りのアトリエ」という作品を紹介している記事がある。→Die Verwandlung

また、「バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り」で、作品の中で、バジーレが自作を披露している作品と、アトリエ内に掛かっているバジーレの作品を、画像とリンクで紹介している記事がある。→Life Carrer Counseling

ルノワールとバジーレが描きあった肖像画の記事がある。→Magnum masse


この作品が、バジールの戦死のあとか先かで、僕の推理が狂っていく。だが、その戦争に徴兵されたルノワールのうつむいたような描き方に、その死を嘆いているようでもある。それとも、僕の知らない二分する別れや確執が、まだ隠されているのか。あるいは賞賛のみなのか。

さて、この製作当時は確執のなかったゾラとルノワールである。1894年のドレフュス事件では、ルノワールはゾラを支持しなかった。ドレフュスの事件については、ココでは述べないが、aleiくんの「
ゾラのセレクト」という記事の後半に、この件の概要を述べている。そちらを参考に。つまり、ゾラを支持するドレフュス派ではなく、ドガやロダンの反ドレフュス派を支持していたというわけだ。

Hommage à Delacroix


「ドラクロワへのオマージュ(ドラクロワ礼讃)→ドラクロワ礼賛」(1864年)
Musée d'Orsay, Paris, France

この年は、モネ、ルノワール、バジールはまだいない。

偉大な芸術家 ドラクロワ(1798 - 1863)の肖像を囲むのは、白のシャツは彼自身と、ドラクロワに似た
ホイッスラー、肖像画、そしてドラクロワ賛美の美術評論の著者でもあるボードレールが正面の椅子、そしてマネだろうか。一番左にエミール・ゾラ似がいる。その手前に座っているような人物は、ザカリー・アストリュック似。あとは、よくわからないが、ホイッスラーはアルフォンス ルグロ とともに、1858年に「三人会 Société des Trois」を結成しているから、アルフォンス・ルグロもいるかもしれない。1862年には、このメンバーとマネ達で「腐蝕銅版画家協会 Societe des Aquafortistes」を結合しているから、版画家のフェリクス・ブラックモン(1833-1914)、刷り師のオーギュスト・ドゥラートル(ドラートル)なども想像できる。

そう、ここに「腐蝕銅版画家協会」が、なんらかの形で描き込まれていなければ、僕の人間模様の推理は崩れる。

なんといっても、「腐蝕銅版画家協会」のブラックモン。ボードレールは、「悪の華」の挿絵で、ブラックモンを推挙されたが、フェリシヤン・ロップスに依頼し、それ以来、縒りをもどすことがない。1862年のころである。こじつけかな。

いやいや、ルグロもブラックモンもいる。どこにいるのかがわからない。(苦笑) そして、写実主義文学のデュランティ(右奥のどちらか
Duranty, Louis-Edmond)、シャンフルーリ(微妙にわからない Champfleury, Jules)がいる。(彼らはボードレールとともに、批判が激しい画家 ギュスターヴ・クールベの擁護であったが、この1864年頃に、クールベと決定的な疎遠になっている。)

ギュスターヴ・クールベ 画家のアトリエ

アンリ・ファンタン・ラトゥールが描く、集団肖像画には、ひそやかな人間関係が眠っているような気がする。これは、まったくの僕の鑑賞であり、専門家や専門書からではないので、推理が中りか外れかのいずれである。それにしても、男性ばかり。
ベルト・モリゾがいないね。男尊女卑?(笑)


花の画家ともいわれるアンリ・ファンタン=ラトゥール
作品「花瓶の芍薬」1902年

薔薇 の作品は、
Noblesse Oblige の記事から。
菫の作品は、
アンリ・ファンタン=ラトゥール 菫 の記事。

| comments(0) | trackbacks(5) | -
pagetop
<< ホイッスラー 青と銀とのノクターン バターシー古橋 | main | 謹賀新年 北斎 鳳凰図屏風 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/78
フレデリック・バジール「バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り」 のディティール(部分)です。 夭折の画家、バジーレの作品数は少ないものの、その才能が際立つものが、いくつかありますが、集団肖像画とされる「バジールのアトリエ、ラ・コンダミヌ通り」 は、当
| Life Carrer Counseling | 2006/12/28 8:14 PM |
ここは、画家 フレデリック・バジーレのアトリエである。 画壇ではモネ、マネ、ドガ、ベルト・モリゾ、ルノワール、ホイッスラー、[url=http://renessance.jugem.jp/?eid=78][strong]アンリ・ファンタン=ラトゥ...
| Die Verwandlung | 2006/12/28 8:17 PM |
フランス・ロマン派とも印象派ともいわれるアンリ・ファンタン・ラトゥールは、19世紀の画家です。 作品は、集団肖像画の4作品のほか、花の絵は、もっともアンリ・ファンタン・ラトゥールを高名にしたのではないでしょうか。 オールドローズの品種にも名づけられ
| Noblesse Oblige | 2007/02/19 7:28 PM |
KAFKAが一番好きな花は「菫」です。 アンリ・ファンタン=ラトゥールは、「バ
| KAFKA | 2007/02/19 8:31 PM |
(c) [url=http://www.nantes.fr/detente/culture/art_488.asp]LA FOLLE JOURNÉE 2007[/url] LA FOLLE JOURNÉE au JAPON−ラ・フォル・ジュルネ...
| Die Verwandlung | 2007/03/24 11:30 PM |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--