ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ホイッスラー 青と銀とのノクターン バターシー古橋
ホ イ ッ ス ラ ー / SAI
ジェームズ・マクニール・ホイッスラーの「青と銀とのノクーアン オールド・バターシー・ブリッジ」。

元々は、彼の後援者である、リバプールの海運王(F.R.レイランド)のためにこのスクリーンを描いたという。

Blue and Silver: Screen, with Old Battersea Bridge


あの「La Princesse:陶器の国からきた皇女」がある「孔雀の間」をつくらせたレイランドのことだ。

このパネル(屏風)の場面は夜のテームズ川。 左上にチェルシー教会の時計台を見ることができる。 フレームは塗装された花と一連の二重線で飾り付けをされ、線は竹の軸を示している。英国の
グラスゴー大学ハンタリアン美術館所蔵のパネル。

さて、僕が記事にした理由は2つある。まず、日本のサイトで紹介されていないことで、とーしさんへのプレゼントになるかと思ったこと。もう一つは、art⇔Interactive⇔life さんの素晴らしい記事に刺激されたことだ。

では、art⇔Interactive⇔life さんから引用させていただく。ちょっと添削いたしました。(ニヤリ)
ホイッスラー 肌色と緑の薄暮:バルパライソより

(略) そして英吉利は大倫敦のテエムスの河のほとりで、「青と銀とのノクタアン」が描かれる。バッタアシイ古橋のシルウェットを月夜の灰碧の空氣の中に捉へた畫人は廣重の版畫に對する鋭い感覺で張りきつてゐる。更にまたクレモン・ガアデンスの煙火戲の夜、崩れ落ちる五彩陸離たる火光を、いみじくも繋ぎとめた「黒と金とのノクタアン」を見よ。老ラスキンをして理性を失はしめた前代未聞の藝術がこゝにある。

【青空文庫 蒲原有明の「仙人掌と花火の鑑賞」より引用】

octurne in Black and Gold - the falling rocket, 1875

黒と金のノクターン 花火


青と銀とのノクターンとありますが、青と金とも思われます。「Nocturne: Blue and Gold」です。「英吉利は大倫敦のテエムスの河のほとり」とあるので、ロンドンのテムズ川に架かる「青と金のノクターン−オールド・バターシー・ブリッジ」という作品です。テートギャラリーにあります。広重の名所江戸百景「京橋竹がし」を模したとされていますが。この作品をとおして、「見方は鑑賞者が決めるもの」とホイッスラーは語ったそうです。

そうですね。大概、蒲原有明の「仙人掌と花火の鑑賞」と、ホイッスラーの「青と金のノクターン−オールド・バターシー・ブリッジ」、そして、広重の名所江戸百景「京橋竹がし」や東都名所「両国之宵月」などが、よく一揃えで紹介されるが、ゴッホの模した浮世絵のように、部分を模すということがある。だから、「京橋竹がし」は、まったく違うともいえないが、東都名所の「両国之宵月」との比較のほうが、決まる気がする。

それから、【そして英吉利は大倫敦のテエムスの河のほとりで、「青と銀とのノクタアン」が描かれる。】という部分は、まさしく「青と銀とのノクタアン」。この紹介した写真のスクリーンに描かれている「青と銀のノクターン−オールド・バターシー・ブリッジ」のこと。広重の名所江戸百景「京橋竹がし」(
">art⇔Interactive⇔lifeさんから見てください)は、僕のアップロードした「青と銀とのノクーアン オールド・バターシー・ブリッジ」と比較に頂戴させていただきます。(笑)

オールド・バターシー・ブリッジには、art⇔Interactive⇔life さんの記事に書かれているように、色と色に、楽曲のカテゴリーを命名したタイトルが多いホイッスラー。白、肌色と緑色、青と金のほか、僕の青と銀、灰色と緑色、灰色と銀色、紫と薔薇色、黒と金などに、さまざまな楽曲、音楽用語などと組み合わせている。このうち「落ちる花火」が、
ジョン・ラスキンの酷評の煽りを受け、あまりヒットしなかったものが多いようだ。
KAFKA 灰色と緑色のハーモニー
スィスリー・アレクサンダー嬢(シスリー・アレクサンダー嬢)
KAFKA 灰色と緑色のハーモニー
【こんな可愛いスィスリー・アレクサンダー嬢(シスリー・アレクサンダー嬢)を、日本のお屋敷の壁を背景に描いたよう。蝶々に小菊、塗り壁に落書き。この落書きこそ、落款のようにホイッスラーがサインを書いているのです。】

REMOVE 灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866浮世絵のように、落款、余白に極印のようなサイン。

Life Carrer Counseling
バラ色と銀色:ミセス ウィブリー(ホィブリー夫人の肖像画)
寝椅子の上の母と子/撫子色と紫色の編曲
ノート イン レッド :お昼ね/ミリー・フィンチ

Whistler & Ukiyoe ホイッスラー と 浮世絵
茶色と銀色:オールド・バターシー・ブリッジ 1863
広重 東海道五十三次 岡崎

art⇔Interactive⇔life
肌色と緑の薄暮:バルパライソ 
青と金のノクターン−オールド・バターシー・ブリッジ
黒と金色のノクターン 落ちる花火 (こちらがテートギャラリーの画像にリンク)

Magnum Photos Photographer
肌色と緑のバリエーション: バルコニー

Allegory
紫と薔薇色  六つのマークのテンゲ・ライゼン
花魁・孔雀の間 「La Princesse」/孔雀の間 リンク
「金屏風」1865年/「白のシンフォニーNo.2」(白衣の少女)

だが ホント、「オールド・バターシー・ブリッジ」という言葉に騙されてしまう。 東海道五十三次 岡崎を模したと思われる1859年の「オールド・バーターシー・ブリッジ」、あとリトグラフにも「オールド・バーターシー・ブリッジ」がある。

Old Battersea Bridge,Nocturne:Blue and Gold (1872-1877) Tate Gallery


青色と銀色:オールド・バターシー・ブリッジ
テート ギャラリー

ノクターン:バーターシー川 1878 
  オンタリオ美術館
オールド・バーターシー・ブリッジ 1879 and 1887
  シカゴ美術館
オールド・バーターシー・ブリッジ 1879 
  サンフランシスコ近代美術館
灰色と銀色:オールド・バーターシーの周辺 1863
  シカゴ美術館

Harmony in Blue and Silver: Trouville, 1865

青色と銀色のハーモニー:トゥルーヴィル 1865

青と銀というタイトルの作品。

青色と銀色:プールヴィルのボート 1899年
  フリ−ア美術館
青色と銀色:トゥルーヴィル 1865年 フリ−ア美術館
青色と銀色:逆波たつ海峡 1890−1899 フリーア美術館
青色と銀色の編曲:すばらしい海 個人所蔵
青色と銀色の夜想曲(クレモーン ライト)
  ハーバード大学付属フォッグ美術館
青色と銀色のハーモニー:トゥルーヴィル 1865年
  イザベラ・スチュアート・ガードナー美術館

青色と銀色のシリーズ


nocturne_blue_and_silver_cremorne_lights

青色と銀色の夜想曲:クレモーン ライト 1872年 テートギャラリー

Nocturne_Blue and Silver - Bognor

青色と銀色の夜想曲:ボグナー フリ−ア美術館

Nocturne, Blue and Silver: Chelsea, 1871. Tate Gallery


青色と銀色の夜想曲:チェルシー テートギャラリー

さて、「灰色と緑色のシンフォニー 海洋 1866」から、「浮世絵のように、落款、余白に極印のようなサイン」をご覧いただけただろうか。この3枚のうち、テートギャラリーの所蔵の2枚に、やはり「落款」のようなものが描かれている。


以前のジェームズ・マクニール・ホイッスラーの記事
ジェームズ・マクニール・ホイッスラー ジャポニズム
「The artists studio」 1865年 を掲載。ホイッスラーのアトリエらしい。

ところで、とーしさん。ホイッスラーに興味がないかもしれません。それは、サラリと。(笑)
| comments(5) | trackbacks(4) | -
pagetop
<< バルテュスのアトリエ | main | アンリ・ファンタン・ラトゥール >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
saiさん、ありがとうございます。
トラックバックが送信されず・・・。

http://ameblo.jp/lohas-day/entry-10021963256.html

こんなふうに、修正をしてみました。

明日がクリスマス・イブですが、メリークリスマス!
art⇔Interactive⇔life (2006/12/23 3:59 PM)
saiさん、ありがとうございます。

ツボでーす。

いろいろあるけど、何から書こうかな。

ホイッスラー、いままでほとんど注目度ゼロの画家でした。
上の屏風でやられてしまったあー。ツボでーす。
いろんな日本好みの画家がいたけど、この人、ひと味違いますね。とても変わったセンスしてます。

日本的な全体に薄い質感の画調ですよね。日本の木版的な。
でも、木版は木版でも、浮世絵よりは、明治維新以降の木版に似た雰囲気を感じます。

それと、この穏やかな風合いみたいなものに、変な話になっちゃいますけど、骨董なんて全然分からないんですけど以前TVで見て感銘を受けた、古萩の茶碗の上品な佇まいが思い出されました。その初めて見た古萩は、質感のどれも穏やかな静謐さがよかったんですよ。何か、それと似ているんです。

どうして、いままで目に留まらなかったか不思議ですが、ホイッスラーに目を開かせていただきました。

あらためて、ありがとさんです、感謝です。
とーし (2006/12/23 6:18 PM)
とーしさん、ツボにはまってくれて、ありがとうございました。

>木版は木版でも、浮世絵よりは、明治維新以降の木版に似た雰囲気を感じます。

ちょっと真剣に、浮世絵の維新以降と以前を勉強してみますが、変わったセンスしてますよね。革新的というのか。

>古萩の茶碗の上品な佇まい

そよそよっとした筆使いが、上品な古物のイメージでしょうか。

この人、版画などもあるので、ゆっくりとアップしようかなぁって思っています。

特別、この人のことを知っているわけではないのですが、ちょっと資料を頂いて、勉強中。マネ、モネ、クールベらとも交流を深めていたようです。

どうぞ、良い年をお迎えください。来年もどうぞよろしく(ご指導)お願いいたします。
sai (2006/12/28 8:10 PM)
>版画などもあるので、ゆっくりとアップしようかなぁって思っています。

いいですねえ。ホイッスラーはその価値がありますね。

>どうぞよろしく(ご指導)お願いいたします

今回にしてもそうですが、こちらこそいろいろと教えていただき感謝しています。

よい年をお迎えください。
とーし (2006/12/31 4:59 PM)
あけましておめでとうございます。
いま、初詣から帰ってきました。

>教えていただき----
とんでもない!
僕、ほんと知らないんですよ。知りたがり屋ではありますが。(笑)

版画は、勤務先に図書館があるので、ゆっくりコピーしてもらおうかな(ホントはダメなことなのですが)と思案中。

でも、必ずアップします。

本や雑誌から、引用としてアップできるのですが、スキャンが大変で・・・。(苦笑)

今日は、のんびり朝まで遊んでいます。


sai (2007/01/01 1:26 AM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/76
ヨーロッパの女性がキモノを着ているからジャポニズムというわけではありませんよね。
| KAFKA | 2006/12/23 6:46 AM |
バラ色と銀色:ミセス ウィブリーの肖像画 1894年 (ホィブリー夫人の肖像画) by ホイッスラー 黒いバックグラウンドに限られたパレットの色。わずかに茶の色彩を残す床は、もっとも白い、女性の肌と対照的。 ドレスに流れる黒いレースは、夫人のばら色の帽子とド
| Life Carrer Counseling | 2006/12/23 7:15 AM |
ラピス ラズリ(1885-86)ジェームズ・マクニール・ホイッスラー フリ−ア美術館所蔵のミリー・フィンチを思い起こさせるような「ラピスラズリ」です。扇に寝椅子(カウチでしょうか、ソファーでしょうか)のしどけた女性。芸術至上主義を提唱した時代のホイッスラー
| Life Style Concierge | 2007/01/20 1:25 AM |
「占い師 V:ソファーのうえの裸婦」1890 - 1892 ホイッスラー グラスゴー大学ハンタリアン博物館・美術館所蔵 The Hunterian Museum and Art Gallery, University of Glasgow 「アラビアン」1890 - 1892 ジェームズ・マクニール・ホイッスラー グラスゴ
| Art de Vivre | 2007/02/16 9:09 AM |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--