ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
バルテュスのアトリエ
バルテュス / SAI
(C)artnet.com Photo:Evelyn Hofer 「Atelier Balthus」ざまざまな写真家がバルテュスのアトリエを写す。その一人であるイヴリンは、日本では馴染みが薄い。イブリンかエヴァリン、ホーファーかへーファーで、紹介されている。つまり日本での名前の組み合わせがさまざまな写真家である。それで、ここではイヴリン・ホーファーとする。イヴリンは1937年、ドイツで生まれ、アメリカの写真家で、僕の両親くらいの年齢だ。        
(c)artnet.com Evelyn Hofer

彼女の40年間のキャリアは、ニュヨークのタイム誌の仕事や、作品がロックフェラーコレクションに含まれているなど、評価は安定している。

London Perceived by Evelyn Hoferこのイヴリンは、シーンにストーリー性をもたせ、見る側に強要しない。控えめである。

この「バルテュスのアトリエ」も、開幕した舞台、あるいは上映中のシアターのようだ。そういう見方も、イヴリンは、きっと否定しないだろう。


画家のアトリエというと、画材と画家を写す写真が多いなか、ほんの少し離れて、レンズを作品に向ける。まるで、バルテュスのシャイで、エレガントで、流儀を重んじる性質を捉えたようにも見える。

僕はバルテュスの作品よりも、バルテュスのライフスタイルそのものに魅力を感じるわけで、イヴリンの「バルテュスのアトリエ」は、そんな僕を満足させてくれる1枚だ。

Painter's House: Balthus at the Grand Chalet Gero Von Boehm (著), 篠山紀信Kishin Shinoyama (写真) イヴリンの写真の中の作品は、「鏡と猫 」である。第一作目は、「鏡と猫 」で、1977〜80年にかけて製作された。それから6年後に手がけた作品。3作ある「鏡と猫」シリーズだが、とりわけ長くかかったのが「猫と鏡 」で、5年の歳月をかけて完成。

この三作目のソファーの足元に、ひらがなで「かがみねこ」と描きこんでいる。少年の頃に出会った「
ミツ」、東洋文化を示してくれた、尊敬する母の愛人「リルケ」という、バルテュスの少年時代の面影を刻んでいるようだ。

へ、トラバできません・・・。なんでだろう・・・。ごめん。(8度目でできた。)
 ↓
彼女の記事は、バルテュスの美しい義理の姪が登場しています。
| comments(3) | trackbacks(4) | -
pagetop
<< シャーロットの姫君 | main | ホイッスラー 青と銀とのノクターン バターシー古橋 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
今回のsaiさんの記事には、かなり興味を惹かれました。

この作家の作風は、以前、カッコをつけてるのかなと感じていましたが、実はそうではなく、まるで逆で、正直で謙虚な人柄であり、作品もその通りのものだと、最近理解できました。
だから、
>僕はバルテュスの作品よりも、バルテュスのライフスタイルそのものに魅力を感じるわけで
というsaiさんのお考えも分かるのですが、彼の作品は、彼のライフスタイルそのものであると言えるのではないかと思います。
とーし (2006/12/17 8:36 PM)
ひとこと追伸。

上の写真、いい写真ですね。
とーし (2006/12/17 8:37 PM)
>彼の作品は、彼のライフスタイルそのものであると言えるのではないかと思います。

ふ〜ん。そうかも。格調というものを感じます。それは、作品と彼のライフスタイルに共通しています。

まだまだ、とーしさんほど、作品を鑑賞していない。

>上の写真、いい写真ですね。

いいでしょう。イヴリンは日本では馴染みが薄いみたいです。ほかにもいろいろあるけど、著作権侵害になったら困るから。(笑)引用画像は、少なめにと。
sai (2006/12/23 7:01 AM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/75
バルテュスが隠棲したシャシーの古城。敬愛する母の愛人 リルケ(詩人)同様に、45歳でパリを離れ、モルヴァン山地へと移り住みました。1945年から7年間、義理の姪であるフレデリックと同居します。ちょっと倦怠感のある少女。写真は「ライフ誌」取材に応じるバルテュス
| Life Style Concierge | 2006/12/17 7:57 PM |
(C) バルテュス邸における 「アンリ・カルティエ=ブレッソン、マルティーヌ・フランク」展 ポスター 2004年には、終の住処「le Grand Chalet グラン・シャレ」で、アンリ・カルティエ=ブレッソン(Henri Cartier-Bresson)とマルティン・フランク(Martine Franck)の写真
| XAI | 2006/12/17 7:59 PM |
「ジャコメッティはわたしにとって友人以上、兄弟同然。」と語るバルテュス。この二人を引き合わせたのが、アンドレ・プルトン、ポール・エリュアールだという。 ダリなんかが、浮世離れしているジャコメッティをシュルレアリスムに誘うが、結局離れていく。 その
| remove | 2006/12/18 12:08 AM |
(C)SWITZERLAND TOURISM バルテュスと節子夫人がここに移り住んだのが、1977年のこと。このお屋敷がホテル時代に、文豪ユゴーが気に入っていたサロンを、「ユゴーの間」と呼び、ダイニングルームとして使用していたそうです。 東洋文化に造形が深かったバルテ
| Art de Vivre | 2006/12/19 8:49 AM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--