ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
サンタ・マリア・ノヴェッラ トルナブオーニ礼拝堂のメディチ家
サンタ・マリア・ノヴェッラ / SAI

過去記事「サンタ・マリア・ノヴェッラ

以前の記事では薬局から礼拝堂までをざっと紹介した。その記事を書くことで、美術家たちにも大きな関心をいだき、トルナブオーニ礼拝堂にはトルナブオーニ家、メディチ家の人物が描かれているということも知った。

メディチ家ピエロ・ディ・コジモ・デ・メディチの妻はトルナブオーニ家のルクレツィア。二人の子供にはロレンツォ豪華王、暗殺されたジュリアーノ、パッツィ家に嫁いだビアンカらが成人した4人。

パッツイ家の礼拝堂はこちら 記事 サンタ・クローチェ教会

トルブオーニ礼拝堂はドメニコ・ギルランダイオのフレスコ画。当時の弟子ミケランジェロも加わっている。依頼したのはジョヴァンニ・トルナブオーニ。メディチ家のロレンツォ豪華王の叔父でありその所以もあって両家の人物たちが描かれている。




「神殿から追い出される聖ヨアヒム」


left:Lorenzo Tornabuoni, his cousin Piero, Gianozzo Pucci, Alessandro Naci (Lodovica Tornabuoni's fiancé)

ruight:Domenico Ghirlandaio with brother David, father Tommaso and brother-in-law Sebastiano Mainardi



左側のグループは、ロレンツォ・トルナブオーニ、いとこのピエロ、ロレンツォ・ディ・メディチの甥でもあるジャノッツォ・プッチ、ロドヴィカ(ルドヴィカ)・トルナブオーニの婚約者アレッサンドロ・ナシ。

ジャノッツォ・プッチとルクレツィア・ビーニの婚礼に、ボッティチェリの
「ナスタジオ・デリ・オネスティの物語」を贈り物としている。

およそ300年ほどプッチ家はこの作品を所蔵していた。

右側はこのフレスコ画を描いた画家ドメニコ・ギルランダイオと兄弟のディヴィッド、父親のトマソ、義理の兄弟セバスティアーノ・マイナルディ。


Frescoes on the left wall: Stories of the Virgin


サンタ・マリア・ノヴェッラ トルナブオーニ礼拝堂
ドメニコ・ギルランダイオのフレスコ画(Domenico Ghirlandaio)
Frescoes on the left wall: Stories of the Virgin


左壁 ストーリーは下から上段へと続く。

過去記事より:左壁面の聖母マリアの生涯は、「神殿から追い出される聖ヨアヒム」、「聖母マリアの誕生」、「マリアの神殿参り」、「聖母マリアの結婚」、「受胎告知」、「東方三博士の礼拝」、「ヘロデの嬰児虐殺」、上段が「聖母被昇天」だ。 そして「聖母マリアの戴冠」となる。聖母マリアの戴冠にはヴィラ・メディチ(メディチの別荘)が描かれている。

最初のシーンは、この左下にある。




「聖母マリアの誕生」

ここに描かれているのはタイトルの主役マリア、母アンナではなく、トルナブオーニ家の5人の女性たちである。4人の女性を後ろに先頭に立つのはルドヴィカ(ロドヴィカ)。


「聖母マリアの誕生」は「神殿から追い出される聖ヨアヒム」の右隣。左に描かれたアレッサンドロ・ナツィの婚約者でトルナブオーニ家の娘ルドヴィカ(ロドヴィカ)が婚約者が描かれているものと対のように描いたわけだ。

Frescoes on the right wall: Stories of St John the Baptist


サンタ・マリア・ノヴェッラ トルナブオーニ礼拝堂
ドメニコ・ギルランダイオのフレスコ画(Domenico Ghirlandaio)
Frescoes on the right wall: Stories of St John the Baptist


右壁の壁 過去記事より
「聖母マリアのエリザベツ訪問」、「ツァハリアスの息子ヨハネの命名」、「説教する洗礼者ヨハネ」、「キリストの洗礼」があり、一番上に「ヘロデ王の晩餐」が位置している。

右下から紹介。(人物参照はwikiを参考にした)



「ツァハリアス(ザッカリア)の前に現れる天使」


Guiliano Tornabuoni, Giovanni Tornaquinci, Gianfrancesco, Girolamo and Simone Tornabuoni.(Other version that is Ghirlandaio's self-portrait, but it's mistake, he is in "The Expulsion of Joachim from the Temple" fresco)


Members of Medici's bank: Federico Sassetti, Andrea Medici and Gianfrancesco Ridolfi


Four girls from Tornabuoni and Tornaquinci family


Giovanni Tornabuoni, Pietro Popolesci, Girolamo Giacinotti, Leonardo Tornabuoni


Gianbattista Tornabuoni, Luighi Tornabuoni, Vieri Tornaquinci, Benedetto Dei and priest of San Lorenzo church


Members of Platonic Academy: Marcilio Ficino, Christophoro Landino, Angelo Poliziano and Gentile de Becci

人物参考 wiki

上から
.献絅螢◆璽痢Ε肇襯淵屮ーニ、ジョヴァンニ・トルナブオーニ、ジャンフランチェスコ(ゴンザーガ家?ではなくフランチェスコ・トルナブオーニのことだろうか)、ジローラモとシモーヌ・トルブオーニ。この右端の人物をギルランダイオとしているものもあるらしい。ミステイクとあるので、セルフポートレートの説は間違いなのだろう。

▲瓮妊チ銀行の人々 フェデリーコ・サセッティ、アンドレア・メディチ、ジャンフランチェスコ・リドルフィ。

トルナブオーニ家、トルナクインチ家の少女たち、ルドヴィカ、アラビエーラ・デル・アルビッツィにもみえる。

ぅ献腑凜Д鵐法Ε肇襯淵屮ーニ、ピエトロ、ジローラモ、レオナルド・トルナブオーニ。

ゥ献礇鵐丱謄スタ・トルナブオーニ、ルイジ・トルナブオーニ、ヴィエリ・トルナブオーニ、ベネディット・ディ、聖ロレンツォ教会の聖職者

Ε廛薀肇鵝Ε▲デミーのメンバー、マルシリオ・フィチーノ、クリストフォロ・ランディーノ.通称ポリツィアーノとジェンティーレ・ベッシィ(綴りがジェンティーレ・ベリーニかと思った、一瞬)

フィチーノはウフィツィに肖像画あったはず。メディチのコジモがプラトンの哲学をラテン語に翻訳させた。ポリツィアーノはボッティチェッリのプリマヴェーラを連想させる詩を書いている。「ラ・ジォストゥラ」のなかの「ヴィーナスの王国だ。



トルナブオーニ家の家系は
フランチェスコ・トルナブオーニ(? - 1436)の子としてジョヴァンニ・トルナブオーニ(?-1490)、娘ルクレツィア・トルナブオーニ(メディチ家へ)、娘ディアノーラ・トルナブオーニ(ソデリーニ家へ)。

ジョヴァンニ・トルナブオーニには妻フランチェスカ・ピッティ、子にロレンツォ・トルナブオーニがいる。

ロレンツォはボッティチェリの「東方三博士礼拝」にも描かれている。

ロレンツォ・トルナブオーニ(1468-97)には妻ジョヴァンナ・デリ・アルビッツィ (1468-88) がいるが子がよくわからない。ロドヴィカだろうか?



「聖母マリアのエリザベツ訪問」



ロレンツォの妻 ジョヴァンナ・デリ・アルビッツィ
ジョヴァンナの妹 アラビエーラ・デル・アルビッツィ




ジョヴァンナ・トルナブオーニの肖像画
(ジョヴァンナ・デリ・アルビッツィ)
ドメニコ・ギルランダイオ




「洗礼者ヨハネの誕生」




先頭はジョヴァンナ?その後ろがメディチ家コジモの妻ルクレツィア


ここに描かれいてるのはジョヴァンナ・デリ・アルビッツィ(ジョヴァンナ・トルナブオーニ)との説。

ちなみにジョヴァンナとロレンツォの結婚式の記念として、ボッティチェリが寓意画を依頼された。

記事 サンドロ・ボッティチェリ ヴィラ・レンミ
次の時代のコジモ一世(1519-1574 カテリーナ・スフォルツァの孫)の愛妾エレオノーラ・デッリ・アルビツィと関係があるのだろうか。うしろの女性がルクレツイァの息子ロレンツォ・イル・マニーフィコ (ロレンツォ豪華王)の嫁クラリーチェ・オルシーニらしい。




ルクレツィアの聖母 「マニフィカトの聖母子」 サンドロ・ボッティチッリ
Lucrezia as Mary in Madonna of the Magnificat


ルクレツィア・トルナブオーニ(Lucrezia Tornabuoni 1425–1482)がメディチ家のコジモと結婚し、ロレンツォ・イル・マニーフィコ (Lorenzo Medici)を産む。



ルクレツィア・トルナブオーニの肖像画
ドメニコ・ギルランダイオ


そのロレンツォ・イル・マニーフィコ の娘ルクレツィア・デ・メディチ(Lucrezia de' Medici 1470–1553)。ルクレツィア・トルナブオーニの聖母に抱かれるルクレツィア・デ・メディチの幼子イエスが描かれているボッティチッェリの「マニフィカトの聖母子」。



ルクレツィア・デ・メディチ
ボッティチェッリあるいはラファエリーノ・デル・ガルボ
Botticelli or Raffaellino del Garbo


案外先頭の女性はルクレツィア・トルナブオーニの孫ルクレツィア・デ・メディチかもしれないとも思ったが、この女性はジョヴァンナ。肖像画やフレスコ画と同じネックレスをつけている。


ピエロ・ディ・コジモ・デ・メディチの妻ルクレツィア・トルナブオーニの子ロレンツォの曾孫にカトリーヌ・ド・メディシスがいる。

ロレンツォの孫ウルビーノ公爵ロレンツォ2世・デ・メディチ(1492 - 1519)がカトリーヌ・ド・メディシスの父で、ロレンツォの子ピエロ・ディ・ロレンツォ・デ・メディチがウルビーノ公ロレンツォ2世の父になる。

「フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ 小書斎」 神曲 地獄編の子孫
ウルビーノ公はもともとフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロで、彼の死後は息子のグイドバルド・ダ・モンテフェルトロが跡を継ぐ。子が亡く、デッラ・ローヴェレ家のフランチェスコ・マリーアを養子にした。

教皇にメディチ家出身のレオ10世(ロレンツォの子、ルクレツィア・トルナブオーニの孫)がつくと、 ペーザロを見内のロレンツォ2世に与えたわけだ。



そうすると、このルドヴィカ(ロドヴィカ)のうしろにジョヴァンナ、そして最後はルクレツィアとならないだろうか。

あとの二人はディアノーラ・トルナブオーニ、フランチェスカ・ピッティ?

ジョヴァンナではなくクラリーチェ・オルシーニとその隣がビアンカ・マリア・デ・メディチらしい。これはビアンカ・デ・メディチで知られるグリエルモ・デ・パッツィに嫁いだ娘ではないか。と思ったが、彼女ビアンカ・マリア・デ・メディチは、クラリーチェ・オルシーニの妹らしい。

ジョヴァンニ・トルナブオーニとその妻フランチェスカ・ピッティは、正面のステンドガラスをはさんで左右に位置している。




Ghirlandaio Portrait of the Donor Francesca Pitti-Tornabuoni

肖像画に描かれているフランチェスカ・ピッティは「聖母マリア」の誕生に描かれている黒いドレスの人物と同じなのだろうか。


4伝道師(聖マタイ、聖マルコ、聖ルカ、聖ヨハネ)が描かれている。最近ベラスケスの聖ヨハネと対の聖女の記事をアップしてます。

記事「
ディエゴ・ベラスケス 二人の聖女


中央にはドメニコ派と施主(4作品)が描かれている。画像は大きくなるのでみてください。ちなみに先にアップしている施主のジョヴァンニとフランチェスカは一番下。実物はかなり大きい作品。
| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< ヴィレム・ファン・ハーヒトの「コルネリス・ファン・デル・ヘーストの収集室」 | main | サンドロ・ボッティチェリ サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 「東方三博士の礼拝」の謎 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/66
KAFKAのサンドロ・ボッティチェリの「ユディト」を拝見して、記憶にボッティチェリが蘇ってきました。 この作品は、「Virgin Child John Baptist (聖母子と聖ヨハネ)」(1480-82年)で、市立博物館 ピアチェンツァ 所蔵です。 ボッティチェリ(1444/1445年 - 15
| catdogbell | 2010/03/31 8:37 PM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--