ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
reviewing-101-john-updikes-rule 書評のルール
ジョン・アップダイク / SAI
「ラビットシリーズ」、「十月はハロウィーンの月」、「イーストウッドの魔女たち」が、日本ではピンとくるタイトルかもしれない。ピューリッツァー賞、ペン,フォークナー賞、全米図書賞、そして全米批評家協会賞と受賞しているジョン・アップダイク。

Picked-Up Pieces by John Updike彼が30年以上前に、Picked-Up Pieces(1975)という論評集なるものを出版しているが、この序文に、書評(レヴュウ)に対する「ジョン・アップダイクのルール」を掲げていた。「書評される側、つまり非難の犠牲者のトラウマへ、インタリオファッション(沈み彫り通)が形成され、私の書評に対するルールを披露する。」

書評(レヴュウ)は、毀誉褒貶定まらずというところがある。世間の評判と著作の運命を左右する書評家(レヴュア)たち。

1.著者が何を書き伝えたかったかったかを理解し、著者が試みないことを、成し遂げられていないと非難してはならない。

2.文中の説や事柄などを、読む側が十分に引用すること。少なくとも一度立ち止まり、作品のイメージや妙味を、確実に判断することだ。

3.曖昧に大筋を追うのではなく、その作品の確実な説に基づいて、評価をする。

4.全体の粗筋は、結末を明かしてはならない。(ネタバレ注意!論評家がうかつに漏らすことで、まわりはどれくらい驚いて憤ることだろう。・・・と続く。)

5.作品が不十分と感じたら、著者のものを含め、同じ線に沿った作品群から、成功例を引用することだ。失敗を理解することができる。それが著者側か、読む側かということを。

第6として加えられるとすれば、書評者は、書評(レヴュウ)による見識を誇り、コンテストの駒扱いや見解論争を置こうとするべきではない。書評とその読者の関係は、非難するよりは賞賛を共有することで、読むことが喜びであるという前提の上に成立するものだ。すべてそこに集束するべきものである。

さて、人間性を見るときも、絵画を観るときにも、骨董を判断するときにも、ワインまでにも、似た形質を感じる僕である。ブログだってそうかもしれない。

では、原文と原文が掲載されている、全米批評家協会執行部運営のプロ レヴュアによるレヴュウ関連ブログを紹介。

僕が参考にした引用訳と比べて解釈して下さい。そして、このジョン・アップダイクが、作家であり、書評家でもあり、その背景から、どういった作品や書評や経験があるのかということに関心をむけて、独自の探求と研鑽をして頂ければ幸い。

John Updike’s Rules for Book Reviewing

"My rules," he writes, "shaped intaglio-fashion by youthful traumas at the receiving end of critical opinion, were and are:

1. Try to understand what the author wished to do, and do not blame him for not achieving what he did not attempt.

2. Give him enough direct quotation--at least one extended passage--of the book's prose so the review's reader can form his own impression, can get his own taste.

3. Confirm your description of the book with quotation from the book, if only phrase-long, rather than proceeding by fuzzy precis.dousdw

4. Go easy on plot summary, and do not give away the ending. (How astounded and indignant was I, when innocent, to find reviewers blabbing, and with the sublime inaccuracy of drunken lords reporting on a peasants' revolt, all the turns of my suspenseful and surpriseful narrative! Most ironically, the only readers who approach a book as the author intends, unpolluted by pre-knowledge of the plot, are the detested reviewers themselves. And then, years later, the blessed fool who picks the volume at random from a library shelf.)

5. If the book is judged deficient, cite a successful example along the same lines, from the author's ouevre or elsewhere. Try to understand the failure. Sure it's his and not yours?

To these concrete five might be added a vaguer sixth, having to do with maintaining a chemical purity in the reaction between product and appraiser. Do not accept for review a book you are predisposed to dislike, or committed by friendship to like. Do not imagine yourself a caretaker of any tradition, an enforcer of any party standards, a warrior in an idealogical battle, a corrections officer of any kind. Never, never (John Aldridge, Norman Podhoretz) try to put the author "in his place," making him a pawn in a contest with other reviewers. Review the book, not the reputation. Submit to whatever spell, weak or strong, is being cast. Better to praise and share than blame and ban. The communion between reviewer and his public is based upon the presumption of certain possible joys in reading, and all our discriminations should curve toward that end."

from CRITICAL MASS(全米批評家協会執行部運営のプロ レヴュアによるレヴュウ関連ブログ) Reviewing 101: John Updike’s rules  2006/6/8
このピックアップされた断片の「Picked-Up Pieces」は、詩やエッセイ、ホルヘ・ルイス・ボルヘス、キルケゴール、ナボコフにも言及した書籍。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< ハロウィン・ツリー by レイ・ブラッドベリ | main | 逆さのジェニー >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/63

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--