ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
京都府立陶板名画の庭 
美術館 Museum / SAI
京都府立陶板名画の庭  2ガラスとコンクリート、水と光、そして樹木が創出する堅牢と静寂の間。3階のエントランスから降りていく。直線の道の左には、モネの『睡蓮』が水中に漂い、雲間に隠れる光で色彩の陰影が変化する。右壁面には鳥羽僧正作の『鳥獣人物戯画』。歩みを進めていくとミケランジェロ作の『最後の審判』がある。突き当たりの木々が見えると、Uターンでスロープを下がる。
京都府立陶板名画の庭  1その左手に見えて来るのがレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』だ。スロープを下り終え、2階へ続くのが、張擇瑞作の『清明上河図』。最後が「ラ・グランド・ジャット島の日曜日の午後〜テラスにて〜糸杉と星の道」だ。1〜3Fまでを原寸大の作品展示が主で、どのフロアーからも目に入るのが、ミケランジェロの『最後の審判』。そんな絵画とともに、建築のデザインが目にはいる。設計は安藤忠雄氏。

「京都府立陶板名画の庭」は小規模の建築。周辺には同じ安藤忠雄氏設計の「
B-Lock北山」、磯崎新氏設計の「京都コンサートホール」、高松伸氏設計の「SYNTAX」、「WEEK」など、有名な建築家による作品が並ぶ。2006年3月撮影 by me
| comments(2) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< 依水園寧楽美術館 | main | 京都府立陶板名画の庭  >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
お世話になってます。Qualiaのyouです。楓さんのリンクから発見しました。写真、文章とも洗練され、別サイトと違うお顔を拝見しました。(笑) どとらも風刺的なことを含んでいますが、こちらは芸術の美徳を、さらに感じます。V字のスロープが突き当たりで、Uターンをすると、絵画はまた違うむきから鑑賞できますね。日本には初めての屋外美術館ではないでしょうか。
you (2006/03/15 4:54 PM)
youさん、ごめんなさい。コメント頂戴していたことを、まったく気がつきませんでした。おっしゃるとおりに絵画はまた違うむきから鑑賞できます。屋外なので、時間帯、天候によっても色彩が変化し楽しめます。もう行かれたのでしょうか。週末にでも、youさんのサイトへお邪魔させていただきます。
(2006/06/21 3:20 AM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/6
陶板画の『最後の晩餐』である。 CGで復元された「最後の晩餐」との色彩の違いを見比べてみてほしい。 ダン・ブラウン著の小説「ダ・ヴィンチ・コード」を読んでみただろうか。 レオナルド・ダ・ヴィンチ作「最後の晩餐」の絵の中に隠された人物がいるという
| Remove | 2006/04/03 2:34 PM |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--