ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
MORT by クリスチャン・ボルタンスキー
art / SAI
Christian Boltanski: Scratch byChristian Boltanski「人は二度死ぬといわれている。一度目は実際に死ぬときであり、2度目は写真が発見され、それが誰であるか知る人が1人もいない時だ」というボルタンスキーの言葉。

僕が一番恐れているのが「MORT」なのだ。それは、まだ壁を越えていないからである。肉親をつれさる「La Mort」が来ないからだ。つまり「The Death」を指す。死者と死神だ。

Entendre Les Chiens by Christian Boltanskiクリスチャン・ボルタンスキー(作品が見れます)のモニュメントは、嫌でも死と向き合わなければならない。古代エジプト人のように、死者の死後の生に備えるための彫刻であり霊廟をつくるからだ。

たとえば死者の遺品、写真、古着、闇とロウソクと影のモニュメント。生と死をテーマにした彼のキャリアの一つ。こういった彼の独特な概念は、今回の高松宮殿下記念世界文化賞 彫刻部門 の受賞にもいたる。

Ost/West byChristian Boltanski記憶に新しいのが、夏の終わりにTVで観た、越後妻有アートトリエンナーレ。クリスチャン・ボルタンスキーとジャン・カルマンは、廃校の旧東川小学校に「最後の教室」を製作した。人間の不在がテーマである。

終わった子供時代への葬儀なのか、思い出としての記憶を蘇がえる祭壇か。回転翼で薄暗い灯りが点滅する
暗闇の廊下。草いきれの体育館は、ベンチのうえに扇風機がおかれ、光をまわす。鼓動するたびランプも明滅する闇の理科室。軋みもない静寂な音楽室。そして光が宿る棺。

Christian Boltanski (Contemporary Artists)byDidier Semin, Christian Boltanski, Tamar Garb, Donald B. Kuspit僕は白い布に置かれた透明な棺に宿る光が消えたとき、誰かが消えるかもしれないと考える。次、この棺に入るのは、誰なのだろうかと考える。1と0の狭間のようだ。

「不在」、「存在」にこだわるボルタンスキーだ。

地球上の全員の名前を読み上げたいと思ったことがあるそうだ。休みなく読み上げて約4年。僕には、長すぎるのか短すぎるのかがわからない。

1980年代から死のイメージが濃厚になったのではないか。全作品は知らないが。

Christian Boltanski by Lynn Gumpert, Christian Boltanski1983年の「騎士的なコンポジション」、1931年に存在したユダヤ人高等学校の記念写真を、ナチスの大量虐殺を死者側から再構築する「モニュメント」を製作したのは1985年のことだ。

それから「暗闇のレッスン」、「ろうそく」、「影」、そして1990年には「聖遺物」と続く。「死んだスイス人の資料」には、写真、ビスケット缶、電球、電線など。

Christian Boltanski by Danilo Eccher, Christian Boltanski, Daniel Soutif, Paolo Fabbri<br />
1993年のヴェネツッア・ビエンナーレでは、第二次世界大戦勃発直前の記録写真「1938年のヴェネツッア・ビエンナーレ・アーカイヴ」を作品化し、1993-94年にかけて、ケルン市の数箇所、ルートヴィヒ美術館に、行方不明の子供の写真を使用した「この子らは両親を探している」を展示した。これはMORT(死・死者)のモニュメントになるだろう。

1990年代の作品にみられるのは世界大戦、ホロコーストの主題である。今回の高松宮殿下記念世界文化賞受賞者は、数名がユダヤ人のルーツであり、また、ユダヤ人ではなくとも、「暴虐性に軽やかさで対抗する」という社会的理念を持たせている受賞者がいる。

クリスチャン・ボルタンスキー―死者のモニュメント 湯沢 英彦受賞者のスティーブ・ライヒは、米国のユダヤ人であり、マイヤ・プリセツカヤはロシアのユダヤ人である。ドイツ生まれのフライ・オットーが、暴虐性に軽やかさで対抗する理念の持ち主なのだ。リンクのライヒから、ニュルンベルクやホロコーストの記事をあわせて読んでいただきたい。そして日本初の女性受賞者 草間 彌生さんはこちら

クリスチャン・ボルタンスキーの作品
Christian Boltanski Online
| comments(7) | trackbacks(3) | -
pagetop
<< クライン・ブルー by ニュイ・ブランシュ フェスティバル | main | ルイ・ヴィトン・カップ >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
死という壁は、自分以外の周囲から、はじめて知りますよね。祖父母、大叔父、大叔母から。そしてだんだんと、Saiがはっきり書かないけれど「身内」へと死神がやってきます。

それは、たぶん私達と同世代の方や、若い世代の方でも、早くお身内を亡くされた方は、「恐れ」というものを知っているのだと思います。

だんだんと死というものが希薄になってきている時代といいますが、ドイツなどでは、集合住宅のエレベーターは、もとから棺が入るよう、もう一枚の扉があると聞いています。

最後の教室は松ノ山(←間違えてたらごめんなさい)でしたか。中年、熟年、高齢者が多い地域ですよね。

それぞれの境遇によって、生の回顧になるのか、死への恐れとなるのかわかりませんが、たいへん意義深い作品だと思っています。

小さい頃、廊下、階段、2階の部屋、電気が消えた部屋、御トイレなど、恐怖がありました。その恐怖は、まだ「死」というものがよく解らない幼少の頃ですが、「恐れ」というものは、あったようです。怖くない、怖くないと、何度も一人で行く訓練をしたような記憶。(笑)
fu- (2006/10/21 3:07 PM)
>地球上の全員の名前を読み上げたいと思ったことがあるそうだ。休みなく読み上げて約4年。僕には、長すぎるのか短すぎるのかがわからない。

中国は、住民票みたいなのが、随分と漏れているじゃないですか。だから「短すぎる」と思う。

つまり、電話帳にはすべての人は載っていないですよね。

貧しかったり、電話がない暮らしの地域もあるし。

>「人は二度死ぬといわれている。一度目は実際に死ぬときであり、2度目は写真が発見され、それが誰であるか知る人が1人もいない時だ」というボルタンスキーの言葉。

写真のない時代は、記憶。その記憶が周囲で消えたときに2度死ぬのかな。それとも自然の摂理として、記憶は必要なわけではないんじゃないかと。その「はかなさ」ということを知らなければならないかと。

エジプトの祭壇について触れていますが、記憶に残す印で、日本でいう仏壇かな。

少子高齢化の現代は、その仏壇を継ぐ子孫がいるかどうか。

二度死ねる人は少ないかもと思いました。そしてその意味を考えられる記事です。
sweet-sweet (2006/10/21 4:11 PM)
ロマンティックという言葉がふさわしいがどうかわからないけど、Saiはロマンチストかもしれない。(笑)繊細さが、「恐れ」を継続している気がする。(爆笑)

ライヒの記事にもコメントしたんだけど、『今回の受賞者で、Saiの「MORT by クリスチャン・ボルタンスキー」では死者の写真、aleiの過去記事のヤド・ヴァシェム博物館 では 行方不明者の写真で、その写真から生きて再会した時事があったね。

とっても不思議だ。写真はなんて貴重なのだろうと。そして、Saiのコメントに写真のない時代とあったけれど、そいうい時代も存在したんだよね。』

僕はね、死者と生者(行方不明)の写真の違いがさ、すごく感じるものがあった。

これこそ「不在」、「存在」ではないだろうか。
HISASHI by YAMA (2006/10/21 5:18 PM)
fu-へ

>だんだんと死というものが希薄になってきている時代といいますが、ドイツなどでは、集合住宅のエレベーターは、もとから棺が入るよう、もう一枚の扉があると聞いています。

aleiが知ってるようだ。
それでも、ドイツでも死というものが希薄になっていると言われているようです。

日本ではどうなんだろう。

つまり、死への希薄は、個人の感情だけではなく、都市計画のなかでも希薄であるということは実感できるね。
sai (2006/10/21 9:37 PM)
sweet-sweetさん

あとでトラバしますね。

>電話帳にはすべての人は載っていないですよね。貧しかったり、電話がない暮らしの地域もあるし。

そうですよね。電話のない暮らしの人々がいることを忘れていました。民族の文化を忘れていたってことですね。(笑)

それと、貧しいということも。

大切なキーワードのコメントをありがとうございます。
sai (2006/10/21 9:41 PM)
YAMA ちゃん

>僕はね、死者と生者(行方不明)の写真の違いがさ、すごく感じるものがあった。

>これこそ「不在」、「存在」ではないだろうか。

まったくもって、そのとおり。
ヤド・ヴァシェム博物館も強烈なものを感じるよ。

「不在」、「存在」って、MOTEに限らず、意識にもあるね。

相手の存在を「不在」、「存在」とするか。
sai (2006/10/21 9:46 PM)
>僕が一番恐れているのが「MORT」なのだ。それは、まだ壁を越えていないからである。

引用しました。

それで、元気?気にしてますよ。
T・K (2007/03/19 4:44 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/58
1925年11月20日生のマイヤ・プリセツカヤは、来月81歳のお誕生日を迎えます。このたび、第18回 高松宮殿下記念世界文化賞 演劇・映像部門 で受賞しました。 ミハイル・フォーキンがアンナ・パヴロワ (1881年 - 1931年)のために振付けた「瀕死の白鳥」を演じ、喝采
| Life Style Concierge | 2006/10/20 12:37 AM |
ナチス体制下で抑圧や暴政を知る Otto, Frei(フライ・オットー)の理念には、「暴虐性に軽やかさで対抗する」という姿勢がある。2005年には、王立英国建築家協会 (Royal Institute of British Architects) から「RIBAゴールドメダル」が与えられた。(ちなみに、本年度
| remove | 2006/10/20 10:19 PM |
(C) SANSPO.COM PHOT by 飯田英男 氏第18回高松宮殿下記念
| sweet-sweet-sweet | 2006/10/20 11:06 PM |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--