ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
クライン・ブルー by ニュイ・ブランシュ フェスティバル
クライン・ブルー/Yves Klein / SAI
パリ 2006年10月7日 コンコルド広場 オベリスク白夜の意「La Nuit Blanche」(ニュイ・ブランシュ)が、今年も10月7日に行われた。日が落ちたその時間から翌日の朝まで、現代アートが街を飾る。年に一度のイベントだが、普段は立ち入れない場所も開放される。ダ・ヴィンチ・コードでも登場したルーブル美術館も深夜まで開放。そして、あのオベリスクが、クライン・ブルーで染められている。これはルイ・ヴィトン社協賛によるもの。

関連記事
イヴ・クライン
クライン・ブルー
イヴ・クライン展(2006.10.5〜2007.2.5)
クライン・ブルーの眠れない夜 by ニュイ・ブランシュ
画廊やサン・セヴラン教会、サン・トゥスターシュ教会をはじめ、パリ市庁舎や各区役所、シャトレ劇場、サン・ルイ橋やストラヴィンスキー広場などで、アーティストたちと市民の祭典は一夜を共にした。

主なアーティストをトピック。
サヴィエ・ヴェイヤン(Xavier Veilhan)「Le Grand Mobile」
フィリップ・ペリン(Philippe Perrin)「Heaven」
エリック・ディエットマン(Erik DIETMAN)
カルロス・ガライコア(Carlos GARAICOA)
「Ahora juguemos a desaparecer」ほか
ロリス・チェッキーニ(Loris CECCHINI)
アーウィン・ ワーム(Erwin Wurm)


主な作品をトピック(写真の左上から右下へ)

Nuit blanche

「Nonvolatile echosphere bungalow」ロリス・チェッキーニ
「My home is yours」アーウィン・ ワーム
「Peggy’s Necklace, 2006」
ジャン=ミシェル・オトニエル(Jean-Michel OTHONIEL)
「You and I, Horizontal」アンソニー・マコール(Anthony McCall)
「Le proverbe turc」エリック・ディエットマン(Erik DIETMAN)
「Peggy's necklace」の拡大
.Concorde - Iena(コンコルド・イエナ)width="511" height="423"

.Petit-Palais (プティ・パレ)

.Goutte d'Or(グット・ドール)

.Le Marais(マレ地区)
Hotel de Ville  パリ市庁舎

.Carpentier (カルパンティエ)
Complexe sportif Carpentier(カルパンティエスポーツセンター)

.Bercy-Tolbiac(ベルシー・トルビアック)
BNF- Site Francois Miterrand(フランソワ・ミッテラン国立図書館)

パリ以外のニュイ・ブランシュ
・ヴェルサイユ宮殿
Versailles off au Château de Versailles

・モービュイッソン修道院のカステイーユ
Nuit "Blanche de Castille" à l'Abbaye de Maubuisson

・ジェンティリーの「アンナ・ハルプリンへのオマージ」
「Hommage à Anna Halprin 」 à Gentilly

・アミアン
la première Nuit Blanche d’Amiens
| comments(0) | trackbacks(4) | -
pagetop
<< ミステリアス エッシャー | main | MORT by クリスチャン・ボルタンスキー >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/57
NUIT BLANCHE À PARIS 2006 (c)AFP /NB2006.paris 「レ・ザリュメ」から発展した現代アートの祭典「ニュイ・ブランシュ」は、今年はJerome SENS(ジェローム・サンス)、Nicolas BOURRIAUD(ニコラ・ブーリオッド)がキュレーションを担当したんだ。 そして、ルイ
| XAI | 2006/10/18 8:43 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/18 9:03 PM |
あのクライン・ブルーを生み出したイヴ・クラインの父親は、画家のフレッド・クラインである。単色主義のモノクロームのイヴ・クラインとは反して、淡色主義・彩色主義である。 作品クライン・ホースとフレッド・クラインの写真であるが、どうも僕の好みとする画風で
| remove | 2006/10/18 9:46 PM |
真夏のディ・ドレス、そしてシーズンを越えてイブニングドレスのカラーに、1枚はほしい色。クライン・ブルーです。 このクラインの作品に使用されているブルーは、クラインブルーといわれるカラーよりダークでマット。 まだ、これからという矢先に、心臓発作でなく
| Life Carrer Counseling | 2006/10/18 9:52 PM |

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--