ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ミステリアス エッシャー
art M・C・エッシャー / SAI
M.C. Escher: His Life and Complete Graphic Work(日本版タイトルは「M.C.エッシャー―その生涯と全作品集」 by M. C. Escher, J. L. Locherマウリッツ・コルネリアス・エッシャー (1898〜1972)は、不可能な構造物、無限と有限、平面と多面体などのウッドカット、リトグラフ、メゾティント版画の製作をした画家。「だまし絵」と言うほうが馴染んでいるかもしれない。僕が子供の頃まで存命だった人だから、記憶に新しい。

J.L.ロッヘル著, 坂根 厳夫訳の、
M.C.エッシャー―その生涯と全作品集M.C.エッシャー―その生涯と全作品集から見ることができるが、先日、ハウステンボスへ出かけてきた。そこには、180点ほどのエッシャーがあり、ミステリアスエッシャーでは、空間体験や3Dシアターの上演がある。ハウステンボスオリジナルショップ・アールスメール でも、M・C・エッシャー図録が購入できるが、M.C.エッシャー―その生涯と全作品集の1/10ほどの値段。

「M・C・エッシャー図録」 ハウステンボスオリジナルショップ・アールスメール「M・C・エッシャー図録」である。『生誕100周年記念エッシャー展』に出展された作品が掲載。彼は、オランダの生まれ。あのフェルメールが遠近法を使用したが、その遠近法、透視法を逆手にとった「だまし絵」やタイリングといわれる「平面の正則分割」シリーズがある。

エッシャーは、ある形が徐々に別の形へと変わっていく「メタモルフォーゼ」、結晶の幾何学的な特徴や、光学的な性質をも作品としているが、「私たちをとりまく謎について深く考えをめぐらし、自分のみたものを分析した果てに、私は数学の世界にたどりついてしまった。」というように、理数的・理工的な作品だ。

「M・C・エッシャー」by ヴィム・ハゼウ  このバイオグラフィーは、オークションで手に入れることができます。エッシャーの、鏡面に写る世界をモチーフにした作品があるが、鏡面反射では反射方向が狭いものという性質の利用、拡散反射での複雑な凹凸、球面鏡の凸面鏡(車のミラーなど)、凹面鏡(スプーンのへこみなど)という平面鏡、球面鏡の特徴などを完璧に理解している。ちょうどこのバイオグラフィーはエッシャーの写像球体を持つ手である。これは水晶球だという。

水晶球を通して見た物は複屈折により二重に見え、方向により複屈折の度合いが変化する。ふ〜ん、なるほどね。

こういったM・C・エッシャーの作品及びエッシャー自身の写真に関しては、著作権が現存しているため、最初の「マウリッツ・コルネリアス・エッシャー」のリンクから、全作品、写真、インタビューも見ることができるので、直接アクセスしてください。

エッシャー カライドサイクル 理数が苦手な彼女が書いた、おもしろい記事。
| comments(6) | trackbacks(5) | -
pagetop
<< コバルトブルーのアールデコ by マイセン | main | クライン・ブルー by ニュイ・ブランシュ フェスティバル >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
あああ、エッシャーでっしゃあ ・・・・
コホン
なぁんかエッシャー好きなんですねぇ。
だまし絵って好きなんですよねぇ。

なんか弱みという気もするんですけどねぇ。

兎も角、エッシャー登場。
万歳させていただきます。

とーし (2006/10/15 9:33 PM)
>エッシャーでっしゃあ 
うまい!万歳させていただきます。(笑)

エッシャーって、もっと若いときに興味があって、それ以降は忘れていた存在ですが、たまたまハウステンボスで再会して。

東京渋谷のBUNKAMURAで、11月から展覧会があるようです。

来年にまたがっての開催なので、もしくは行くことができるかなと思っています。

とても懐かしいエッシャーです。
sai (2006/10/18 8:53 PM)
エッシャー読んで、記憶が蘇り、楓のblogもがんばった。(笑)

結晶の幾何学的な特徴などという論理も知らず、感覚だけです。

さて、ここにもフレデリック・クレマン氏のコメントがありますね。

一度、返信したら、綴りを間違えちゃった。
二度目大丈夫かな。暇な時間を1分ほどつくって、添削してくださいな。

My important friends site
Magnum masse, remove. RE+nessance.

なんていれてみたんですが。どうでしょう。

Art de Vivleは、日本語の比率が少ないと投稿できません。Life Carrer CounselingとComicStripは、今度かな?

KAFKAね、誰かの遊びかと思ってたから、ずっと返信してなかったのよ〜。
KAFKA (2006/10/21 6:16 AM)
TO KAFKA

Magnum masse 
ここはBAUさんがコメント対応してもらった。

remove 
迷っていれたみたい。(笑)

RE+nessance 僕、記事書いてないのにね。

>Art de Vivleは、日本語の比率が少ないと投稿できない
試してみようかな。(笑)

>Carrer CounselingとComicStrip
来月と予想

>添削
いま、行きます。

不可解な点
まったく知らないblogタイトルを、まったく関係ない記事にコメントを残したこと。

このblogを宣伝するつもりなのかな。実際に、知らないblogにアクセス解析されるのも、どーもね。(笑)
sai (2006/10/21 7:53 PM)
>不可解な点
まったく知らないblogタイトルを、まったく関係ない記事にコメントを残したこと。<

答えてあげようぞ。(笑)
9月9日の自分の記事を見よ。たしかにフレデリック・クレマンの記事ではないが、フレデリック・クレマンという名が一つ含まれている。

ちなみに、フレデリック・クレマンで検索すると、おまえのその記事がヒットすんだ。

それで、氏は、どの記事なのかがわからないというわけで、ここにコメントを残したわけ。

君の記事とは、川端康成の記事だ!(爆笑)
alei (2006/10/21 9:15 PM)
aleiへ

>このゲーム面白い。
本物か代理か、まったくの遊びか。

KAFKAの記事で、氏の記事が多くなったのは確かだよ。

↓ほかの記事でも、2件いいのがあったな。
frederic Clement
http://d.hatena.ne.jp/shinju-oonuki/20060802

http://ameblo.jp/tsuna11/entry-10016533832.html

とにかく紙好き、テキスト好き、写真好き、装丁好き、細工が好きな人にはいいよ。本の中でトレーシングペーパーなんかを捲るのって緊張感あるじゃない。(笑)

>答えてあげようぞ。(笑)
9月9日の自分の記事を見よ。

参りました。aleiくん・・・。
川端康成の記事書いたときに、Art de vivreで記事になってたから、一言添えたんだ。
へー、検索にでてきましたか。
sai (2006/10/21 10:05 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/56
エッシャーのスペイン南部にいたる船旅は、1930年代のこと。 まだ無名であったエッシャーの48枚の版画は、その船のチケットとなったのです。この本は、エッシャーの船旅でのログです。この旅で、ムーア人のモザイクに魅了されたエッシャー。 のちに「結晶学」を学び
| Life Style Concierge | 2006/10/15 7:50 PM |
エッシャー(エッシャーの作品って?という方はこちら→スーパーエッシャー展 Bum
| KAFKA | 2006/11/12 5:53 PM |
スーパーエッシャー展が11月からはじまる。Bumkamuraなんだけど、M.C. Escher 2007 Calendar: Uncommon Ground (M. C. Escher)のトップのリトグラフ「描く手」(1948年)など、なじみの作品のほか、エッシャー手書きの制作ノート「エッシャーノート」も公開されると
| remove | 2006/11/12 9:46 PM |
エッシャーと美術史家でもある詩人G.J.ホーグウェルフ(A.E.ドライフハフト A.E. drifhoutのペンネーム)との詩画集「24の寓意画」がありますね。こんな感じで、ラテン語の4行詩が添えられていますよね。 エンブレマータ バタフライ 1931年  Emblemata(エンブレ
| Art de Vivre | 2006/11/30 5:45 AM |
球面鏡球面鏡(きゅうめんきょう、spherical mirror)とは、球面の一部を反射面とする鏡。球の内面を反射面とした凹面鏡と、外面を反射面とした凸面鏡とがある。球の中心を球心、鏡の中心を極、球心と極を結ぶ軸を光軸という。球面鏡の焦点距離は光軸上の極と球心の距離
| 光・光学・光学機器ETC | 2007/02/09 9:03 AM |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--