ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
コバルトブルーのアールデコ by マイセン
マイセン / SAI
Zwiebel, Stroh und blaue Blume. Blaumalerei auf Meissener Porzellan by Robert E. Roentgenマイセンをコレクションとしている知人が多い。どこにそういう使えるお金があるのだろうと思いつつ、時々、もう長くないから(決してそんなことありません)、好きなものを1点だけ持っていきなさいという方もいらっしゃる。困ってしまうのは、小さいからといって、決して価値が低いわけではないから。

なるべく、その方が初期に集められたコレクションを頂戴するようにしているが、相手の顔色を常に伺わなければならないので、多少、マイセンについて勉強をした時期がある。最近では、「僕につり合いのとれそうなものを選んでいただけませんか。」と伺うようにしているのだが。

Die Botschaft des Drachen. Ostasiatische Glueckssymbole auf Meissener Porzellan by Hans Sonntag, Juergen Karpinskiさて、50代から80代にかけての御仁達は、海外のオークションなどと比較して購入されるらしいが、時折、僕も拝見させていただく。御年が召すにつれ、マイセンの初期のもの、柿右衛門の写しなどに興味を持つらしいが、あのやかんのような、土瓶のようなティーッポットを迷っていたり。そのタイプなら僕は柿右衛門を購入するほうがと、一言余計に言ってしまった。

そこから、かなり長時間、マイセン蘊蓄である・・・。(失敗した)

MEISSEN COBALT & GOLD MASK SPOUT CHOCOLATE POTさて、Johann Friedrich Böttger(ベットガー)やケンドラーは省略し、1910年以降の、マイセンの名彫刻が、パウル・ショイリッヒ、マックス・エッサー、エミール・パウル・ベルナーといわれている。

このあたりの原作が「復刻版」となり、イニシャルL.M.P.とシリアルナンバー入りのリミテッド・マスターピースとして、マイセン見本市で販売される。

1910年以降というと20〜30年代にかけて、ドイツは建築、家具、食器、アクセサリーなど、アールデコが主流となった。サザビーズのカタログには、かなり面白いマイセンが出品されている。アールデコのマイセンなど。

このうえの写真のチョコレートポットは、唯一「いいな」と思ったものだ。ハンドル、注ぎ口は金彩で、口の下にはマスク(人の顔)が施されている。ところが、マイセンマークは1850-1880年のものらしい。ゼセッション(ゼツェッシォン)は、1897年ウイーンで結成され、アールデコ様式は1920年代だから、「えぇー?」と思った。フラワー、ネームド・ビュー(風景)、ゴテゴテした装飾、洒落気がないブルーオニオン、ファンタジックな挿絵的絵柄などなど、マイセンは僕のテイストとほど遠いが、こんなモダンなストライプの図案を用いたポットが、アールデコ主流の以前に作られていたとは。

かの御仁達は、僕より年配の方々なので、1980年代からのさまざまなオークションのカタログを持っている。アンティークとよばれる前のレトロの年代のものなどもある。美術館などでみるマイセンとは、一味違うものもみることができる。

left:Sothebys European Ceramics Glass BOOK Delft Meissen (Amsterdam 14 OCT 2003) center:SOTHEBYS EUROPEAN CERAMICS DELFTWARE GLASS 2004 CATALOG  right:Sothebys, British and European Ceramics 2.4.2003

このオークションカタログは、最近もの。左は、アムステルダム2003年10月で、デルフト、マイセンの陶器、グラスがメイン。中央は、デルフト中心で、マイセンもある。右は、2003年の英国とヨーロッパの陶器のもの。

さて、マイセンのコバルト&ゴールドは、初期によく作られていたらしいが、このアールデコとはちょっとちがう。

Malleries(オークションハウス)
Meissen Cobalt Gold 5 Piece Tea/Coffee Set 
(期日が過ぎるとリンク切れになると思います。)

マイセンのお歴々であるが、「伝説の動物」で有名なヘロルトと師弟だったAdam Friedrich Löwenfinck (レーヴェンフィンク)の逃走、絵師Johann Gregorius Höroldt(ヨハン・グレゴリウス・ヘロルト)も型師 Johann Joachim Kaendler(ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー)も型師ピータライニッケも亡くなった1770年代後半には、型師エリアス・マイヤーも去る。

そのあとの時代には、カミーロ・マルコリーニの花、彫刻家ミッシェル・ヴィクトゥール・アシエのロココ時代、そのパートナーともいえるシェーンハイトがいた。

こうして19世紀がはじまり、1800年代にハインリヒ・ゴットロブ・キューンが責任者となり、1862年から花の絵付師はユリウス・エドゥアルト・ブラウンスドルフとなる。つまり、僕が気に入ったチョコレートポットは、ハインリヒ・ゴットロブ・キューンの時代のものなのだ。その後1890年代に、ユーゲントシュティール(広義のアール・ヌーヴォー)が主流になる。もしかしたら、型ではなく、このストライプはビーダー・マイヤー様式 時代になるのかな、チョコレートポット。
| comments(2) | trackbacks(9) | -
pagetop
<< ダルモア62年のマーマレード | main | ミステリアス エッシャー >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
まったく門外漢なので私など問題外(笑って)なのですが、和楽2002年3月号を見ていたら、saiさんが仰ってる柿右衛門とマイセンの曰くなどが載っておりスコーシダケ興味を惹かれました。
柿右衛門と柿右衛門写しの両方の写真が載っていますが、ちょっと比較にならないくらい差があるように見えます。

>そのタイプなら僕は柿右衛門を購入するほうがと、一言余計に言ってしまった

賛成 !!
とーし (2006/10/17 2:07 PM)
とーしさん、こんばんわ。

僕もマイセンは門外漢なので。
というよりも、マイセンの工芸品は好きですが(好きというか・・・)柿右衛門と柿右衛門写しのほうが、ずっと好きです。

和楽2002年3月号ですか?
図書館行きだな。(笑)

>そのタイプなら僕は柿右衛門を購入するほうがと、一言余計に言ってしまった
やっぱり、賛成してくださった!(笑)
sai (2006/10/18 8:49 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/55
XAIからの色バトンで「ピンク」に譬えてもらいました。ありがと!そのピンクにちなみ、このテート・ア・テートでバトン。 ローズピンクのこのうえもない可愛らしさ。 さて、色バトンの質問に答えていきますね。好きな色は?→「ローズピンク」、嫌いな色は?→「
| Life Style Concierge | 2006/10/14 12:38 PM |
マイセンの「FFブルーメ 最上級の花絵(ブルーメマーレライ)」といわれ、たとえば
| KAFKA | 2006/10/15 6:39 PM |
マイセンの型師ヨハン・フリードリヒ・エーバーラインは、「ブリュール (ッ)シェ・アラライ」という様式を手がけていたようです。そこに描かれた花が、ボタニカルアートにも見えます。プレートの型は、レースが3箇所に縁取られているタイプのプレートで、下の絵柄は、マ
| Art de Vivre | 2006/10/15 6:39 PM |
Lowenfinck 1720 Meissen レーベンフィングのマイセン時代の絵付けである。ヘロルトと師弟関係で、麒麟、狛犬等の伝説上の動物を描く。(これだけじゃないけれどね。) ドイツ第2の古窯である1746年創業「ヘキスト」の創始者となったレーベンフィングであるが、
| Blue-Tiger-Eye | 2006/10/16 11:53 PM |
Figure "Das Kleid", Meissen 1999. "Das Kleid"とは、カール・ラガーフェルドの「そのドレス」。スパンコールはドレスを流れるように、裾へとこぼれていきます。 マイセンの硬質の白磁器は、女性のボディをつつむドレスのラインを強調し、まるでオートクチュール
| Life Carrer Counseling | 2006/10/17 9:47 AM |
1979年の「ヨーロッパのフローラ」によると、ユリウス・エドゥアルト・ブラウンスドルフ(1841−1922)は、印象派の絵画に強く影響を受けたものとされています。 「印象主義様式の花絵」、「ブラウンズドルフ教授の花の絵」と呼ばれているのは、これまでの絵柄による
| Noblesse Oblige | 2006/10/17 4:24 PM |
このところ、マイセンコレクターでもあるまいが、仲間内でマイセン記事ばかりなので、僕も大胆にマイセンを主にしたblogに変更したものがある。(笑) マイセンで、1点ものといわれるのが「ウニカート」とよばれる工芸品(花瓶とか、オブジェなど)なんだけど、プラ
| remove | 2006/10/19 12:04 AM |
マイセンに使われているお花ってたくさんあるんですが、カウパレードといって、毎年1回、世界各国に、「牛をモチーフにした作品」をアーティストが町並みに、作品を展示しているイベント。2003年には「マイセン カウ」といって、マイセンで使用しているお花で象徴してい
| Blog Nao's Style | 2006/10/19 1:05 AM |
マイセンの5人組といわれる一人、ハインツ・ヴェルナーのレリーフプレート「ドンキホーテ」です。 白抜きの部分を残して、色を塗っていく技法があるけれど、そんな感じ。赤がほんとにポイントで右上の鳥、中央の馬具、左下の花にだけ、もちいている。そして、XAIが色
| Magnum Photos Photographer | 2006/10/19 1:21 AM |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--