ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
Léonard Foujita La Petite Fille a la Rose
Léonard Foujita / SAI
Cordon Rosé 藤田嗣治の話といえば、謳い文句のひとつに「La Chapelle Foujita」、「藤田画伯ゆかりのシャンパーニュ」で、「マム・コルドンルージュ」、「マム・ロゼ」がでてくる。僕は、藤田だけは好きである。

以前にも記したかもしれない。「その絵を好きだからといって、その画家を好きなわけではない。」ということを。だけど藤田に限っては、どの絵が好きというよりも、藤田がいろんな境遇で描いただろうというだけで、彼が好きである。

だから、そんな話を聞くのも好きである。

ところで、モンパルナスの「クーポール」で、藤田はシャンパンハウス「
マム」のルネ・ラルーと出会い、「コルドン・ルージュ」がふるまわれ、マチスにブラック、ピカソに藤田といった顔ぶれが飲み干した。30年後、ルネ・ラルーと再会した晩年の藤田はマム社のシャンパンのボトルネックデザインを手掛けたという、どこでも聞く話であるが、ボトルネックというと、先の画像の薔薇である。

Mumm Cordon Rose実は、ヨーロッパへ行っていた後輩が土産話を持ってきた。藤田がデザインしたのは、「ロゼ シャンパーニュ」である。そうすると、下記のエチケットも、藤田がデザインしたものではないかという土産話。

これが、ロゼ シャンパーニュ「Mumm Cordon Rose」である。エチケットが、下記のものに非常に似ている。どちらが先かがわからないが、ボトルネックのデザインは少々違う。


この「Mumm Cordon Rose」が、藤田がデザインしたボトルネックを使用しているのだ。ただし、エチケットが少々違う。「ラ・プチ・フィーユ・ア・ラ・ロゼ(バラの花と女の子)」という作品からのモチーフっていうけれど、Le Petit Filles de la Rose? これってバラの小さな女の子ってならないか?(
疑問解決、絵はこちら) Petite fille et rosé? Rose fleur et Petite fille? Une fleur rose et une fille?タイトルがわからないなぁ。


Cordon Roséこの「Mumm Cordon Rose」のエチケットは、現在見られないようだ。つまり藤田がボトルネックをデザインした1958年頃のものだとすると、このエチケットは誰がデザインしたのだろう。

Brut - Cordon Roséや、よく「マムロゼ」と呼ばれているもので、正式にはChampagne Mumm Brut Roséは、藤田の「Cordon Rose」とは別。ちなみに藤田がデザインしたボトルネック「Cordon Rose」をネットで購入するのもなかなか困難。Mummは省略したほうが検索しやすい。だが、たまーにあるけれど、ボロボロのこんな状態。馴染みのワインショップやレストラン、グラン・メゾンなんかに聞いて見るほうがいい。

おまけ

マム・ド・クラマンMUMMのシャンパンの最高傑作がこれ、マム・ド・クラマン。ラベルデザインの角が折れているのは、このシャンパンが限られた友人たちへの贈り物という名残から。名刺の角を折って相手に手渡す社交習慣は「また会いましょう」の意味があった。日本だととんでもないことになる。

さて、Autour d'un verre(オトゥ−ルダンヴェ−ル)は、Around one glassのことだ。ワイン、カクテル、アペリティフを総称する。

オトゥ−ルダンヴェ−ルとアーティストのかかわりは藤田だけではない。リンク先からもわかるように、さまざまな画家たちが関わっている。特にシャトー・ムートンは、毎年エチケットが、さまざまな画家の作品を起用している。

そのほかのワイン、シャンパーニュ関連はこちら。
Die Verwandlung
| comments(2) | trackbacks(4) | -
pagetop
<< レクター博士の子守唄 グールドの「ゴルトベルク」 | main | Allegory of Painting  画家のアトリエ >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
うーむ、わたしは下戸なのでさっぱりわかりません。(じゃ書くなってね)
失礼しました。
とーし (2006/09/18 9:38 PM)
とーしさん、こんにちは。

「下戸」という言葉、ひさしぶりに聞きました(見ました)。

僕は、金曜日か土曜日には、ほんの1〜2時間でも「飲み」に行きますね。そこが、僕の「書斎」ですから。(笑)

ワインは、そこの常連である初老の方が、振舞ってくれます。僕らは「藤田側」で、この初老の方が「ルネ・ラルー」でしょうか。

大変気前のよい、懐(2つの意味)が大きい方なので、時々頂戴することがあります。

まだ、おいしいとか好みだとかというものは一切なく、ただ勧められるままです。

一番好きなアルコールは、日本酒でしょうか。

自分が小さい頃(クリスマスなどで)に、口にした「赤玉」の記憶があります。
sai (2006/09/24 11:54 AM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/50
PREMIER  JE SUIS, SECONDE JE FUS, MOUTON NE CHANGE われ、1級なり。 かつては2級なりき。 されどムートンはかわらず。 ムートンは、ラベルが毎年変わることでも有名だが、この1973年は、ムートンにとってもピカソにとっても特別な意味のある年だ
| remove | 2006/09/18 12:06 AM |
シャンパーニュの華ともよばれている「ベル・エポック(美しき優雅な時代)」にふさわしいエッチングボトルのアネモネの花。 アールヌーヴォーを代表するエミール・ガレがデザインしたのは1902年のことです。 ところが戦争がはじまり、「アネモネの花」のマグナム
| Life Style Concierge | 2006/09/18 12:12 AM |
藤田嗣治が、1958年に友人であるG.H.Mumm & Cieに贈ったものが「La Petite Fille a la Rose」(バラを持つ幼女)と言う一枚の絵。これが、さきほど友人のsaiの記事にある、ロゼ シャンパーニュ「Mumm Cordon Rose」のボトルネックに描かれた薔薇。この絵は、Mumm
| Life Style Concierge | 2006/09/18 1:55 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/10/25 8:55 AM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--