ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
チョーサー 女子修道院長の物語(カンタベリー物語)  修道女の肖像画
book / SAI

Prioress Tale

モリスのケルムスコット版チョーサー著作集
カンタベリー物語 (1896)より (部分)
「女子修道院長の物語」 by エドワード・バーン=ジョーンズ


エドワード・バーン=ジョーンズの「女子修道院長の物語」には、ご存知のとおりチョーサーの「カンタベリー物語」。美徳を示すような英国人中心のような気がするのは僕だけだろうか。とくにこの「女子修道院長の物語」にも見受けられる。

1896年にウィリアム・モリスとバーン=ジョーンズは「チョーサー著作集」を出版したが、その以前からバーン=ジョーンズはこの「女子修道院長の物語」を描いている。


チョーサーのカンタベリー物語から

もともとバーン=ジョーンズがチョーサーのカンタベリーにでてくる「女子修道院長の物語」をデコレートしたのがワードロープ。そうして1865年以降に取り掛かって1898年に出品されたものが、よくバーン=ジョーンズの記事に引用されている作品画像だ。

これはウィリアム・モリスの結婚祝いとして贈られたワードロープ。扉のなかにはモリスが絵を描いている。

このカンタベリー物語の「女子修道院長の物語」では一体何が語られているのかというと・・・。(あらすじではなく)

まずはカンタベリー物語の総序の歌で、主人公が「尼僧院長(女子修道院長)」をつぎのように歌っている。

Cabinet decorated with scenes from The Prioresss Tale_Ashmolean Museum

Prioress's Tale (1858-9)
エドワード・バーン=ジョーンズ「女子修道院長の物語」


※たいへん長いので僕的に要約

楚々とした微笑としとやかさ 尼僧院長のマダム・エグレーン
鼻にかかった聖歌の歌いぶりは まことに人柄がうかがえる
宮廷風のエチケットを堂々と真似て 人の尊敬を集めている
彼女のやさしい心根は・・・略・・・
優美なマントに珊瑚の数珠 
花文字のイニシャルAの金のブローチは
「愛はすべてを征服す」と彫られていた。

というような尼僧院長。この気取った彼女が語った話とは

「キリスト教の歌を歌った少年は、ユダヤ人に喉を切られ
聖母マリアが穀物を与えると 美しい声で歌いだす
こうして幼い命はもえ尽きて 殉教者として葬った」


血の中傷  ユダヤ人迫害の物語 ?  「女子修道院長の物語」

なんだかユダヤ人に対する憎悪を煽っているようにも思われる。

古代からユダヤ人の儀式「血の中傷」(wiki)というつくりあげられた迷信が、この時代も続いている。

ユダヤ人が過越しの生贄としてキリスト教徒の子供達を犠牲にするという儀式。それをこの女子修道院長の物語で語らせている。

Geoffrey Chaucer The Prioress Tale

モリスのケルムスコット版チョーサー著作集
カンタベリー物語 (1896)より
「女子修道院長の物語」 by エドワード・バーン=ジョーンズ
キリスト教の歌を歌っている少年


「ユダヤ人に喉を切られた少年」というところ。つまり「血の中傷」の犠牲となった少年ということを暗示させている。

この儀式「血の中傷」を、チョーサーはなんらかの事例をこの物語に引用したのかもしれない。(追記:wikiに引用していたとあった)。シェイクスピアでも金貸しだったがユダヤ人が登場する「ヴェニスの商人」だが、悪徳の役目を押し付けられるユダヤ人。

wikiより引用  1255年、イギリスのリンカン
1255年、イギリスのリンカンで子供が行方不明になり、ユダヤ人が疑われた。彼は馬の尾に結び付けられて市内を引き回された挙句、その他17名のユダヤ人と共に処刑された。それから二百年後の時代の詩人ジェフリー・チョーサーは著書「カンタベリー物語」の逸話、「女子修道院長の話」のなかで、リンカンでの血の中傷を取り上げている。

 バーン=ジョーンズ 「女子修道院長の物語」  デラウェア美術館

「チョーサー著作集」では、バーン=ジョーンズは気に入った物語の挿絵のみだという。「眠り姫(いばら姫)」もそうだけど、同じ場面を繰り返しながら何枚ものバージョンを描いている。

聖ゲオルギウス」なんかもシリーズのほかに家具の扉絵にまで描いている。「運命の女神の車輪」も少なくとも7枚だって。

この題材もよほどのお気に入りだったのだろう。モリス共々。

The Prioress Tale, 1865-98


これが展覧会に出品した バーン=ジョーンズの デラウェア美術館蔵 「女子修道院長の物語」(1865-98)だ。

ここにはっきりと5種類の花が描かれているが、ミレイのオフィーリアのように花言葉を強調しているんだろうか?

この作品を記事にしている方々の画像をみて、すごく違和感があった。ようやくそれがわかったが、皆さん下を少しカットしているんだよね。この扉の縁にこそ、「E B J」ってサインが入っているのに、どうして?


 レヴィ=デュルメルの修道女

レヴィ=デュルメルはフランス世紀末文学者ジョルジュ・ロデンバックの作品から絵画化しているが、彼の作品化には女優マルグリット・モレノの肖像画を重ねている。

Actress Marguerite Moreno in Georges Rodenbachs play The veil,1896

ベール 1896年 レヴィ=デュルメル
個人所蔵


レヴィ=デュルメルはフランスの象徴主義画家の一人で、アール・ヌーヴォーを象徴する装飾も手がけている。英国のラファエル前派に関心をもちバーン=ジョーンズのオマージュを作品化した。

記事 レヴィ=デュルメル Lucien Lévy-Dhurmer


実際にいた修道女


アッシジのサンタ・キアラ聖堂だったと思う。 英語よみではクレア(Clare)、またはクララ(Clara)というが、アッシジといえば聖フランチェスコ。聖クララ(キアラ)は1226年にフランチェスコが亡くなるまで、世話をしたという人。



アビラの聖テレサ(イエズスのテレジア)
ピーテル・パウル・ルーベンス


そのサンタ・キアラ聖堂に、ディエゴ・ベラスケスが描いた修道女に由来する人物が描かれていた。アビラの聖テレサ、イエズスのテレジア(Teresa de Jesús)だ。

アビラにあるカルメル会にいた人だが、僕は仏教だからキリスト教には疎い。聖フランチェスコVS聖ドミニカの戦いくらいは知っているけど。この二人はルーテル教会の聖人という共通したものがある




聖クララ(アッシジのクララ)1194-1253
アッシジのサン・フランチェスコ聖堂のフレスコ画
by シモーネ・マルティーニ(1284ー1344)


この人の名の教会に飾られているイエズスのテレジアは、スペインのローマ・カトリック教会の神秘家で、カトリック教会・聖公会・ルーテル教会で聖人となっているらしい。この人については厳格な禁欲者で、カルメル会の修道院に入ったことだけ。あのルイ14世の愛妾だったルイーズ・ド・ラヴァリエールもこのカルメル会だ。



修道女ヘロニマ・デ・ラ・フェンテ 1620年
ディエゴ・ベラスケス


修道女ヘロニマ・デ・ラ・フェンテ(1555年- 1630年)は二人の聖人と違って、人間の修道女として描かれている。この勇ましい表情。

過去記事 「ディエゴ・ベラスケス 二人の聖女

聖クララを描いた、ウフィツィ美術館にある「受胎告知」が有名なシモーネ・マルティーニ(Simone Martini)の聖人とは違う。アビラの聖テレサ(1515-1582)と出会い修道女となったヘロニマ・デ・ラ・フェンテ。




アビラの聖テレサ(イエズスのテレジア) 1615年
ピーテル・パウル・ルーベンス


ルーベンスが「アビラの聖テレサ」を人間の修道女として描いたような作品。たぶん伝説や聖人としてではなく、一人の修道女として描いたのだろうか。

ベラスケスが修道女をありのままに描いたのは、このルーベンスの聖テレサが手本だったのかもしれない。

聖堂に飾られたり、伝説を描きこむような作品よりずっといい。ベラスケスはフェリペ4世と修道女の肖像画だけはルーベンスに勝ったかもね。


Agustín García Zorro de Useche. Éxtasis de Santa Teresa de Jesús

イエズスのテレジア サンタ・キアラ聖堂
アグスティン・ガルシア・ゾロ・デ・Useche



ヨハネと聖母 サンタ・キアラ聖堂
バルタサール・デ・フィゲロア



作者不詳 聖ぺテロとイエズスのテレジア
サンタ・キアラ聖堂

| comments(0) | trackbacks(2) | -
pagetop
<< Baroque 歪んだ真珠 青い血のスペイン・ハプスブルグ家 | main | ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/45
バーン・ジョーンズの作品をみんなで書こうよ!って楓が言い出したのがかれこれ数年前なんだよね。 ところがsai やalei がさ、本物を知らないでポストカードやポスターで「好き」だと感じる作家じゃないんだよってたしなめた。 たしかにバーン・ジョンズの作品の
| Maki's Style blog | 2010/05/19 9:02 PM |
まえにalei 達がクロード・ベルランドの記事をアップするからってネタ回してくれたけど、sai の記事に「絵画のマルキ・ド・サド」ってあったように、みんなの記事を見るだけで精一杯。あんまり好きじゃない画家だから。 バーン=ジョーンズ・・・。どうだろう。ところ
| ComicStrip Jr | 2010/05/20 7:13 AM |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--