ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
九月九日 重陽 眠れる美女から
フォー・シーズン / SAI
琳派 明治時代 作者不詳「菊図 部分」重陽の節会に菊を眺め菊酒、菊茶を飲むというのが邪気を祓い不老不死を叶えるという。室礼もたしなみたいというこの頃だ。節句の最後である重陽の日だが、雛や端午のような段飾りではなく、屏風などを室らうのも良いではないか。とはいえ、僕が毎年1度の出し入れを面倒になるのが目にみえている。さて、これは海外のオークションの出品の屏風であるが、作者不詳だが、琳派ではないかと思う。時代は明治だ。


川端 康成, エドワード・サイデンステッカー,表紙イラスト クリムト:眠れる美女―House of the sleeping beauties九月九日誕生には、ソニアリキエル、歴史家 石母田 正、十二代目片岡仁左衛門のほか、映画監督の吉村公三郎がいる。僕は、この人のことは何も知らないが、川端康成の「眠れる美女」をフレデリック・クレマンによって、先練された官能的ビジュアル本をKAFKAがアップし、久しぶりに思い出したところであった。

↑エドワード・サイデンステッカーの「川端康成 眠れる美女」は、クリムトの表紙。拡大イメージは
こちら

さて、ネクロフィリア(死体性愛小説)ともいうべき作品を吉村公三郎が映像化したのが、1968年のこと。
鎌倉に住む老作家の江口は、友人の木賀と福良に“眠れる美女の館"を教えられ、時々そこを訪ねていた。老人たちは、深く眠って目を覚まさない少女と一晩を明かし、素性を知らぬまま、翌朝には、去るのだ。
この眠れる美女の館というのが「娼館」であろう。

老人たちは裸体を前に、老いの絶望に駆られ、あるいはやすらぎを求め、過去の悔恨にひざまずいたりもした。

最初に福良老人が、“眠れる美女の館"で死んだ。
つづいて木賀老人もその家で頓死した翌日、死んだように眠る少女の胸に、老人たちが断末魔のあがきで残した爪跡を見て慄然とした。

やがて娘の結婚式が挙げられ、その終わったあとに、ハイスピードの一台のオートバイが・・・。

川端康成 収録「眠れる美女」「片腕」等1968年の江口は、田村高廣、1995年では、原田芳雄が演じているが、1995年版では娘の名前が「菊子」に変わっている。

さて、重陽には長寿を願う節句の名残りがある。七百歳まで生きた仙人の伝説に、「少年の容姿のままであった」という。“眠れる美女の館"で頓死することもないようだ。

さて、いよいよ自分の年齢を意識する日でもある。長寿を願うとは、つまり「死」を意識することに他ならないのだ。“眠れる美女の館"で、老人たちが老いの絶望に駆られるように。

最後に
花の香をけさはいかにぞ君の為 まゆひろげたる菊の上の露
   by「忠見集」より
| comments(2) | trackbacks(11) | -
pagetop
<< 帝王学 | main | keith haring at the NW corner of prince キース・へリング >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
私、文学駄目人間で「眠れる美女」もよんでませんが、字面からフトした連想。

江口はエロのアナロジーかなって。
とーし (2006/09/10 9:55 PM)
とーしさん、おはようございます。

「眠れる美女」と「眠れる森の美女」の違いも解らない僕でしたよ。(笑)

こんなすっごい「変」な物語を、川端康成は書けるんだという「変」な尊敬を抱きます。(笑)

>字面からフトした連想。江口はエロのアナロジーかなって。

間違いないと思います。

ただ、この作品は、年齢や年代で、ガラリと変わりそう。40代前半、後半。50代前半、後半、60代、70代・・・と、変に思えたものに納得したり、納得、共感したものに「変」と思えたり。当初、変態小説だ!と思った僕は、いま文芸だと思っていますが、もしかしたら、来年は、やっぱり「変態小説だ!」と思うかもしれません。(笑)

昨日、たまたま故梅原龍三郎の生前のTV出演が放映されていました。晩年、ピカソが「すごいエロティックな裸体を描いている。それがいやらしくない。羨ましい。僕もそれを描こうと描いた。いやらしくないと思うが、あとになって、いやらしいと思う。まったくピカソは羨ましい。」と言っていました。

僕が以前の記事で、「ピカソはエゴン・シーレのように、すごい絵がたくさんある」と記したことがあります。一見「変態」にみえるかもしれません。

それがある時期「情緒」に思えたり。

人間って不思議です。
sai (2006/09/11 6:58 AM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/38
御紋章菊ともいわれる一文字菊。菊は奈良時代中国から渡来。皇室や公家を中心に鑑賞花となり、菊の紋様を用いるようになったといいます。こうして、「菊花紋」が皇室専用の紋章「十六重菊紋」となります。この一文字菊が、花びらの数が十六枚前後の一重咲き。 今日の
| Magnum Photos Photographer | 2006/09/09 4:24 PM |
菊図屏風 19世紀 江戸時代 琳派の画家、鈴木其一による菊図 remove 名古屋ボストン 美術館で花鳥画の煌き‐東洋の精華展より 今日は菊の花、菊酒、菊茶で祝う「重陽の日」である。Sinの誕生日でもある。おめでとう。
| 変身抄 | 2006/09/09 4:34 PM |
梅荘顕常 賛 維明周奎 画 「菊図」 重陽にちなみ、相国寺にちなみ、Sinの誕生日にちなみ、「菊図」。 詩文は相国寺の僧、大典禅師・梅荘 顕常(ばいそう けんじょう)だ。維明周奎(いみょう しゅうけい)は、若冲に画を学び、水墨を得意とした。方丈の「梅の間
| Magnum masse | 2006/09/09 6:57 PM |
Sin、誕生日おめでとう。昨年の「四字熟語譬え」で、君に贈った「阿吽二字」を今年も贈る。(みんなもそうしているみたいだし) 今日は重陽の節句でもある。う〜む、今年もこの画題の火付け役は楓か〜。 重陽らしく菊酒の話。昨年は、菊酒に失敗。ほんの少し、散
| remove | 2006/09/09 8:04 PM |
凝灰岩の中の割れ目に結晶化した方解石の模様。これが菊の花に譬えられて、「菊花石」とか「菊花紋石」とか言われています。 なんといっても今日は重陽の日で、ネット仲間の「画題」ではないが、毎年のこの時期、楓が「重陽の日」の記事をアップしている。 まずは楓か
| 何の印象もないBlog | 2006/09/09 9:56 PM |
今日は重陽の日です。 僕らのネット仲間が、どんどん記事をアップしています。実は、
| Stylish-Club | 2006/09/09 10:49 PM |
重陽の日は9日。菊酒で祝う日でもあるのですが、もともとは菊茶からはじまった中国の
| KAFKA | 2006/09/09 11:18 PM |
日本語訳では、「アリスの不思議なお店 」 です。二本の錆びた筆と小天使の扉をあけると、遊び紙、フランス語のタイトルとクレジット、トレーシングペーパーから透けた日本語とオブジェの眺めのよい本に釘付け。 フランス語とのエッセンスは異なる部分がありますが、
| Life Carrer Counseling | 2006/09/11 12:26 PM |
Art de Vivreで紹介された、フレデリック・クレマン「眠れる美女」の装
| sweet-sweet-sweet | 2006/09/11 12:27 PM |
フランス語 Bel oeil とは、直訳すると「美しい瞳」である。 フレデリック ・クレマン ビジュアル ブック「Bel oeil」だ。 Pas de lune. Pas sommeil. Mer d’encre de poulpe. Tentacules flasques autour du phare, luisantes, gluantes. Mon cam&ea
| Magnum masse | 2006/09/11 6:31 PM |
フレデリック・クレマンの最新作「Le luminus tour. Et son
| Stylish-Club | 2006/10/22 5:56 AM |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--