ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
THE KISS Edvard Munch−エドヴァルト・ムンク
ムンク Munch / SAI
昔の言葉なら、抱擁しあう男女の接吻であろう。顔も身体も背景も溶け合っている。誰も入り込めない、その隙も与えない二人だけの世界だ。

Edvard Munch
1897年 「The Kiss」(接吻)
Munch Museum



一体、この男はどんな顔、表情をしているのだろうか。幸福感か、ある満足感なのか。この男の気持ちを、その抱擁する女性がすべてを占めている。
−1892年 「The Kiss」



The Kiss, 1902
1902年のこの作品は、ちょうど以前の恋人のトゥラ・ラールセンとトラブルになり、発砲事件があった年である。このトゥラ・ラールセンが描かれているのが「罪」(岐阜県美術館蔵)だ。それ以前の恋人が、盗難にあった「
マドンナ」のモデルである。


Couple on the Shore
(from the Reinhardt Frieze), 1906-07



The Kiss
The Kiss, etching
Digital Archive of Art
「The Kiss」 製作年 
木版画
1897-98/c.1902 art-e-card
エッチング 1895年



The Girl and Death最初の恋が人妻ミリー・タウローであったという。「THE KISS」は、ミリーの影響を大きく受けて描いているという。
さて、この作品は「死と少女」である。

kissのシーンだが、タイトルはkissではない。kissのタイトルをもつムンクの作品は、「
The kiss of death」(エッチングで髑髏と少女の構図)、kissの構図で「Death and the Maiden」(骸骨とkiss)がある。


死と少女(乙女)は、精子と胎児が描かれているが、マドンナのエッチングの精子のほうが、わかりやすいかもしれない。文中の「マドンナ」リンク先からご覧いただきたい。

この精子と胎児は、女性の「生」が、常に更新され、死を克服している象徴として描かれている。ムンクはこうした女性の機能を、「思春期」にも象徴している。ムンク代表作「叫び」は
こちら

追記
4ヶ月ちかくログインしていませんでしたので、kimartさんの永久休止をremove から知りました。孤独プロジェクトの開始でしょうか。kimartさんのサイトにあったムンクつながりで、記事にしてみました。どうぞ、お元気で。

画像引用サイト©
CGFAart-e-cardfolk.uio.no
| comments(2) | trackbacks(2) | -
pagetop
<< 杉浦非水 ゼツェッション | main | 日本橋 ヌエットと巴水 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
何度やってもトラバが送信できませんでした。ふ〜っ。・・・ごめんなさいね。
(2006/07/16 9:32 PM)
楓、トラバの件は気にしない。「ふ〜っ。・・・」はため息でしょうか?(笑)

ところで、雷に雨が強くなってきたね。明日は、雷の音は聞きたくない。仕事だからね。

楓同様に、雷が嫌いな僕です。
遠雷の頃に、ちょっと所用で出かけ15分ほどで帰宅した途中、君の家の小路を横切りましたが、ベランダに1枚ヒラヒラ(ハンカチかな)していました。この雨の中どうしているのだろうと気にしていますが。
sai(xai) (2006/07/17 4:50 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/34
kimuart君、元気だろうか。久しぶりに(4ヶ月ぶり位?)、某SNSへログインすると、交流していた kimuart が2006年6月6日で「永久休止」のメッセージが入っていた。僕らの仲間うちには、ふ〜や眞のほかにも訪問していたのではないかと思い、ここで知らせておく。 kimu
| remove | 2006/07/16 9:02 PM |
ムンクが盗まれたから2年。ようやく発見されたらしいよ。オスロのムンク美術館から、「マドンナ」と「叫び」が消えたのが、2004年8月だった。 「ムンクのマドンナ」から多種多様なマドンナをみて。精子が描かれているムンクのマドンナもある。 「ムンクから−666のラ
| XAI | 2006/09/05 8:46 PM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--