ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
夢二 絵入歌集
book / SAI
竹久夢二「絵入歌集」 口絵玉勝間あはむといふは誰なるか逢へる時さへおもかくしせず。−「絵入歌集」より。

僕は生理的に夢二は受け付けない。特に「夢二的美人」は大嫌いである。

画伯と呼ばれることがない「絵」の世界を選んだ夢二。


だが、画伯への道を選択していたらどうだったのだろう。一世風靡をすることはなくとも、日本画家として名を残すこともできたのではないだろうか。その作風はきっと、この口絵のようにさりげなく、それでも鑑賞の余韻を残すに値する名作にちがいない。この口絵をみてそう思った。

関連記事
立田姫
DECO 夢二
世界でいちばん美しい詩 林古渓 「浜辺の歌」
| comments(8) | trackbacks(2) | -
pagetop
<< 円山応挙 Maruyama Ōkyo | main | 伊藤若冲 玄圃瑶華 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
この絵はまた、用いている色彩、その色彩の配置共素晴らしいですね。
マティスを連想しました。

とーし (2006/07/28 8:18 PM)
とーしさん。

マティスといえば、「顔」を思い浮かべる僕ですが、夢二のこの口絵から連想されたとは、なるほどです。なんだか、その線ですね。顔は描かないほうがいいですね、夢二は。

この頃から、海外の色づかいを意識しているのか、日本画に見られないようなカーテンの青緑。トーンがモダンなんでしょうね。
sai (2006/07/31 12:00 AM)
saiさま

>海外の色づかいを意識しているのか

どうなんでしょう。
とび抜けた才能の主ですから、意識していると言うより、意識せずとも、和洋を問わずあらゆるものを咀嚼、吸収していた、という考えは有得ると思えます。
とーし (2006/07/31 5:45 PM)
とーしさん。

夢二の才能は、色の和洋折衷というか、和も洋も隔てなく、色使いを楽しむ才能があったということですね。

なるほど。

今日、帰宅の途中に、「別冊 太陽 夢二」をパラパラとめくってきたところです。(立ち読み)

ポスターやポストカード、楽譜のイラストまで、びっしり掲載。

みたことのない絵の他に、色使いのトーンもさまざまで、15分くらい読んでました。

そういえば、波止場で抱き合っている男女も、ヨーロッパ風の構図と色彩だった。

夢二には、彩の才があったのでしょう。
sai (2006/08/01 12:39 AM)
私も夢二を軟弱な絵描きと敬遠していたのです。saiさんが立ち読みされたのは同じものかもしれません、手元にないので確認できませんが、確か太陽の別冊だった筈です。かなり前なので違うものかな ?
まっ、とにかくそれをもって夢二に驚嘆から駒、と駄洒落が出ちゃうほど驚
き反省したのでした。
とーし (2006/08/01 5:56 AM)
とーしさん。

きっと同じものですよ。近所の本屋さんに、別冊 太陽が、バックナンバーをきらすことなく、ずらりと並んでいるコーナーがあるんです。いつ行っても、別冊太陽があるので、いつも立ち読みです。(別冊太陽さん、ごめんなさい。)

ちなみに、若冲のコメントありがとうございます。僕の近所に2つの本屋さんがあり、どちらも若冲の書籍は1冊も揃えてない。

駅前の2件の本屋さんは、どちらも¥2000前後の書籍が2種類程度・・・。棚に4冊程度並んでいるだけ。

東京出張の折に、本屋さんに立ち寄ってみると、種類や並べる量がまったく違う。これが地域性なんだと実感。

そして僕の街には若冲は展覧会などで来ないんです。つまり旬のアーティストの文化から見放されているのです。

これは、僕たち市民の文化・芸術意識が低いからなのか・・・。美術館の経費の問題なのか・・・。

そうそう、夢二に「驚嘆から”駒”」ですが、年代や経験によって、感覚が研ぎ澄まされていくんでしょうね。僕はまだ鈍いですよ。(笑)
sai (2006/08/02 12:01 AM)
東京出張って、saiさんてっきり東京もんと思ってたけど。
差し支えなければ、どちらなんですか。

 >僕たち市民の文化・芸術意識が低いからなのか・

北海道とそちらとのその差は大きいでしょうが、それにしても日本人の芸術意識なんて、そもそもないに等しく思えます。でなければ私が変わり者扱いされる訳がない。
それが言いたかっただけですけどね。
とーし (2006/08/02 7:54 PM)
>私が変わり者扱いされる訳がない。

いや、爆笑しました。僕は、とーしさんの感覚が好きだな。

>日本人の芸術意識なんて、そもそもないに等し

そうなんですよ。だって、ちょっとした日本のお金持ちって、芸術家のパトロンになろうなんて気がないでしょ。そりゃ、大倉家や出光家相当のお金持ちは別として。パトロンというか、有名・無名に関わらず、自分がいいと思う作家の作品を大事に収集することができない。

専門家なんかの「お墨付き」を欲しがるし。ワインの薀蓄じゃないんだから。ヴィンテージワインだって、そうでしょ。

とにかく、自分の価値観や感性を信じる芸術感覚がないですよね。これは、日本の教育や環境によるのかな。
sai (2006/08/03 1:02 AM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/33
抒情画の領域で、一世風靡を果たした竹久夢二。杉浦非水同様に、アール・ヌーヴォー
| KAFKA | 2006/07/28 9:13 AM |
竹久夢二、伊東深水、鏑木清方、高畠華宵 、島成園、木谷千種、池田蕉園 、中原淳一
| mari-note | 2006/09/07 1:04 PM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--