ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
杉浦非水 ゼツェッション
杉浦非水 Hisui / SAI
sugiura_hisui_02三越では着物柄まで着手した杉浦非水。彼のデザインはへぇーと思うものもあれば、日露戦争後の政治背景色のつよい作品には、ちょっとと距離を保ちたくなる。

僕の性質を理解していただいていると思うが、芸術家において「好きな作品」として鑑賞するので、芸術家自身(作家、画家等)への陶酔がない。(藤田嗣治は別。彼は好き)

アール・ヌーヴォーの寵児とも言われる非水。この日本のアール・ヌーヴォーといわれる時代には、浅井忠や
神坂雪佳も存在し、非水と同時代の芸術家たちになる。

浅井と神坂は、パリ万博にもでかけ、浅井はアール・ヌーヴォーに感動し、神坂は日本の芸術を取り入れていると判断し、わりと淡白な反応だった。

sugiura_hisuiこの神坂雪佳は、当時のアート・コーディネーターのように、芸術をプロデュースしながら琳派を継承する。
非水も日本画家を志ていたものの、グラフィックデザイナーとして、ポスター、雑誌、ポストカードのほか図案集レトロスタイルなども出版している。

美人画が多いと思われるかもしれないが、非水も雪佳同様に工芸作品もある。

さて、非水はゼツェッション様式に目覚めた。簡単に説明するとパリではアール・デコと呼んでいる。つまり、「世紀末ウィーン」ではゼツェッション」(分離派様式)で、以前の記事「
ヨーゼフ・ホフマンとクリムト」で、ヌーヴォーとデコの建築と装飾を携えたストックレー邸を取り上げたが、このクリムトこそ、「分離派」を旗揚げしたのだ。

話は変わって・・・
ゲスト(訪問者)の皆さん、楓やaLeiをはじめ僕らの仲間たちにね、ちょっといい話。山のおもむき めちゃいいです。山野草の写真がたくさんある。楓なんか泣いて喜ぶよ。花があり、カゲロウの写真もありました。
| comments(5) | trackbacks(6) | -
pagetop
<< ジェームズ・クインのMadame J. Takeuchi | main | THE KISS Edvard Munch−エドヴァルト・ムンク >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
この記事関心あります。
ギマール、ホフマン、ガウディ、浅井忠の才能に心ひかれていますが、この非水という人は知りませんでした。
とりあえずネットで、ちまちまと調べてみます。
記事終わりの方でびっくり。わざわざ紹介していただき有難うございます。
とーし (2006/07/10 4:57 AM)
こんにちは 初めてお伺いいたします

こちらを拝見して、びっくり!
ご紹介くださったんですね
ありがとうございます

ガガンボカゲロウについて、お返事を書いたときに見当違いのことを書いてしまいました
おっちょこちょいなもんで、、、

とてもステキなサイトですね
こちら方面のことについての教養がないのですが、時々お伺いさせていただきたいです
yuuko (2006/07/11 8:14 AM)
とーしさん
ギマール、ホフマン、ガウディ、浅井忠は、僕も好きです。

じょじょに、アップしていきたい記事ですね。知らないことの方が多いのですが、引用できる画像を調べて、検索するのに便利なHPなどをリンクしていきたいです。

新・世界七不思議に、ガウディの建造物が候補に上がっているようですね。
xai (2006/07/12 8:54 PM)
とーしさん&yuukoさん
あっ!僕は、ここではsaiでした。もう一つの名前がxaiです。

ところで、yuukoさん
ガガンボカゲロウは、尾が3本あるようですね。お写真ではちょっとわからないですが、とてもよく似ています。
下記サイトはガガンボカゲロウの尾がはっきり写っています。みてみてください。
http://www.insects.jp/kon-kagerougaganbo.htm

「後翅がないのが特徴だそうです。」とありました。
http://www9.plala.or.jp/tokyoinsects/sonota-gaganbokagerou.htm

フタオカゲロウ科----- 3属11種以上にガガンボカゲロウが分類されているようです。
http://www.h2.dion.ne.jp/~aqinsect/seitai/kageroseitai/kagerosyurui.html
xai (2006/07/12 9:11 PM)
Sai、記事をありがとうございました。

とーしさんは、kafkaにもいらしてくださったとーしさんでしょうか?

コメントをプレゼントしていただいたのを、本日発見。

Saiへのコメントも拝見し、もし同じ「とーしさん」でありましたら、お詫びと返信をいたしましたことを、こちらに残させていただきます。
kafka (2006/07/13 8:15 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/32
日本のアールヌーヴォーの時代に活躍した杉浦非水(1876 - 1965 本名 
| KAFKA | 2006/07/09 10:59 PM |
大正期の文壇には芥川龍之介、有島武郎・武者小路実篤・志賀直哉ら白樺派、中里介山、菊池寛らが活躍し、演劇では小山内薫らが活躍する。 神戸市東灘区・灘区・芦屋市・宝塚市・西宮市・伊丹市を中心に阪神間モダニズムは、近代的な芸術文化・生活様式の発祥で、高級
| remove | 2006/07/09 11:04 PM |
杉浦非水は、まったくもってグラフィックデザイナーである。だが、この美人画を描観るだけだと、当時(明治・大正)の時代では竹下夢二あたりのロマン的な雰囲気が漂い、あとに続く蕗谷虹児、中原淳一までも思い浮かべるのかもしれないが、非水はちょっと違うのだ。アー
| Remove | 2006/07/09 11:52 PM |
      1935年「非水自伝六十年」に、「図案に進出しよう」という杉浦非水
| Stylish-Club | 2006/07/10 12:41 AM |
杉浦翠子 『愛(かな)しき歌人の群』 昭和2年・福永書店 妻であり歌人である 翠子(本名 翠)の装丁を手がけた歌集です。 大正に入り、ゼツェッション・スタイルを吸収した杉浦非水ですが、この装丁も非水独自のデザインになるのでしょうか。 アール・ヌヴォーに
| Panga | 2006/07/10 12:22 PM |
少し前の話ですが、手炙りの灰を片付けていた時にこんなモノが出てきました。 大蔵省専売局製の紙巻き煙草『響』。調べてみると、昭和7年〜昭和20年頃に販売されていた煙草のようです。デザインはナント杉浦非水!このリンク先の中央少し下寄りの左側写真にちっちゃ
| My First JUGEM! | 2006/12/14 1:14 AM |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--