ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
詩は有声の絵、絵画は無声の詩 ハムレットから (ハムレット機
ハムレット Hamlet / SAI
高階秀爾氏が、詩人と画家のそれぞれが技を自慢する比較芸術論について、素人の僕にもわかりやすい譬えをしていたことがある。

タイモンを讃える詩を披露すると、画家がこう言う。
「そのような運命の激変をあらわす寓意画なら
一千枚でも描いてごらんに入れますよ、
しかも ことばよりもはるかに実り多く。」
ルネッサンスのイタリアで、しばしば論じられたというこの話題は、シェークスピアも、自分の舞台に取り入れているという。

ドラクロワ作 「ハムレットと二人の墓掘り人夫」こうした「詩は有声の絵、絵画は無声の詩」という姉妹芸術は、シェークスピアの作品を絵画化した画家たちは多い。

Hamlet Online
Tate collection http://www.tate.org.uk/
Hamlet Art 1700-1899

ウージェーヌ・ドラクロワ(1798-1863)も観客の一人であり、さまざまな場面を描いている。

世にも憂鬱なハムレットを、ドラクロワが1839年に、「ハムレットと二人の墓掘り人夫 」のシーンを絵画に残しているのがこの作品。

第五幕一場の墓堀り人の場面であるが(Act V, scene i. Hamlet and Horatio with the gravediggers.)、
オフェーリアの死を知らないハムレットは、墓堀人夫が彫り上げた髑髏をみて無常の思いに浸っている。するとオフェーリアの葬列がやってくる。オフェーリアの兄・レアティーズにとればハムレットは、殺された父と亡くなった妹の仇である。その場で切り捨て刀の錆にせんとするのをクローディアスに押しとどめられて、奸計を授けられる。

ドラクロワのハムレット リトグラフ 
Act I, scene ii〜Act V, scene ii(16 scene)

ローレンス・オリビエ 「ハムレット 第五幕一場」 シェークスピアの四大悲劇であるハムレットだが、オフェーリアの狂乱の死も知らずに、髑髏を眺めているなど、なんと間抜けな主人公だろう。もともと、父の仇として叔父のクローディアスを討とうとするのだが、間違ってオフェーリアの父を殺してしまう。

すべてが空回りである。さらに復讐、狂気、殺しに家族という、
タイタス・アンドロニカス同様のシェークスピアの作品に多い設定のひとつだ。間違いで殺されたポローニアスは、レイアティーズとオフェーリアに、「思ったことを口に出すな」だとか「軽々しく行動に移すな」と言っていた場面もあるが、まさにそのとおりだ。

悲劇は悲劇なのだが、レイアティーズくらい洒脱であれば、回避できる場面もあっただろうに。愛するものを、自分の復讐劇に巻き込まぬよう、遠ざける台詞などもあるが、相手や自分の精神(成長)レベルを考えない発言や曖昧な言い回しは、うんざりする。つまり興味深い台詞としてことば遊びや、新しい語彙をこの戯曲に取り入れているシェークスピアは、あまりに長々しい。

Sir John Gielgud 1934年にハムレットを演じる。Sir John (London: Robson Books, 1994)は、彼に捧げられた文集で、深い人柄が偲ばれる。シェイクスピア劇を得意とし、1996年のハムレット -Hamlet には『劇中劇』の王役で登場する。1953年にナイトの称号を授与。2000年5月に亡くなっているが、1999年まで現役を貫いている。僕の尊敬する人物の一人。ローレンス・オリビエは彼の門下である。ことば遊びでは、ほかのサイトでも引用しているのが、SON(息子)とSUN(太陽)の地口である。イス・キャロルも良く使う手だ。
KING. 「But now, my cousin Hamlet, and my son・・・.」
HAMLET. −aside (科白)−
「A little more than kin, and less than kind!」
KING. 「How is it that the clouds still hang on you?」
HAMLET. 「Not so, my lord. I am too much i' th' sun.」



「ところでハムレット、甥でもあり、今はまた我が息子でもある。」
「−科白−
 近親関係は濃くなったにはちがいないが、親近感は薄れるだけさ。」
「どうしたのだ。おまえの上にはいつも雲が翳っている。」
「いいえ、それどころか、突然晴れがましさがあらわれます。」

これは息子と呼ばれる義理がないことを強調している。

邦訳ではSUNとSON(夏の夜の夢でも使用してる)の同音意義語を強調していないが、この邦訳ではハムレットのセリフにある「近親相姦」と「親近感」、そして「濃く」と「薄い」を強調している。

「近親相姦」」と「親近感」は「近親」を逆にした言葉を用い、「濃く」と「薄い」はその逆さまにした言葉を反対語で強調している。と読めばちょっと笑えるでしょう。

「KIN」と「KIND」もシェークスピアは重ねている。それを単語直訳だと「親類」と「種類(あるいは親切)」になり、翻訳者は「近親」と「親近」にしたところをみれば、なお面白い。

シェークスピア 「ハムレット オリジナル」 挿絵 ドラクロワ「To be, or not to be: that is the question.」−このままでいいのか、いけないのか、それが問題だ。− とハムレットは語るが、エディプス・コンプレックスの「決心が鈍る男」なだけだ。

William Shakespeare's Hamlet in it's original version

1600年に初演されたシェークスピアの戯曲「ハムレット」は、デンマークのサクソ・グラマティクス(1150〜1220)が歴史、神話、民族物語などをアイスランドの資料を用いてまとめた「デンマーク人の事績 (Gesta Danorum)」からきているらしく、文学史家達たちが「SAXO GRAMMATICUS」をハムレットのアムレズスの最古の資料として認めているものだ。そこにシェークスピアが脚色したのが「ハムレット」である。 Louis Moe (1857 – 1945)によるサクソ・グラマティクスのイラストが残っている。

Ophelia, Hamlet, and the court watching the "mousetrap"
play-within-a-play



"The Play Scene in Hamlet" by
Daniel Maclise (1842)

Deutsche Shakespeare-Gesellschaft
Enjoying "Hamlet" by William Shakespeare

Act III, scene ii. The play-scene. 1838

ドラクロワ 役者たちに父の毒殺場面を演じさせるハムレット 1843


1868年、オペラ座でシェークスピアのハムレットが初演される。作曲は、シャルル・ルイ・アンブロワーズ・トマ、台本は、ジュール・バルビエ、ミシェル・カレだ。このハムレットで面白いのは、国王弑逆の芝居を内舞台で演じる場面である。

:Act III of Shakespeares Hamlet, Claudius and the theater(English Restoration actor Thomas Betterton as Hamlet, c1661)

トーマス・ベターソンのハムレット 劇中劇の場面


オペラ座の初演よりはやく、トーマス・ベターソンがハムレット役で1661年に演じた劇中劇の場面の絵画作品がある。

内舞台で演じる旅劇団の芝居を玉座の国王夫妻が見物するシーンだ。演じながら演じるものを見るのである。入り組んだ台詞だけではなく、子細工風の場面があるわけだ。

そのほかの画家が描いた「ハムレットの劇中劇」はこちら
記事 ハムレット劇中劇 「人間はなんという傑作だ!」 The Play Scene in Hamlet


ドラクロワのオフィーリアの死

ドラクロワとミレイのオフィーリアは同じ時期に描かれています。ドラクロワは「キリスト教のオフィーリア」で紹介したポール・ドロラージュと親しく交流をしていたようです。

lohasstyle.img.jugem.jp

Eugene Delacroix, The Death of Ophelia (1844)


lohasstyle.img.jugem.jp

Eugene Delacroix, The Death of Ophelia (1843)

lohasstyle.img.jugem.jp(Neue Pinakothek)

Eugene Delacroix, The Death of Ophelia (1843)
ノイエ・ピナコテーク所蔵


ドラクロワはミレイ以前にオフィーリアを描いた一人。1834年からハムレットの連作を手がけた一場面を何枚か描いている。今回の画像は楓がアップしたものをそのまま引用させてもらった。

というわけで。

2012年11月更新 ドラクロワのハムレット リトグラフ



Act I, scene ii. The queen attempts to console Hamlet. 1834

ハムレットを慰めようとする王妃


Act I, scene iv. Hamlet sees the ghost of his father. 1835

父の亡霊を追おうとするハムレット


Act I, scene v. The ghost and Hamlet on the battlement. 1843.

テラスの亡霊


Act II, scene ii. Hamlet and Polonius. No date

ポローニアスとハムレット


Act III, scene i. Hamlet reproaches Ophelia. No date

オフィーリアを非難するハムレット (シカゴ美術館


Act III, scene ii. Hamlet and Guildenstern. No date.

ハムレットとギルデンスターン


Act III, scene ii. The play-scene. 1838

ハムレット劇中劇
役者たちに父の毒殺場面を演じさせるハムレット


Act III, scene iii. Hamlet comes upon the king at prayer. 1843

王を殺そうとするハムレット


Act III, scene iv. The murder of Polonius. No date

ポローニアスの死


Act III, scene iv. Hamlet and Gertrude. 1834

ハムレットと王妃


Act III, scene iv. Hamlet and the body of Polonius. 1835

ハムレットとポローニアスの骸


Act IV, scene v. Ophelias madness. 1834.

オフィーリアの狂気


Act IV, scene vii. The death of Ophelia. 1843

オフィーリアの死


Act V, scene i. Hamlet and Horatio with the gravediggers. 1843

墓堀り人夫たちの前のハムレットとホレイショー


Act V, scene i. Hamlet and Laertes fight in the grave. 1843

ハムレットとレアティーズの墓場での決闘(シカゴ美術館


Act V, scene ii. The death of Hamlet. 1843

ハムレットの死


1843年のオリジナルはたしか13枚で、リトグラフに日付が入っている。入っていないものはあとで組み込まれたもの。

というわけで。

The rest is silence.




| comments(0) | trackbacks(4) | -
pagetop
<< アーノルド・ニューマン | main | ジェームズ・クインのMadame J. Takeuchi >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/30
ルドンといえば、強烈な色彩か、変わった妖怪のような版画を思い浮かべてしまいますが
| BLUE MOON | 2010/04/25 12:30 AM |
オフィーリア(死の婚約者)1842年 ギュスターヴ・クールベ オフィーリア(また
| mari-note | 2010/04/26 6:46 AM |
オフィーリアドメニコ・トジェッティ &ジェイムズ・ベルトラン オフィーリアを4年
| sweet-sweet-sweet | 2010/04/26 10:18 PM |
実在した王妃、神話の女神など女性の心を惹きつけるなかに、物語ではオフィーリアもその一人ではないでしょうか。 ジョン・ヘイター過去記事「オフィーリア」の肖像画からトピックし、また新しい挿画を追加しました。どうぞごゆっくり。 シェイクスピア ハムレット
| Life Style Concierge | 2010/05/02 12:07 AM |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--