ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
天才料理少年 百舌の孫(マガジン) VS 食戟のソーマ(ジャンプ)
book / SAI

世の中には、オリジナルとコピーがあるけど、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」は、中世の騎士物語の「トリスタンとイゾルデ」がそのソースにある。だけどそれをコピーとは云わない。

あのグリム童話の「いばら姫」は、シャルル・ペローの民間伝承「眠れる森の美女」と同じだよねー。

絵画作品のキリスト教絵画は、その主題を何世紀も画家たちが描いている。文学でも絵画でも、模倣やコピー、オマージュやパロディもあり。それをみつけるのも一興。特に漫画はさ、長い漫画歴がないと知らないかもね。

もず屋のから揚げは、少年ジャンプ連載中の「食戟のソーマ」に登場するけど、このもず屋の経営者の中百百鳥のもずは百舌鳥で、10年以上前の「天才料理少年味の助」は百舌を使用している。

このソーマの方のもず屋のから揚げは戦国大名のうまさの矢がびゅんびゅん飛んでくるけど、「天才料理少年味の助」の主人公の苗字は徳川だった。

このもず屋編は、「天才料理少年味の助」をソースにしたパロディでしょ。オマージュとまでいく?

「天才料理少年味の助」は、マガジン派ではないので知らなかった。同僚の一人から教えてもらった。 ―僕:「へぇー・・・」(アナタ、いい年してマガジンを読み続けてたんだー、と僕は思った。)―

それでどんなとこが似てんの?って聞いたらJコミ(http://www.j-comi.jp/)で無料で見れるっていうから見てみた。

へぇー・・・。昭和時代の連載かと思ったら2003-04の連載だって。善良で熱い主人公。特に町のコロッケ屋とチェーン店のコロッケ屋の話が、から揚げのストーリーに反映されてるっぽい。

でも、グリム童話の「いばら姫」か、シャルル・ペローの「眠れる森の美女」かという類似性よりも、全体的なストーリーからいうと、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」か、中世の騎士物語の「トリスタンとイゾルデ」ぐらいの違いがある。

ほらさ、ピカソをはじめベラスケスの「ラス・メニーナス」を作品化しちゃってるアーティストも多いし、なんかインスピレーションを与えてくれる原典ってあるんだねー。

追記
ジャンプ41号は、部活ものは後半に集まっちゃったってカンジ。ブリーチはせっかく9に数あわせしたのになんかふーんってカンジ。

ワンピース、ナルトは「確定ネタバレ」で、ジャンプ42号のナガレを読んだし。ストレス解消に役立った。

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< 虫眼とアニ眼 少年ジャンプ | main | ラファエル・エルナンデス わたしの愛する人々よ、ごきげんよう。 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/287

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--