ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
「象は忘れない」⇒慈善の殺人(お節介な殺人)
book / SAI

Elephant Can Remember


どんな些細な慈愛も、あるいは恨みも忘れないという諺の「象は忘れない」をそのままタイトルにしているクリスティー。

随分と前に読んで、10年に一度は読み返しているけれど、クリスティーの作品はすごく多いから、結末を忘れているから推理も楽しめる。

だけど、大分大人になった僕だから、ストーリーを忘れても、いろんな人間やいろんな事件やいろんな関係がわかってきたので、経験論的に推理できるようになった。「象は忘れないが、人間は忘れる。」ということだって。



このあとすぐに心中したシリヤの両親
ドロシアと双子のマーガレットと夫のレイヴンズクロフト将軍


たまたまドラマ版のCDDVDを見る機会があって映像を楽しんだ。

マーガレットの双子の姉ドロシアが、数週間前に崖から転落死。それから十数年。残された娘シリヤと青年デズモンドの婚約に反対するデズモンドの養母ミセス・バートンから作家のオリヴァー夫人に、この両親の心中を調査してほしいということになった。

どちらが先に撃ったのか(ミセス・バートン流にはどちらが先に殺したのか?)。心中か他殺か。僕的にはこの男女の後先ではなかったけど。飼い犬が倒れたレイヴンズクロフト将軍に寄り添っていた。



医師ウィロビーの父親
小説にはない十数年後の殺人第一弾 (はじまって3分後くらいで)


オリヴァー夫人がポアロを訪ねて来たところで、第一弾の殺人のことでギャロウェイから連絡がきた。医師ウィロビーの父親が殺されたって。この殺人は小説「象は忘れない」には出てこない。

小説中の医師ウィロビーは、双子に特化した精神科医。死んだドロテアとマーガレットは双子。ドロテアはインドで夫を亡くし、子守女に預けた長男が溺死。一人娘がいる(ドラマだけだっけ?)。ドロテアはマレー半島で隣人の子を死なせてしまう。

マーガレットは、ドロテアの恋人だったレイヴンズクロフト将軍と結婚。シリアと、いまはカナダにいるシリヤの兄エドワードがいる。家庭教師にマディ・ルーセル、ゼリー・モーウラがいた。



新しい登場人物 左端の女性は医師ウィロビーの事務員


シリヤと同じくらいの年頃のマリー。医師ウィロビーの愛人で事務員。

原作の「象は忘れない」の結末は、ここでも同じだけれど、原作に登場しない殺人や人物たちで新たな犯人が登場する。

見始めて30分弱で、シリヤの恋人デズモンドが太いゴムベルトで絞殺されかかる。このあとデズモンドはポアロに事件を依頼する。デズモンドは原作によるとある女優とバートン氏との子供。



ミス・オリヴァーと4つの鬘の話


原作もドラマもポアロが興味を示したのが、可愛がっていた飼い犬が心中する前のマーガレットに噛み付いた話、マーガレットが鬘を4つもっていた話。

原作とドラマ展開は違うけれど、下地はほとんど一緒。

このポアロシリーズで最後に刊行された「象は忘れない」は、高齢だったクリスティーがアルツハイマーの疑いがあった頃だったから、原作ではその兆候が少なからず現れて、原書には同じフレーズがいくつか文章中に登場していた。



13年前の少女


ドラマでは、過去の殺人事件の残されたシリヤ、そして殺されかけた恋人デズモンドよりも、医師ウィロビーがさかんに登場。

ポアロに父親のこと、この少女のことを語る。

このあと、ミス・マープル版で、「親指のうずき」に出演していたグレタ・スカッキに気がついた。あれ、はじめに登場したデズモンドの養母ミセス・バートンだってことに気がついたのが、このあたり。



ゼリー 「象は忘れない」


「象は忘れない」では、ゼリーは事実を知る象。小説では家庭教師だった。ネタバレになるからこの程度に。

このあと過去からの恨みを忘れない象が、シリアを殺そうとする。

母親と同じように突き落とされるところを助けられる。



象は忘れない 飼い犬
愛妻との誓いとその姉の名誉を守ったレイヴンズクロフト将軍


これは殺人であって殺人ではないけれど、ドラマ版では次の世代に殺人がおこる「きっかけ」にはなっている。どちらにしても浅はかな登場人物たちだった。お節介な人たち。

慈善の殺人でも悪意の殺人でも、恨みを忘れない人間がいるということだ。

晩年のクリスティーの作品では、主人公の探偵役は別として、殺人者も登場人物も面白いというキャラクターが少なくなった。だから物足りなさを感じるんだろうな。もったいない、こんなキャラを殺人者にしてさっ!っていう登場人物いたよね!ちなみにオリヴァー夫人はどの作品の中でも大嫌いです。



aleiが先に「青列車の秘密」をアップしてる。ドラマの方は殺人事件まで省いたんじゃないかと思うくらいぬるいと記事に書いていた。へぇー、僕も賛成。「無実はさいなむ」 ヨブの苦悩は楓がアップした。

| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< ラッパ吹きの休日 Bugler's Holiday | main | 虫眼とアニ眼 少年ジャンプ >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/285
人間って、事実に基づいて意図された虚偽を信用しやすいですよね。それは殺人に限らず、噂や個人の評価など、人間の日常にも潜むものです。「無実はさいなむ」では、身の証しを立てるために真実を語っても、自分や他の人々を貶める結果になることがあるということと、い
| Life Style Concierge | 2013/07/10 11:01 PM |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--