ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
青の時代-Period bleue
ピカソ / SAI
Self-Portrait (1901) ピカソ「青の時代 Period bleue」に描かれたセルフポートレートは、1901年だ。以前の「ばら色の時代」という僕のエントリーにトラックバックを頂戴した記事から、ピカソのながい名を知った。Pablo Diego José Francisco de Paula Juan Nepomuceno Crispín Crispiniano de la Santísima Trinidad Ruiz Blasco Picasso y Lópezというらしい。

日本語読みは、トラックバック先で確認してほしい。


Etreinte

この「Etreinte」(たぶんこのタイトル)も1901年の作品で、なかなかこの作風にはお目にかかれない。



絵画写真引用元:「ON-LINE PICASSO PROJECT」
http://csdll.cs.tamu.edu:8080/picasso/


Evocation (Lenterrement de Casagemas) by Pablo Picasso (1901)Evocation (英)
「L'enterrement de Casagemas」
Pablo Picasso (1901)

「回想」は、ピエタのようだ。
横たわるキリスト。

ミケランジェロ、ティツィアーノをはじめ、多数の芸術家が作製している。


親友カサヘマスは、熱愛していた女性がピカソを愛し、ピストル自殺を遂げる。それが「青の時代」のはじまりだ。

「femme」は フランス語で「女性」であるが、Femme fataleは、「運命の女」である。カルメン、サロメに登場する女たちのような。ギュスターブ・モローの描く「出現」や「白い蓮」をみるといい。

Femme qui reve a Venice (1900) Lionel Prejger Collection, Paris
Femme qui reve a Veniceはディティールを使用。エゴン・シーレに匹敵するくらい、微妙なシーンを描いている。

おとなしく横にいる犬も意味深だ。1900年の製作らしく、「青の時代」と呼ぶ前年になるだろう。

Lionel Prejger Collection, Paris/
A Picasso Anthology


The Kiss (1904) The Goteberg GalleryThe Kiss は、のちの「恋人」を連想させるような作風に思えた。

まぁ、長い人生、一度はやさしく女性に接する時代がある。女性崇拝の時期かな。一瞬だけど。

The Goteberg Gallery

Picasso:
Five Themes 
ポーラ美術館
2006年 3/18〜9/17

その他の作品
Satyr and Maiden,1906
Hermitage Museum
Picasso: The Early Years, 1892-1906
−National Gallery of Art, Washington
La Vie The Cleveland Museum of Art
The Old Guitarist, 1903/04 The Art Institute of Chicago
Le Repas Frugal, 1904The Metropolitan Museum
Pablo Picasso Gallery
| comments(0) | trackbacks(2) | -
pagetop
<< グレン・グールドとモーツァルトのピアノ | main | アーノルド・ニューマン >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/28
NHKの、ボリショイバレエ団の「スペードの女王」を観ていました。振り付けは、ローラン・プティ!これまでのクラシックなボリショイではない、モダンなバレエ。どうでしたか?このボリショイバレエ団から、「ロシア・バレエ団」と呼ばれた「バレエ・リュス」を思い出し
| Life Style Concierge | 2006/08/21 12:01 AM |
以前のブログから引越し中。僕は誰かさんのようにログイン方法を忘れたわけではなく、本体が終了することになって・・・。しかしながら50前後になるとですね、しばらくログインしなかったらパスワードよりもプロバイダなんかでメールアドレスがかわったりすると忘れ
| 何の印象もないブログ | 2010/01/15 12:24 PM |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--