ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
聖ローレンツ教会 (ニュルンベルク)
- / SAI

Standort: Nürnberg, Kirche (evangelisch-lutherisch), Sankt Lorenz Annen-Altar Hans Suess Kulmbach

聖アンナの祭壇 ハンス・フォン・クルムバッハ
聖ローレンツ教会 (ニュルンベルク)


左翼は聖ウィタリスとディオニュシオス、中央が聖母子と聖アンナに父なる神、右翼がと「?」とジギスムント、プレデッラには献呈者ファミリーに聖アンナ。

ハンス・フォン・クルムバッハは、ルターを擁護していたフリードリヒ3世 (ザクセン選帝侯)の宮廷画家の一人だったらしい。5年前から論争されているのが、リンデンハルト祭壇画。教会側はマティアス・グリューネヴァルトだと言い、専門家はハンス・フォン・クルムバッハの可能性が高いと言う。

いま、話題の人。→「マティアス・グリューネヴァルト イーゼンハイム祭壇画と十四聖人祭壇画」から

Engelsgruß

ファイト・シュトースの受胎告知 1517-18
(C) wiki


受胎告知のまわりには、キリスト降誕とかいろいろ聖母の生涯が描かれてる。ファイト・シュトースの聖母マリアの祭壇での「受胎告知」は、定番の祈祷書を読んでいるところに御使いがやってくる構図だけれど、正面を向いての受胎告知は珍しい。

聖ローレンツ教会 (ニュルンベルク)でアーティストの名前がわかるほうが珍しい。中世だから〇〇のマイスター(巨匠)とかで名が残ってない。

誰さ、こんな僕好みの作品を残してっていう祭壇画がいくつかあった。もう、誰なの?

Rochus-altar

聖ロクスの祭壇 1483-84


イムホフ家の礼拝堂があったらしい。聖ロクスの祭壇はこのイムホフ家の祭壇だったようだ。

Rochus-altar

聖ロクスの祭壇 扉面 Foto: Hagen Gerullis


Wolfgangs-altar

中央パネル「キリストの復活」
聖ヴォルフガング(ウォルフガング)の祭壇 1450年頃


検索しても画家はわからなかったがwikiにプラデッタの作品があった。このあまりにもプリミティブな祭壇画と彫刻が良かったよ、誰の作品・・・?

Wolfgangsaltar

聖ヴォルフガング(ウォルフガング)の祭壇 
キリスト哀悼もしくはキリスト埋葬  カメラ目線がいい


Wolfgangsaltar

聖ヴォルフガング(ウォルフガング)の祭壇 
我に触れるな キリスト復活


Katharinen-altar

聖カタリナの祭壇 1485 ミハエル・ヴォルゲムント


左翼、右翼はミハエル・ヴォルゲムントで間違いないらしい。この人もデューラーの工房にいた人。ハンス・フォン・クルムバッハもそうだけど、デューラーの工房に依頼していたってことかな?

Deocarusaltar

彫刻  翼祭壇 1316年 銀製聖遺物匣 1437年
デオクラウス祭壇 1436-37


Nikolausaltar

聖ニコラスの祭壇画


Johannesaltar

ヨハネの祭壇 1521


ヨハネといえばバプテスマのヨハネ(洗礼者ヨハネ)、イエスの愛弟子の使途ヨハネ、ヨハネの福音書の福音記者ヨハネと三人いるけど、フロントに「最後の晩餐」があるからイエスの愛弟子の使途ヨハネの祭壇だ。上部に聖ゲレオンの遺物があるらしい。

Krellaltar

聖クレルの祭壇 1483




聖クレルの祭壇 全体像




聖人


Dreikönigsaltar

東方の三博士の祭壇 1430


東方の三博士の祭壇画もよかった。左翼、右翼には受胎告知とかキリスト降誕とか。

Imhoffaltar

イムホフ家の祭壇 1420 上切れてます。


聖ロクスの祭壇もイムホフ(イムホーフ)家。ニュルンベルク市参議だ。

Henry Thomas Schäfer Inneres der St-Lorenz-Kirche Nürnberg mit Sakramentshaus

ヘンリー・トーマスの絵画の模倣作品
聖ローレンツ教会の聖体安置塔 1915


ヘンリー・トーマスの絵画の模倣作品には、修道士の姿も描かれている。聖体安置塔を守る当番の修道士だったのかな。

Nuremberg - St. Lorenz - Sakramentshaus

アダム・クラフト 聖体安置塔 1493-96


絵画作品にも残されているアダム・クラフトの聖体安置塔は、教会の天上までずっと続いている。四つの足の塔は、石職人が支えている。

Adam Kraft(C)wiki

槌を持つアダム・クラフト (聖体安置塔の台座)
(C)wiki


それはアダム・クラフト自身だった。かっこいい。この塔もインホム家(ハンス・インホム)の依頼のもの。



Wolf Traut Artelshofener Sippenaltar Bavarian National Museum, Munich

バイエルン国立博物美術館 (C)wiki


この祭壇画はもともとは聖ローレンツ教会 (ニュルンベルク)にあったものなんだって。



| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< グリューネヴァルトのシュトゥバッハの聖母子 聖母戴冠教会vs聖ペトロ&アレクサンドル教会 | main | ラッパ吹きの休日 Bugler's Holiday >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/275

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--