ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
分別と多感 ダッシュウッド姉妹とサドのJJ姉妹
book / SAI
やっぱり彼女もジェーン・オースティンをさほど気に入ってなかったんだ。と思った。

記事 ハノーヴァー朝 英国の美少女姉妹たちとオースティンの姉妹たち

僕はアンチ ジェーン・オースティンだから、僕的に楽しもうとするならば、何か究極な理由づけがほしいので、あえてサドのJJ姉妹(ジュリエットとジュスティーヌ)を比較してみた。

ちなみにアンチ ジェーン・オースティンの僕がなぜ「分別と多感」の記事を書こうかと思った理由は第17章にある。それは記事の一番最後に。





Sense and Sensibility (Blackstone Audio Classics Collection)

ジェーン・オースティン 「分別と多感」
CD ジャケット




1811年出版の「分別と多感」は、 1797年頃に書き出した。1787年、サドがバスティーユ牢獄で「ジュスティーヌあるいは美徳の不幸」、「ジュリエット物語あるいは悪徳の栄え」は、1791年に世にでた。

ジェーン・オースティンもサドも匿名だった。

僕的に英国のジェーン・オースティンが、フランスのサドのこの悪徳と美徳を読んだのかどうなのかってどうでもいいけど、なんかサドのパロディかと思える二人姉妹。

一人は分別があり、一人は多感(感情)な女。

分別は美徳のひとつだ。エリナーとジュスティーヌ。悪徳のジュリエットは快楽を追求する。何事においても熱烈なのがジュリエットと多感なマリアン。つまり対の物語の姉妹(JJ姉妹)とこの物語の姉妹(ダッシュウッド姉妹)は、理性と情熱に区別できる。


Marquis De Sade: Justine illustrations by Schem

ジュスティーヌあるいは美徳の不幸 1949年版


このオースティンとサドの姉妹物語は、サドはジャン=ジャック・ルソーの宗教を徹底的に破壊しているし、オースティンはルソーの「新エロイーズ」に象徴される「自然趣味」から派生した人工的自然の「ピクチャレスク」(ピトレスク趣味)を賛美していない。

記事 ルソーの妄想・空想・瞑想

ジェーン・オースティンが生まれる前の年、マリー・アントワネットがプチ・トリアノンを譲り受け、王妃の村里(ル・アモー)が完成したのはオースティンが9歳くらいのとき。このプチ・トリアノンは典型的な人工的「自然であるピクチャレスク」(ピトレスク趣味)だ。

記事 プチ・トリアノン Petit Trianon

「分別と多感」は、アントワネットが処刑された2年後に「エリナとメアリアン」を書き、それを元に冒頭にも書いたが1797年に書き始めた。

ジェーン・オースティンはサドと違って、ハッピーエンドのホームドラマ的な姉妹を描いている。

Sense and Sensibility:Jane Austen

ジェーン・オースティン 「分別と多感」


17歳のマリアンは芸術の鑑賞力を自負し、音楽をたしなみ、読書三昧の女だ。故に思考よりも感性が強く主観主義。姉のエリナーも読書が趣味だが、心的過程のひとつである思考をめぐらせることができるため客観主義である。

自分が楽しければ善であるというジュリエットとマリアン。

ジュリエットとマリアンを破滅から救ったそれぞれの姉妹ジュスティーヌとエリーナ。ジュスティーヌは雷に打たれて死んだ。そのジュスティーヌをみて、ジュリエットはその死に様に恐怖して目が覚める。マリアンはエリナーの忍耐と苦しみを知り目が覚めるというわけだ。

サドはフランス革命期に、オースティンは乱心したジョージ3世とオースティン愛読者でもありフランス亡命者を支援したジョージ4世の摂政時代に文筆に精を出した。

この姉妹たち。どちらも一人の人格に持ち合わせているものだ。分別と多感、美徳と悪徳。ほどほどに持っているものが、両極端に引き裂いたのはサドだった。

オースティンとサドを比較しているのは僕だけ。だって、ただ読んでもつまんないから。




The Cloak Room, Clifton Assembly Rooms c 1817-18, The Stoppage of the Bank

クローゼットルーム クリフトンの集会室 
(ジェーン・オースティンと英国の摂政政治) 
ロリンダ・シャープルズ




で、英国小説のアイドルジェーン・オースティンだけど、なんで社会的背景や時代のファッション性も男女や家庭の在り方も違う時代なのに、今でも読まれているってなんでー?

特別ジェーン・オースティンの作品に影響を受けた画家は見当たらないけれど、ジョージ王朝時代の絵画を象徴する作品には彼女自身が描きこまれている 。歴代「4人のジョージ」が君臨したハノーヴァ朝。ジョージ3世の摂政のジョージ4世は、1837年に崩御。このあと時代はヴィクトリアが18歳にしてハノーヴァー朝第6代女王に即位し1907年まで続く。

オースティンのどの物語をとっても幸せな結婚までの男女とその家族や親族のくだらないおしゃべりが中心の一種の結婚幸福論っぽいストーリーだけ。



だけれど当時の画家たちが描いた作品に、彼女の作品にあてはまる場面が多く描かれている。いや、当てはめただけというか・・・、似たりよったりの世界でさ。つまりは流行。

Miss Harriet and Miss Elizabeth Binney 1806 by John Smart  V&A

ハリエットとエリザベス・ビニー姉妹  1806
ジョン・スマート V&A




読書をする女、ピアノを弾く女、男女のいる風景画、男女のいる室内画、美しい肖像画に大きな屋敷、馬車と通りの人々。オーガスタン時代の画家ウィリアム・ホガース(William Hogarth)の家族団欒の集団画や不幸な結婚を主題にした連作「当世風結婚」などがある。

ジョシュア・レノルズ(Sir Joshua Reynolds)、トマス・ゲインズバラ (Thomas Gainsborough)なんかの肖像画に描かれた女性たち。

たとえばトマス・ゲインズバラの「リンリー姉妹」なんかは、「高慢と偏見」のジェーンとエリザベスにも見えるし、「分別と多感」のエリナーとマリアンにも見える。オースティンと同時代のジョン・ホープナー(John Hoppner)の姉妹肖像画だって同じ。

小説も映画もみーんな同じに見える。なんか馬鹿みたい。




Georgian Painting ?

The Jane Austen HandBook:
A Sensible yet elegant Guide to her world (page 66)

Christmas comes but once a year - Charles Green

「年に一度のクリスマス」 19th
チャールズ・グリーン(1840-1898)




なんか、「ジェーン・オースティン ハンドブック」にこうした絵画が掲載されていたらしい。これもなんでもありだね。別にジェーン・オースティンの作品のイラストでもないし、ジェーン・オースティンにまつわる作品でもないのに、ジェーン・オースティンの時代や生活がこんなイメージで表現されている。

小説も映画も絵画もみーんなジェーン・オースティンに仕立てられて。なんか馬鹿みたい。

いつの間にか、ジョージアン様式時代のジェーン・オースティンはヴィクトリア朝と融合されてしまった。

さて記事を書いてみて、なんでジェーン・オースティンが国民的アイドルなのかが、やっぱりわからない。わからないまま終わる。あっ、aleiくん、ジェーン・オースティンの記念切手ありがと!あれは嬉しかったから。



エリナー(Elinor Dashwood)という女性 ・・・こんな感じ?に思えるけど・・・

Richard Cosway-Marchioness of Queenston,1788

クィーンストーン侯爵夫人 1788
リチャード・コズウェイ


ジェーン・オースティンの小説のなかで、一番読める小説は、僕にとっては「分別と多感」だ。なぜなら登場人物の性質がはっきりしているし、なかでもヒロインがドタバタしていない。

第17章で、エリナーはこんなことを言う。

場面はエリナーが愛するエドワード、そしてエリナーの母親、妹のマリアンらとのディナーでの会話。

エリナーの母親はエドワードには野心がないという。望みは控えめだとも言う。エドワードは「世間一般の人々と同じように幸せを望んでいる。しかしそれが出世したとしてもその幸せは手に入れることはない。」

マリアンは「出世や富で幸せは買えない」といってエドワードに賛同するが、エリナーは違った。「富は幸せと十分に関係がある」と言う。

僕もそう思う。

マリアンは「恥ずかしいことを言って」と驚くが、エリナーは実にマリアンの考える「人並みの生活」の半分の金額が彼女の言う「富」だ。

率直であること。理性的であること。

これが僕がジェーン・オースティンの小説のなかで、一番読めると思ったわけ。

恋人ならマリアン、妻にならエリナーだろー?


ジェーン・オースティンの聖公会 「分別と多感」編


ジェーン・オースティンの小説にはヒロインと結婚するジェントリ階級の牧師がいる。つまり聖職者とのカップルだ。

オースティンは多元主義に起因する教会や聖職者の世俗的な気質などを取り上げているらしい。

へぇー。

たとえばオースティンの小説では土地の管理は国家の縮図で、教区の管理は教会の縮図としているが、聖書では神は人の創造主であり、人をエデンの園に置いた。

つまりオースティンはキリスト教神学的な権力論を否定して社会契約説を主張したジョン・ロックの思想を小説に描いている。

記事 ジェーン・オースティン 「高慢と偏見」出版200周年

ところがキリスト教の話も書き込んでいるんじゃない?と思った。たとえば聖書のヨブ記で、苦難のヨブは神を責める。神はそのヨブの苦難の理由をいわず、摂理をとく。ヨブは神に自分で悟りえないことを告げたことを悔い改め、苦難を耐え忍んだ。

この「忍耐」というのはパウロのローマの信徒への手紙5:3-4にある「わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。」を文字通りにエリナーは耐え忍ぶ。

小泉八雲(ラフカデイオ・ハーン)が忍耐の徳をもちすぎるほどもったこの姉の性質を読むに値すると述べているが、この姉エリナーの忍耐を特に宗教的に結んではいなかった。

「分別と多感」の第23章で、エリナーの愛するエドワードに秘密の婚約者がいることを知る。だが自制心は、彼女が自分を哀れむところから熟考し、紛れも無くエドワードは自分を愛しているという確信に至る。

自分で悟ったのだ。

しかし「忍耐」と「自制心」は違いがある。忍耐は堪えることで、自制心は自分自身の感情を抑制することだ。

エリナーは忍耐し、周囲の者へは自制心で苦難を悟られずに過ごしたというわけ。そしてもちろん神を責めてもいない。

ヨブにできなかった忍耐を、オースティンはエリナーに与えた。

パウロのガラテヤ人の手紙ガラテヤ5:22-23にある「御霊の実は、愛、喜び、平和、寛容、慈愛、善意、忠実、柔和、自制であって、これらを否定する律法はない」というものだ。

| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< レーゼル・フォン・ローゼンホフ 「昆虫の楽しみ」第二巻 1749年 | main | ジョージア王朝時代の肖像画 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/272
ハノーヴァー朝は、ジョージ1世からジョージ4世までが統治したイギリスの王朝です。ジョージ3世(1760年 - 1800年)の時代、フランスの王妃マリー・アントワネットが嫁いだのが1770年。この時代、英国の美女たちが大活躍。アントワネットとも親交があったデヴ
| Life Style Concierge | 2013/04/25 11:12 PM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--