ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ケルト神話 フォモール族
art / SAI

The Fomors (or The Power of Evil Abroad in the World) by John Duncan Dundee Art Galleries and Museums Collection (Dundee City Council)

ジョン・ダンカン フォモール族 ダンディー美術館 


特にケルト神話にもアイルランド神話にも詳しいわけじゃないので、WIKIで検索したらあった。

フォモール族は神話の巨人族で、侵略してくる異民族と戦って、ペストで全滅させたとか。神話の世界にもペストがあるとは・・・。けれど支配されるようになり、生き残りは妖精としてひっそり暮らしたとある。それまでは、戦いに敗れた民族は年貢に牛と子供をわたしたって。

ジョン・ダンカンは英国、特にスコットランドの美術館で鑑賞することができるけど、「フォモール続」なんて観た記憶なし。絵本の挿絵みたいだけど1.5mのキャンバスに描かれている作品。

楓の記事によると「ケルト文化復興運動に興味を示し・・・」とあったから、検索するとずいぶん神話の作品が残されている。

シバの女王」は僕もわりと好きな作品だけど、「愛の仮面」のセメレーもいい。余計なお世話かもしれないけどセメレーって正しく書いているところとセレメになっているところあり。(爆笑)



アニメっぽい


じっくり自分がアップした画像をみて、追記せずにいられなくなった。ヒエロニムス・ボスの三連画にでてくる生物っていうより、「南国少年パプワくん」の「タンノ君」を想像してしまった。

となりの犬?なんかアニメのキャラっぽい。しかも見たことがあるような錯覚に陥るほどだ。



バロル?


バロルがみたものは、破壊されると言われている。だから顔を隠している?バロルではないかもしれないけど。

一応、一人だけ馬に乗っているから、王バロルかな?と思ったわけ。

追記 aleiくんが「ジョン・ダンカン ユニコーン」をアップしてた。この「フォモール族」のあとに見たら、すっごい芸術作品に見えてしまった。

追記 このバロール(バロル)は、ギリシャ神話のダナエの父親アルゴス王アクリシオスと同じ運命だ。世継の神託は「汝は汝の孫に滅ぼされるだろう。」というもので、バロールの娘はエスリン、アクリシオスの娘はダナエ。バロールの孫はルー、アクリシオスの孫はペルセウス。二人の最期は、予言どおり。

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< ジャッキーと魔法のドラゴンパフ | main | リュック・オリヴィエ・メルソン- Luc Olivier Merson >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/267

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--