ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ウォルター・クレイン 壁画 ロングフェローの詩 ヴァイキングの花嫁
art / SAI

Morris & Co. and Walter Crane Crossing the Pond


モリス商会とウォルター・クレインのこの「ヴァイキングの花嫁」は、キャサリン・ロリラード・ウルフの所有する通称ヴィンランド・エステートのための主題だった。

メトロポリタン美術館にはアレクサンドル・カバネルが描いた彼女の肖像画がある。そのメトロポリタン美術館には彼女が寄贈した絵画作品が多く残っている。

ウィリアム・モリスの北欧神話かぶれが起因して、大富豪のキャサリン・ロリラード・ウルフの別邸はかつて存在した北アメリカの地名「ヴィンランド」は、北欧サガの「赤毛のエイリークルのサガ」にあるエイリークの息子ヴァイキングのレイフ・エリクソン(Leif Ericson、古ノルド語ではLeifur Eiríksson)が命名したとある。

まずは、キャサリン・ロリラード・ウルフの別邸のダイニング・ルームの壁画として制作されたウォルター・クレインの「ヴァイキングの花嫁」を紹介。ヘンリー・ワーズワース・ ロングフェローの詩「ヴァイキングの花嫁」からのもの。






ウォルター・クレイン ヴァイキングの花嫁 壁画 1 1882


The Skeleton in Armor(Henry Wadsworth Longfellow) by Walter Crane ”The Vikings Bride”

ウォルター・クレイン ヴァイキングの花嫁 壁画 2 1882

The Skeleton in Armor(Henry Wadsworth Longfellow) by Walter Crane ”The Vikings Bride”

上の画像を4つに分けた

The Skeleton in Armor(Henry Wadsworth Longfellow) by Walter Crane ”The Vikings Bride”

ウォルター・クレイン ヴァイキングの花嫁 壁画 3 1882



上の画像を2つに分けた作品画像




ヘンリー・ワーズワース・ ロングフェロー の詩「鎧のスケルトン」にある。「ヴァイキングの花嫁」はノースランドに祝杯!というかんじで最後がくくられている。

ロングフェローのノースランド(Northland)って、ニュージランドの北のこと?それともノース人?どちらにしても、ヴァイキングのレイフ・エリクソン(ノース人)の入植を指してることには間違いないはず。貴族の娘との間に子を宿し、このあとノルウェーでオーラーヴ・トリュクヴァソン王からキリスト教の布教に努めて、

ロングフェローの詩「ヴァイキングの花嫁」は、貴婦人ソールグンナのことだろうか。レイフとの間に息子ソールギルスが誕生。作品の絵巻物からはソールグンナは死んだみたいだ。

レイフにはもう一人息子がいる。ソルケル(トルケル)。この子が後にレイフの跡継ぎになるけど、誰との子?

だけどロングフェローの詩は、あまりにも劇的すぎて、レイフの航海というよりも、シェイクスピアの台詞を読まされているようで、物語詩とは違う。

そういえばWIKIに魔女ソールグンナってあった・・・。魔女って・・・。貴婦人との間違いだと思う。




Designed by Burne-Jones in conjunction with Morris

バーン=ジョーンズのヴィンランドのステンド・グラスのデザイン




ウィリアム・モリスとともにバーン=ジョーンズ、そしてクレインが、ヴィンランド・エステート「Vinland Estate」の設計と装飾に「バイキング」をテーマにした。ヴィンランドは現在サルヴェレジーナ大学で、壁画はマコーリーホールにある。

バーン=ジョーンズはステンドグラスに月と太陽とヴァイキング船、北欧神話の三主神、そしてソルフィン・ソルザルソンと妻グズリーズ(レイフの兄弟ソルステインの未亡人)、幸運のレイフ(レイフ・エリクソン)をデザインした。

ウォルター・クレインが僕の中で絵本の挿絵から抜け出させないのは、家にこの人の絵本ばっかあったせい。

装飾やら壁画やら、油絵やら水彩画やらみても全部挿絵の大型版に思えてしまって、この人のセンスのよさがわかんない。

特にあの「ネプチューンの馬」。あれ、絵本を開いたら「ネプチューンの馬」が両開きの口絵なんかで、僕が5つくらいだったらとってもお気に入りだったかもしれない。




Neptunes Horses by Walter Crane

ウォルター・クレイン ネプチューンの馬 1893
ノイエ・ピナコテーク所蔵


Walter Crane The Chariot of the Hours c 1887

ウォルター・クレイン 馬の戦車 1887 
(水彩画とエッチングがある)
ミュンヘン国際展金メダル受賞(1895) ?





King Neptune, Walter Crane

ウォルター・クレイン 王ネプチューン 1915年頃?


僕がもっとも関心があるのは、「シャーロットの女」だけ。あっ、でも「夏の女王、あるいは百合と薔薇の騎馬試合 1891」は見ごたえがあった。


Walter Crane, The Lady of Shalott (1862) Yale Center for British Art, Paul Mellon Fund

ウォルター・クレイン シャーロットの姫君 1862
英国絵画エール・センター(ポール・メロン財団)



あと女の人が好きっぽい挿絵は楓の記事から

ウォルター・クレイン記事
ウォルター・クレイン 花の婚礼」(1905)
古代英国庭園の幻想的な花々」(1899)
ウォルター・クレイン 眠れる森の美女 いばら姫(眠り姫)
ウォルター・クレイン シェイクスピアの花園」(1906)
夏の女王、あるいは百合と薔薇の騎馬試合 1891

では、よいお年を。

追記
記事「ウォルター・クレイン  生と死の架け橋



| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< ハムレット劇中劇 「人間はなんという傑作だ!」 The Play Scene in Hamlet | main | 飛行機内の不思議体験 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/259

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--