ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ジュリー・ヘファナン 二重肖像画
art / SAI



ジュリー・ヘファナン 自画像 ワイルド・ヘア


一番気に入った作品のタイトルが意味不明。ムカッ! ワイルド・ヘアの頭は他の作品にも描かれている。

しばらくは「主題としての自画像」だと思っていたから、タイトルを気にしてなかったってわけ。

Self Portrait as Subject

主題としての自画像(部分)


ジュリー・ヘファナンってアーティスト、aleiや楓が記事にしたけど、僕的にはそんなに燃えていないですっ。

死生観だか擬人観だか知らないけど、ぜーんぶセルフ・ポートレートってタイトルにしているのは、自分主義ってカンジで、僕にはその自分主義の死生観だか擬人観だかは理解しにくいですっ。

Self Portrait as Raising Cain, 2007

レイジング・ケインとしての肖像画 部分 2007


これはタイトルが気に入っただけ。映画レイジング・ケインは、カーター自身の多重人格者を暗示したタイトル。弟ケインをカーターの中で飼養し、果てはカーターは女装した姿で娘の前に現れる。そんなストーリーがなるほどね、って思える作品。クリックで全体像を見て。

Julie Heffernan

タイトル不明


この作品はあんまり好きじゃない。同じ要素の作品だけどなにか気味が悪い。もともと鳥獣の死骸を集めたドレスの服飾。

どこがいいの?

二重人格、多重人格でも描いているんだろうか?それとも誰かに監視されているような・・・。



関連記事
記事 ジュリー・ヘファナン の ファンタジア
記事 鳥獣と果実のドレス ジュリー・ヘファナンの自画像
記事 ジュリー・ヘファナン その1 ハイブリットな自画像編
記事 ジュリー・ヘファナン Julie Heffernan その2 ベラスケスのマリア・テレサ編
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< ジャン・フーケ ムランの二連祭壇画 ムランの聖母と肖像画 | main | キャサリン・クハリクのミスター・ロジャーズ >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/244

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--