ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ジャン・フーケ ムランの二連祭壇画 ムランの聖母と肖像画
art / SAI

Díptico de Melun Izquierda: Étienne Chevalier con san Esteban.- Gemäldegalerie, Berlín Derecha: La Virgen con el Niño.- Museo de Bellas Artes, Amberes

聖ステファノに紹介されるエティエンヌ・シュヴァリエ ベルリン絵画館
天使に囲まれる聖母子(ムランの聖母) アントワープ王立美術館所蔵


この左側の聖ステファノといっしょに描かれた依頼主のエティエンヌ・シュヴァリエ、そしてオステンタティオ(人類の乳母、聖なる乳房)と呼ばれるあらわな乳房に、このエティエンヌ・シュヴァリエが口づけするように描かれた不思議な二連祭壇画。三連祭壇画っていう可能性ないの?

Jean Fouquet

乳房に接吻図


ムランの聖母は、エティエンヌ・シュヴァリエの妻カトリーヌ・ビュデだとも、通説のシャルル7世の愛妾アニェス・ソレルだとも言われているけど、二連祭壇画って大抵二つ折りになる形式に、わざわざ接吻するように描いたのはなぜなんだろう。これが三連画だったら・・・。

Autoportrait de Jean Fouquet, musée du Louvre, diamètre

フーケの肖像画はどういう位置にあったのかは→「?」です。


この二連祭壇画にルーヴル美術館にあるフーケの自画像も関係があるらしい。ホントかな?きっとプレデッタとして?このメダイヨン、ディプティカ(二連板)の枠だって。アモルの細紐とともに、ブルーのベルベットの縁取りにはめ込んだ木製の枠だったという。

1770年代まではムランにあって、その後売られた。

アニェス・ソレルが亡くなったのは1450年、シャルル7世が亡くなったのは1461年。この作品が描かれたとされているのが、1451年から52年(1450-1456頃)で、シャルル7世が存命中だ。シャルル7世に仕える財務長官エティエンヌ・シュヴァリエは、この作品をムーランのノートルダム参事会教会で見ていたのだろう。

Agnès Sorel, Dame de Beauté aurait servi de modèle pour le célèbre tableau de Jehan Fouquet La Vierge à l’Enfant, peint vers 1453 Le Château de Loches

天使に囲まれた聖母子像(アニェス ・ ソレルの聖母子)
ムランの聖母のコピー  ロシュ城


アニェス・ソレルの私邸ロシュ城にある「天使に囲まれた聖母子像(アニェス・ソレルの聖母子)」は木製の枠だった。

Tombeau dAgnès Sorel Collégiale Saint Ours de Loches

ロシュ城の中にあったアニェス・ソレルの墓碑


考古学者ロベール・ド・ラステリー(Robert de Lasteyrie)は、ブロトンヌの森の中の僧院にあるフランスで最も美しい廃墟ジュミエージュ大修道院をあげているが、1820年刊行の「古のフランス、ピトレスク・ロマンティック紀行」では、ここにアニェス・ソレルの墓があったことが書かれている。

ジュミエージュ大修道院は1793年に競売にかけられた。1778年には、ルイ16世によってロシュから移されたらしい。

Gisant dAgnès Sorel - Collégiale St-Ours de Loches

セイント・ウース参事会教会のアニェス・ソレルの墓碑


1970年に王宮ロシュ(ロシュ城)にまた移され、2005年4月2日に、遺骨はロシュ城の側のセイント・ウース参事会教会のアニェス・ソレルの墓に戻った。生前に王家の近くにあるセイント・ウース参事会教会に埋葬されたいと言う願望があったらしい。

Daprès Jean Fouquet Portrait d’Agnès Sorel, favorite du roi de France Charles VII

アニェス・ソレルの肖像
右 作者不詳 制作年不明 ロシュ城 
左 作者不詳 16世紀 個人所蔵


ロシュ城にあったアニェス・ソレルの墓碑とともに飾られていたアニェス・ソレルの肖像が右。

Diptyque de Melun 1992 by Claude Prieur

ムランの二連祭壇画の模写 1992 画 クロード・プリウール
ムラン ノートルダム参事会教会


赤く塗られた熾天使セラフィム、青く塗られた智天使ケルビム。旧約聖書の創世記から登場する天使。

くどいようだけど、いっつも不思議だと思っているんだけど、三連画で右翼が不明ってことないの?二連画、ニ連画って決め付けてさ、不思議だと思っているのは僕だけ?




Catherine Budé

エティエンヌ・シュヴァリエの妻カトリーヌ・ビュデ




カトリーヌ・ビュデは、ビュデ家の三連祭壇画の右翼に描かれていて、祭壇画を依頼するくらい裕福な名家の出身だと思われる。

ムーランのノートルダム参事会教会にエティエンヌ・シュヴァリエとその妻カトリーヌ・ビュデの墓碑はあったようで、その墓碑の描画が残っている。

先にカトリーヌが死んで、ムーランのノートルダム寺院に埋葬して、その墓碑に祭壇画として飾ったって可能性もあり?


聖ステファノはフランス語だとエチエンヌ(エティエンヌ)。だからエティエンヌ・シュヴァリエだと依頼主がわかるようになっている。

僕的に、三連祭壇画だったら納得いくんだけど・・・。右に妻カトリーヌ(Catherine)と聖カタリナ(Catherine d'Alexandrie)なんかが描かれていてもいいと思う今日このごろです。



 

| comments(2) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< シリアの殉教 | main | ジュリー・ヘファナン 二重肖像画 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
はじめてお邪魔します。記事を読んでなるほどと思いました。同じ作品を知っていて、どうして管理人さんのように不思議に思わなかったのか。展覧会情報や絵の解説書に振り回されていないから発見したのでは。もし三連祭壇画だったら納得できますね。誰も考えが及ばないことを考える。たとえ違っても、とても理に適っています。
マカロン (2012/09/03 12:09 AM)
どーもです。

>たとえ違っても、とても理に適っています。 <
たぶんディプティカ(二連板)の枠だから二連画なのでしょう。でもそこにとても疑問が残るのです。個人的な執着に共感していただいてありがとうございます。
sai (2012/09/05 9:49 PM)









url: トラックバック機能は終了しました。

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--