ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
グレン・グールド オランジュリー美術館っぽい舞台セットとドビュッシーの「クラリネットとピアノのための第1狂詩曲」
music / SAI



YOU TUBE 動画から


1973年、オランジュリー美術館のモネの「睡蓮」の前で弾くグレン・グールドとクラリネットのジェイムズ・キャンベルの録画がある。

いや、よく見るとどうやらセットみたいだ。

背景にわざわざオランジュリー美術館のモネの展示を演出していると思われる。だけどこの収録のエピソードの記録がわからない。

あー、間違えてアップしちゃった。(下書きのつもりだったのに!)

CBC(カナダ放送協会)が収録したフィルムなんだけど、テープ・コレクションにないんだよねぇー。なんで?



CBC(カナダ放送協会)収録 1973年 
演出されたセット 改装前のオランジュリー美術館


ドビュッシーの録音は「クラリネットとピアノのための第1狂詩曲」だけ。DVD「グレン・グールド 27歳の記憶」には「月の光」を即興で弾いた一瞬が残されている。

YOU TUBE
Glenn Gould - Claude Debussy, Premiere Rhapsodie For Clarinet And Piano

もともとドビュッシーに対する「印象派(印象主義)」というのは揶揄だった。ドビュッシー自身もこの「印象派」と比較されたことに否定的だったということを聞いたことがある。

グレン・グールドは、まさにその揶揄を知りつつ、オランジュリー美術館のモネの「睡蓮」を演出して、ドビュッシーを揶揄したものと僕は思って面白がっていたんだけど。

僕的には印象派の画家たちにとって、いい題材(ドビュッシー)を見つけたっていう感じなんじゃない?



CBC収録 フィルムの中のモネの睡蓮


このモネの睡蓮はオランジュリー美術館に展示されているモネの睡蓮の部分なんだろうか?

グレン・グールドは、ドビュッシーが嫌いだったらしい。モネは好きだったのだろうか?

印象派といわれた音楽家の作品はほとんど弾いていない。2回だけのドビュッシーもレパートリーリストにはない。

やっぱりドビュッシーモネも、グレン・グールド的なトリックスター、もしくは隠喩的人物として引用したのでは?

僕的にグレン・グールドが天才だとか異才だとか狂人だとか、そんな大袈裟には思っていない。ただ、彼の音楽を聴いて、「おや?」、「はて?」(グレン・グールドっぽく)と思って納得するまで手放せないだけ。

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< キャサリン・クハリクのミスター・ロジャーズ | main | 祝誕生 ハートじかけのオレンジ-大滝詠一 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/242

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--