ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
エル・グレコ 肖像画 フランス王聖ルイと小姓 カスティーリャの系譜
art / SAI

El Greco: Saint Louis, King of France, and a Page, 1590-97

エル・グレコ フランス王聖ルイと小姓
1590-97  ルーヴル美術館所蔵


高潔で敬虔な人物ルイ9世(Louis IX)。ダマシンの鎧、フルール・ド・リス(fleur-de-lis)の王冠と右手の笏。左に持つ忽は何だろう。天を指す手にも見えない?フランスのルーヴルのサイトに、その笏は「正義(justice)の手」とあった。

肖像の背景はトレド大聖堂の尖塔とアルカサル(トレド城)が、修復された左側に描かれていることがわかった。昔の作品画像は風景は全然見えていない。

この描かれているトレド大聖堂は聖ルイの従兄弟カスティーリャ王フェルナンド3世時代の建設で、3世紀に建設された宮殿は、アルカサル(トレド城)としてアルフォンソ6世(カスティーリャ王)とアルフォンソ10世(カスティーリャ王)時代に修復があり、聖ルイの祖父アルフォンソ8世(カスティーリャ王)はここで数年以上を過ごしている。

そしてこの依頼主の人物、つまり肖像画に描かれた人物ルイス・デ・カスティーリャは、カスティーリャの系譜を象徴しているわけ。父のディエゴ・デ・カスティーリャはトレド大聖堂学部長でもある。

1577年、サント・ドミンゴ・エル・アンティグオ聖堂の3 つの祭壇画は、どうやらディエゴ・デ・カスティーリャの息子ルイス・デ・カスティーリャの計らいらしい。このルイス・デ・カスティーリャはエル・グレコの遺言に執行人とされた人物。

記事 サント・ドミンゴ・エル・アンティグオ聖堂 エル・グレコの祭壇と墓碑 ソネットを捧げたパラビシーノ

そしてトレド大聖堂の聖具室に飾られている「聖衣剥奪」も制作したのが同じ時期。

記事 エル・グレコと工房 7枚の聖衣剥奪

グレコの「シナイ山の風景」、「ジュリオ・クローヴィオの肖像」などを複数所有していたファルネーゼ宮の司書であり考古学者で人文学者のフルビオ・オルシーニ(Fulvio Orsini)を通じて、聖職者ルイス・デ・カスティーリャと知り合ったと思われる。

ローマ時代からの有力貴族、オルシーニ家につながるフルビオ・オルシーニは、エル・グレコのパトロンでもある。フリアン・ロメロと守護聖人(聖ユリアヌス)を完成を前にした1600年に、彼の守護者フルビオ・オルシーニは亡くなっている。

記事 エル・グレコの肖像画から ベラスケスとオソロの赤い十字 サンティアゴ騎士団 フリアン・ロメロと守護聖人

カスティーリャの系譜にこだわるけど、「フリアン・ロメロと守護聖人」の聖ユリアヌス。

「クエンカのユリアヌス」ならアルフォンソ 8 世 (カスティーリャ王)が、1177年にクエンカをキリスト教徒の手に戻したあとの聖ユリアヌスとして、カスティーリャの系譜の肖像につながっていく。誰を重ねて画いているかはわかんないけど、僕的な考えとしてさ。

最後。ご存知のように小姓はエル・グレコの息子ホルへ・マヌエル。ずいぶん登場させるよね。

そしてこの絵の疑問。なんでシュノンソー城のコレクションだったのか(いまはルーヴルだけど)。僕のなかで未解決。もやもやー・・・。

追記 誰?クイント伯爵夫人って・・・。1862年頃までに?クイント伯爵夫人?の手元にあったらしく、売りにだされ、1889年にシュノンソー城のコレクションに納まったらしい。そして1903年にシュノンソー城からルーヴル美術館にお嫁いり。

□ みんなのエル・グレコ記事をまとめた。
XAI エル・グレコ オルガス伯爵の埋葬から

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< エル・グレコの肖像画から ベラスケスとオソロの赤い十字 サンティアゴ騎士団 フリアン・ロメロと守護聖人 | main | シリアの殉教 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/239

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--