ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
抒情 −Glenn Herbert Gould グレン・グールド
グレン・グールド / SAI
gould「多くの聴衆の中で演奏することは極度の緊張を強いられるから完全な演奏をするためには録音を選んだ」というのがGlenn Herbert Gould の演奏中止の理由だった。


テクノロジーというと当時のレコードであるが、グレン・グールドはその録音に打ち込んだ。だが、きっと聴衆が彼の望むような聴き方ではなかったので、嫌気がさしたのではないか。

彼はシュタインヴェッグ(スタインウェイ)のピアノを改造するなど、自分の好きな音のためには全力を注ぐ男だ。ほら、車と同じ感覚。

僕は、彼がものすごい”こだわりや”で、エキセントリックで、ナルシストだからこそ、明晰でクリアな音を奏でられたのだと思う。

そんな性質の彼は、自分の周囲、背景にもこだわったのではないだろうか。

バッハに傾倒し、愛聴したポップ歌手ペトゥラ・クラーク、漱石とトーマス・マンが好きで、安部公房の「砂の女」を100回以上みて、武満徹氏に関心を示すグレン・グールドは、モーツアルトが大嫌いだという。

グレン・グールド発言集自己否定的といわれる彼だが、好きと嫌いをはっきり示し、つねに自分の心地よさを追及する。僕は、自分の癇や癪にさわるもの全てを排除しただけであると考えているのだが。特有の叙情性とは、徹底さと切り捨てから生まれるものだと考える。

BOOK グレン・グールド発言集

試聴EMI Glen Gould
映像Glenn Gould: Variations on an Artist
| comments(9) | trackbacks(4) | -
pagetop
<< Yves Saint-Laurent Rive Gauche1998- | main | Group of Seven-J.E.H. MacDonald >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
はじめまして
本来の演奏なり作品なりが在って、それを再生するもの、というのがレコードの定義であったと思うんですが、ライブ活動をやめた後のビートルズはその定義をこわしてしまって、レコードで聴ける自分たちの音楽が本来のものだよー、その音楽は再生じゃなくて本生だよーと宣言しました。
レコードこそ本生の芸術音楽だ!を最初にやったのビートルズ、と私勝手に決めてましたが、もしやグールドはん先だったのかなあ。グールドはんが演奏の入念な編集作業始めたんはいつ頃からなんでしょうね、気になります。
(2006/07/01 7:44 PM)
名前入れ忘れましたか?
とーしとしとこー。
とーし (2006/07/01 9:01 PM)
”とーし”さん。
音楽も映像も生の演奏、その再生がありますが、グレン・グールドの本心は、観客の前で弾くことが嫌になったからでしょう。自分の世界を邪魔されずに、自分が音楽に浸る。その満足感が「レコードこそ本生の芸術音楽だ!」だと思うのです。彼の場合ですよ。

録音は1955年6月からはじめているようです。(wikipedia) −1964年3月28日のシカゴ・リサイタルが最後です。つまり、グールドは、リサイタルのかわりにレコードを出していた。

ビートルズは、1962年レコードデビューですね。
sai (2006/07/04 12:48 AM)
お返事有難うございます。

。グレン・グールドの本心は、観客の前で弾くことが嫌になったからでしょう

であれば動機はビートルズと同じです。彼らもライブに嫌気が差してレコーディングに専念するようになって、おそらくはそこにジョン・レノンという稀代のアーティストがいたために文字通りノ「レコード芸術」が誕生することになりました。
となると、やはり問題はグールドがあたかも映画の編集と同様の、録音した演奏の編集作業に熱中するようになったのが、何時からなのかということになりますが、これは調べてみまね。
とーし (2006/07/04 5:25 PM)
”とーし”さん。
僕が生まれた翌年じゃなかったかな。ビートルズが来日したのは?

”とーし”さんは、ビートルズのblog記事なども書いていらっしゃるんですか?

”とーし”さんは探究心があり、音楽に関して、ひろい知識をお持ちなのだなと感じています。
sai (2006/07/08 11:04 PM)
私よりむっつ、ななつ年下の方なんですね。
地位、肩書きと縁のない生き方をしてきた所為か、このごろ自分より年嵩と思われたた人が年少だと分かり,意外さに打たれることが増えました。


< 音楽に関して、ひろい知識をお持ちなのだなと感じています

そんなことはありません。このページにも、
知らない名前、知識がいくつもあります。
ただ、ビートルズがジョージ・マーチンという有能な随伴者を得て、レコード芸術を創出したことに関心を強く持っているだけです。

自分のブログはないんですが、つれあいが山暮らしのブログやってます。こちらのアーバンライフ的なものと対照的で、面白いかもしれません。

http://yamanoomomuki.blog68.fc2.com/
とーし (2006/07/09 1:36 PM)
「”とーし”さん」
yuukoさんのところ、訪問させていただきました。すごい感動をいただいた。

ガガンボカゲロウが写真にありまして、なんとも雨にも負けず、風にも負けずで、まだ生き延びているのだろうか・・・、と思っています。(とても弱そうなのにガガンボとは・・。強そうな名です。)

ところで「有能な随伴者を得て、レコード芸術を創出した」というところに関心があったとは、オーナーシップに溢れていますね。

ちなみに、そんなアーバンライフでもないですよ。自給自足のような生活に憧れていますが。(あぁ、アーバンライフだからですね。)

ただ、自給自足は、「そうしなければならない人」か「余裕のある人」のどちらかなのでしょうね。
sai (2006/07/09 10:11 PM)
この記事にリンクした僕の記事へ。コメントありがとう。なぜか、字数オーバーでコメント返信できなかったから、ここに。

『君の女性論は正しい!いくつになっても官能美がほしいね、女性は。ところで、fu-が、やけに「色づいてきた」という情報をゲット。LEIが熟女らしく『ふくよか』におなりあそばした、とKEI君に云ったところ、ずっと疑問に思っていたことを口にしたそうな。

そこで、ジャンプのアイスちゃんのような冷笑を浴び、その場に凍りついたそうな・・・。

女性の「官能美」は、その男性の年代によって「視点」がちがう!』

このように返信したかったのでした。
hisashi (2006/07/22 6:00 PM)
オリコンね、変だよ。記事書いても保存できないこともあるし。aleiはね、オリコンのトラブルが1回もないらしい。

相性があるのかも。

『女性の「官能美」は、その男性の年代によって「視点」がちがう!』

当然でしょう。(笑)

ふ〜はね、すこし「ふくよか」になったほうがいいんだよ。でもね、妊娠とはkeiもハヤトチリだ。(笑)

デリケートな話題は、こちらから伺ってはならないね、ほんと。
sai (2006/07/26 10:53 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/23
両耳の聴覚を失ったピアニストは、つつましく音楽教師を勤めてきました。20年以上もその職業で暮らしを続けてきました。 巨匠レナード・バーンスタインに認められ、リサイタルも開かれるという直前に悲劇が訪れ、幸運を逃すことになります。 夢の儚さと現実の厳し
| Life Style Concierge | 2006/06/02 12:06 AM |
ライヴだけではなく、どのCDもハッとさせる音色を届けてくれる寺井尚子。 実は、友人の”楓”が、貸してくれた1枚だ。 「音色がね、アールヌーヴォーなの!」 ジャズがアールヌーヴォーか! だが・・・。「アールヌヴォー」だった! 「音色が弓形のように撓って
| remove | 2006/06/02 12:09 AM |
ジャン=フィリップ・ラモーはオペラ「ナバラの姫君La Princesse de Navarre 」で、フランス王室作曲家の称号を得ました。器楽曲(クラヴサン曲)、宗教曲、室内カンタータ、抒情悲劇、オペラ=バレなど主要作品は多くありますが、クラヴサン曲を室内楽曲やオペラに、ま
| Life Style Concierge | 2006/06/02 2:18 AM |
                                                                                 横田庄一郎 『「草枕」変奏曲』 (朔北社、1998)を読む。 著者は、ゴールドベルク
| 試稿錯誤 | 2007/01/28 6:46 PM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--