ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
番外編  レオナルド・ダ・ヴィンチとボッティチェリの Tavern 〜タバーン Sandro's three frogs
book / SAI
Notas de Cocina de Leonardo Da Vinciスペイン語 Notas de Cocina de Leonardo Da Vinci−Leonardo da Vinci

英語版 Leonardo's Kitchen Notebooks
S. Routh,Jonathan Routh

どうしようかなぁと思っていたが、やっぱりアップする。

若き美少年レオナルド(レオナルド・ダ・ヴィンチ)とボッティチェリ(サンドロ・ボッティチェリ)は、「料理」という点で繋がっていた。(笑) ホント。

【Deans Talk Net】Leonardo’s notebooks on culinary affairs ooze with so much irony that he probably wanted them inaccessible, a possible reason why the maestro wrote them backwards; an awkward practice common to all his handwritten documents. Amusingly, a menu designed by Leonardo and Botticelli for a Florence tavern was so illegible that, despite the proportioned figures drawn by the latter, neither clients nor cooks were able to interpret it.

顧客もコックも、レオナルドのメニューと料理には満足しない。なぜならとてもシンプルな盛り付けだからだ。レオナルドとボッティチェリが、タバーン(Tavern:居酒屋)「Sandro's three frogs(サンドロの三匹の蛙)」を二人ではじめたのは、レオナルドが誰も来ないターバンのコック長をしていた「三匹の蝸牛」が焼失したあとだ。

ヴェロッキオ工房で働く傍らの「三匹の蝸牛」のレオナルド。なぜ、彼がコック長をしていたかというと、1473年の春(「受胎告知」あたり)に、レオナルド以外のコックたちが食中毒で死んでしまったからだ。

コック長レオナルドの考えた新しい料理は受け入れられず、「三匹の蝸牛」も灰になる。

この本に因ると、師匠ヴェロッキオとともに「キリストの洗礼」を描き、「受胎告知」を手がけた頃が、「三匹の蝸牛」時代。メニューやレシピのほかに、さまざまな器具を考案した時期だ。くるみを割る器具、パンを練る器具、豚肉をブロックに切る器具、冷蔵庫、シュレッダーなどがある。

そうして「サンドロの三匹の蛙」が1480年前後に開店する。すでにボッティチェリは、「剛毅」で名を高め、メディチ家に擁護されている時代で、「受胎告知」、
「ヴィーナスの誕生」、「春−プリマベーラ」を手がけていく。

レオナルドが機械学や動力学、軍事技術の研究もこの頃だ。ロレンツォ・クレディの「受胎告知」、そしてレオナルドの「ブノワの聖母」、「カーネーションの聖母」を手がけていた頃が、「サンドロの三匹の蛙」時代になるのだ。

Leonardo's Notebooks
Leonardo's Notebooks


da Vinci Leonardo
H. Anna Suh

手稿をみることができる1冊。




この頃は道端でデッサンをし、リュートを弾くレオナルド。

ちなみに巌窟の聖母の側面の作品として、デ・プレディス兄弟が描いた楽器を持つ天使たちは、レオナルドが好んだリュートなどが持たされている。

マエストロ レオナルドと異名があっても当然であるほど、音楽の才能があり、1482年には、ロレンツォ・デ・メディチの命で、楽士としてミラノを訪問している。

ミラノ大公ロドヴィコ・スフォルツァ(イル・モーロ)には、銀製の馬の形をした琴を献上。だが、楽士としてリュート演奏に赴いたのは、機械学や動力学、軍事技術の傑作を、クッキーにして献上したにもかかわらず、ロレンツォが理解できなく、ミラノの訪問では画家、コックとしての推薦を拒んだのだ。

「私は橋の建築や、要塞や破壊不可能な有蓋戦車、大砲、投石機、そのほかにも驚くべき効果を発揮する機械を製作いたします。なぞなぞを語り、クッキーを作り、その上、プロンズの馬も作ります。これは高名なスフォルツァ家の名誉となるでしょう。」などど10項目ほどの自己推薦状をミラノ領主イル・モーロに渡している。

こうして、のちにイル・モーロの命を受け、ヴェッキオ宮殿カステージョの調理場を、数々の調理器具、洗浄器具を発明するのにいたる。イル・モーロの宮殿では、調理からレオナルドを遠ざけたいと願っていたというが。(笑)

調理場の自動オーブン機など
アトランティコ手稿 ミラノ アンブロージオ図書館
※結構手続きが面倒

ひき肉機考案図形
ヴァチカン図書館/ウィンザー 王室図書館
各手稿
解剖手稿 ウィンザー 王室図書館
パリ手稿 パリ フランス学士院図書館
アランデル手稿 ロンドン 大英博物館
マドリッド手稿 マドリッド 国立図書館
鳥の飛翔に関する手稿 トリノ 王立図書館
ハマー手稿 カリフォルニア ハマー・コレクション
アトランティコ手稿 ミラノ アンブロージオ図書館
ドリヴルツィオ手稿 ミラノ カステルロ・スフォルツェスコ
フォースター手稿機銑 ロンドン ヴィクトリア&アルバート美術館

レオナルド・ディ・セル・ピエロ・ダ・ヴィンチ リンク集
アンブロジアーナ図書館をはじめとする手稿のほか、素描画などにリンク。スフォルツァ騎馬像は、Leonardo da Vinci's Horse から。

レオナルドのキッチンノートは、調理のための新しい器具のほか、テーブルの正しい着席、昼食会の方法などが書かれている。レオナルドが述べる「テーブルの正しい着席」では、昼食会がフィレンツェの歴史において、殺害するための都合のよい場所だということがよくわかった。

このレオナルドの料理や調理の分野が、僕はある作品に集約されていると思う。

イル・モーロからサンタ・マリア・デレ・グラッツェの修道院長を紹介され、「会食」という題材によって、レオナルドは引き受けた作品が、ご存知の「最後の晩餐」。下記の記事から、最後の晩餐のメニューやテーブルセッティングのこだわりについても書かれているのでご覧ください。
レオナルド・ダ・ヴィンチ 最後の晩餐
| - | - | -
pagetop
<< ルノワール作 画家のアトリエ と 肖像画 エドモンド・メートル | main | サン=サーンス ピアノを囲んで >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--