ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
オランジュリー美術館 ポール・セザンヌの静物画
印象派 / SAI
前回、バーンズ財団美術館のギャラリーを、ルーム別に作品を紹介した。ルノワールに次いで、ポール・セザンヌの作品が多く所蔵されている。

だが、数こそ少ないけれど、オランジュリー美術館のポール・セザンヌの作品の選び方はセンスがいい。水浴図にしても、花瓶の花、風景画をとっても。

もともと、僕は水浴図やベルビューやサント・ヴィクトワール山の大量生産の作品を見るより、同じタイトルでも選び抜かれた作品の方がいいってことなんだ。



セザンヌ 梨と緑のりんご オランジュリー美術館


個人所蔵の「ふたつの梨」を思い出した。小作品だけれど、ボルドーの額縁で展示されていたのが、とても印象的で、自宅に持ち帰り飾りたいと思ったのは、僕だけではない。

その「ふたつの梨」から10年遡った1873年の作品がオランジュリー美術館にある。

バーンズ氏のような展示ではなく、たった1枚を壁の隅にかけて際立つ作品だと思った。ボルドーの額縁に入れて。



セザンヌ 林檎とビスケットPommes et biscuits 1879 - 80




Fruits, serviette et boîte à lait 1880-81




Vase paille, sucrier et pommes 1890-93


オランジュリー美術館のセザンヌの作品は、風景画、花と果実、水浴図、草上の昼食などがあるが、ほかの所蔵作品とは一味違う。

記事 オランジュリー美術館 ポール・セザンヌの草上の昼食
記事 オランジュリー美術館 ポール・セザンヌの水浴図
記事 オランジュリー美術館 ポール・セザンヌ 青い花瓶の花
記事 オランジュリー美術館 ポール・セザンヌの風景画 早く書いて。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< バーンズ・コレクション 2 THE BARNES FOUNDATION | main | ポール・セザンヌ 僕が選んだ1枚 「詩人の夢」 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/199

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--