ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
バーンズ・コレクション 2 THE BARNES FOUNDATION
美術館 Museum / SAI
記事 バーンズ・コレクション THE BARNES FOUNDATION (Opening on May 19, 2012)

いよいよ2012年に、メリオンのバーンズ財団美術館は、ベンジャミン・フランクリン・パークウェイでオープンすることになった。バーンズ氏の遺志だったメリオンのバーンズ財団美術館のギャラリーと展示作品の記憶を、この記事に残しておくことにした。その第2弾。

第1弾は、1Fのメインホール(グレート・ギャラリー)、2Fのギャラリーを中心。ここは1Fを中心に。

といっても記憶なんかない。ニューヨーク・タイムズ、バーンズ財団、ランディ・ケネディのインタラクティブ・ツアー、、ドン・アーゴットのドキュメンタリー・フィルム、ジョナサン・マンデルのモザイクから引用と参照をした。

(注!)タイトルが曖昧なものは、ポスターのタイトルにしたので、所蔵先のバーンズ財団と相異するものがある。また別な美術館所蔵のものでも似ているものをバーンズ財団の所蔵としているものもあるので、オリジナルと参照できないものは、ポスター画像を使用していると、明記してるから。



Barnes Foundation Gallery, 1932. Photo by Pierre Matisse


バーンズ財団美術館のグレート・ギャラリーでバーンズ氏が撮影されている1932年の展示風景。現在はセザンヌ夫人の左には、セザンヌのベルビューの風景画が掛けられているが、当時はセザンヌのサント・ヴィクトワール山が掛けられていたようだ。

記事 バーンズ・コレクション THE BARNES FOUNDATION (Opening on May 19, 2012)



Barnes Foundation Gallery,  Photo by Pierre Matisse


現在Room XXIII (Gallery 23室)にかけられているルノワールの「コンセルヴァトワールの出口」は、14世紀-16世紀くらいの宗教画と展示されているが、当時はルノワールの女性水浴図が隣に掛けられていたようだ。



Barnes Foundation Gallery


この壁面には14世紀-16世紀くらいの作品が、展示されている。左上、よくわかんないです。



Austrian Master 作者不詳 Crucifixion c. 1400–1420




Gerrit Adriaensz. Berckheyde
View of a Town with Figures, Goats, and Wagon before a Church


15世紀のキリストと17世紀のオランダの画家ヘリット・ベルクヘイデ(Gerrit Adriaensz. Berckheyde)の作品が2段で展示されている。

さて、作者不詳のキリストの磔刑図なんだけど、その両脇にある小作品がわかならい。


 



Gerard David
Crucifixion with the Virgin, Saint John, and the Magdalene


ヘラルト・ダヴィトのこの作品に思われたけれど、目を凝らしてモノクロの作品画像と比較すると、なんとなくキリストと二人の聖人が描かれているみたいだ。

そして謎のままのキリストの作品の反対側にかかる作品は・・・。



German School,Three Apostles (15th)
Poster
(ポスター画像なので所蔵のものと作品自体が相異する場合あり)


バーンズコレクションには少なくとも3枚の「3人の使徒」が所蔵されている。作者不詳だけれど同じ画家が描いたみたいだ。この壁面に展示されているのは、たぶん左側だと思ったら・・・。





Italian School, 14th century
Madonna and Child with Saints
(ポスター画像なので所蔵のものと作品自体が相異する場合あり)


「Madonna and Child with Saints」(聖母子と諸聖人)っぽい。調べてみたら、イタリアの14世紀(Italian School, 14th century)に、似た感じのものがあった。イメージ的には似ているが、ポスター画像なので、もしかすると所蔵の作品と相異する場合がある。


 



Paul Cézanne Three Apples 1878–79
Pierre-Auguste Renoir Apples 1875


実際には縦長のセザンヌの「三つのりんご」と、セザンヌより小さい正方形のルノワールの「りんご」の作品。



French School, (19th century)
Peasant, 1840
Peasant Girl with Hat in a Landscape, 1840


時代はルノワール、セザンヌと変わらない時代に描かれた作品で、作者不詳。さて、一番上の右端の作品なんだけど。



Cézanne  Plate of Fruit on a Chair 1879-80





Renoir Apples 1914


モノクロの小さな作品画像だと参照しにくいけれど、結局セザンヌの「椅子の上のプレートの果物」ではなく、ルノワールの「りんご」だと判明。

ということで、僕の記事からの参照をアテにしないでください。引用はやめてっ!間違っているかもしれないから。



Wolfgang Huber  Portrait of a Man c. 1545–1550


オーストリアの画家ヴォルフガング・フーバー。



Cézanne Five Bathers (Cinq baigneuses)


このセザンヌの「水浴図」は、現在Room VIII (Gallery 8室)で、セザンヌの風景画と展示されている。


 Room (Gallery 2室)

1階のRoom供Gallery 2室)。バーンズ・コレクションには、作者不詳のグレコの模写、模倣作品が多いが、ここに正真正銘のエル・グレコの作品がある。(ホント?)引用した作品画像の右側中央あたりにあった。



El Greco
Apparition of the Virgin and Child to Saint Hyacinth


作品を参照しているうちに、バーンズ氏は作者不詳のエル・グレコの模写や模倣作品を、どこから購入したんだろう。

バーンズ氏が購入したのは、いろんな意味で高名な画商のアンブロワーズ・ヴォラール(Ambroise Vollard)だ。そしてもう一人、作家で画商のポール・ギヨーム(Paul Guillaume)だ。




Room (Gallery 3室)
Disrobing of Christ
School of El Greco 17th century


バーンズ財団のRoom (Gallery 3室)の作品で、「エル・エスポリヨ」(El Expolio)で御馴染みの「聖衣剥奪」は、エル・グレコの作品ではない。エル・グレコ派の作者不詳の模写作品だ。17世紀の作品。

16世紀の本物はこっち。トレド大聖堂聖具室の正面にある。



Catedral de Toledo(トレド大聖堂)
Disrobing of Christ
El Greco 1577-79



さて、僕が参照した画像は次の1枚なんだけど。

先に紹介したセザンヌの「サント・ヴィクトワール山」は、ここにある。全然っ、知りませんでした。初耳でした。見ていませんでした。もともと1916年頃には、「Great Room」で、セザンヌ夫人の隣にあった作品。




(C)THE BARNES FOUNDATION



Cezanne Gardanne (Horizontal View) c. 1885

下段のみ(左の壁部分から)
Édouard Manet Laundry 1875
Cézanne Gardanne (Horizontal View) c. 1885
Renoir Dancer, c.1916(ポスタータイトル使用)
Vincent van Gogh  The Postman (Joseph-Étienne Roulin)-1889
Cézanne Terracotta Pots and Flowers
?Cézanne House in Provence ?
Renoir Bather and Maid 1900-01

Cézanne Portrait de Madame Cezanne
Vincent van Gogh Still 1888
Cézanne Peasant Standing with Arms Crossed

El Greco Apparition of the Virgin and Child to Saint Hyacinth

左にあのゴッホの「ひまわり」でも有名な「ルーラン夫人」の夫、「郵便配達夫ジョセフ・ルーラン」の肖像画がある。知られている3枚のうちの1枚が、バーンズ・コレクション。

The Postman (Joseph-Étienne Roulin)-1889
記事 ひまわりとルーラン夫人(子守女)と郵便配達夫ジョセフ・ルーラン

中央はルノワール。右から二番目の肖像画は「セザンヌ夫人」(Portrait de Madame Cezanne)。左のゴッホの郵便配達夫の隣の壁にもルノワール。右はセザンヌ。



Cézanne Terracotta Pots and Flowers


作品画像にないルノワールはポスターのタイトルだから、バーンズ財団と一致しないかもしれないが、「Dancer, c.1916」のはず。そしてセザンヌ「」、マネの「Washerwoman」と続く。



Renoir Bather and Maid 1900-01


ジョセフ・ルーランの右が、セザンヌ(Cézanne)の「テラコッタポットと花々(Terracotta Pots and Flowers)」、その隣の風景画がわからない。中央はルノワールの「水浴する女と召使(Bather and Maid )」になる。



Vincent van Gogh Still 1888


セザンヌ夫人の隣はゴッホの静物画。そして右の壁面には、セザンヌの「腕組みしながら立つ小作人 0r 腕を組んだ農夫(Peasant Standing with Arms Crossed)」が展示されている。

その中央に、最初に紹介したエル・グレコの「聖ヒヤシンス(サン・ジャシント)の前に出現した聖母子(Apparition of the Virgin and Child to Saint Hyacinth)」があった。

次のRoom VI (6室)には、ゴヤ、ルノワール、ゴーギャン、コロー、モーリス・ブラジル・プレンダーガス、マティス、ジュル・パスキン、キリコなど。他に作者不明のエル・グレコの模倣作品もあった。


 Room VI  (Gallery 6室)

こちらが1階 VI室。ルノワールの作品が一番多いせいか、どこもかしこもルノワールの部屋というカンジに見える。ところが「フランシスコ・デ・ゴヤがある」と聞かされていたために、必死に探した。画家、タイトルのプレートがないため、あとでわかった。印象派の画家も描いていそうな医者の肖像画だった・・・。



Renoir Head (Tête); also called Etude de brodeuse
Renoir Pears (Poires) 1890
Renoir Lemons and Orange 1913
Renoir Nude in a Landscape 1917
Renoir Nude from the Back  1917


この室内の家具は、ペンシルベニアのバークス郡でつくられた18世紀のチェストが多いので、これもそうではないかと。この中央の「鍵」のオーナメントは、フランスのロックスミス(Locksmith)らしい。



Maurice Brazil Prendergast  Idyl 1912-15




Gauguin Haere Pape




Maurice Brazil Prendergast
Landscape with Figures 1910-12


中央はゴーギャンの「ハレ・パペ(Haere Pape)」だ。左右は先に紹介したホールの扉の上にかかっていた作品の画家とモーリス・ブラジル・プレンダーガスのもの。

なんか、だんだん飽きてきました。

 

Mademoiselle Marie Murer 1877


ルノワールの「Nude in a Landscape」の隣の壁には、「マリー・ムーラー嬢」の肖像画がある。右はワシントン・ナショナル・ギャラリー(National Gallery, Washington)所蔵のもの。



Matisse The Red Sofa 1921

このマティスの「赤いソファー」の下に、次の作品画像が展示されていている。



(C)Interactive Tour  for Randy Kennedy

Corot Woman in a Pink Blouse
Corot Melancholic Italian Woman 1826-27?
Renoir Girls in a Landscape 1918
Renoir The Source 1875
Renoir Bathers 1918

 

(C)Interactive Tour  for Randy Kennedy

?
Renoir Two Nudes c. 1897
Cézanne Bathers 1902-04 
Francisco José de Goya y Lucientes Dr. Galos, c.1826




Cézanne Bathers 1902-04

door



Pierre Bonnard Young Woman Writing 1908

このボナールの作品のドアから見える5室の作品はスーチン
(Room V Gallery 5室 Chaim Soutine  Rabbit)




(C)Interactive Tour  for Randy Kennedy


Glackens?  Zinnias in a Striped Blue Vase?
Renoir Bouquet of Roses 1882
Renoir Louveciennes c. 1872-73

Renoir Girl with Pink Bonnet 1894
Cézanne  Portrait of a Woman c. 1898




(C)Interactive Tour  for Randy Kennedy

Cézanne  River Bend c. 1865
Gogh The Factory
Crucifixion(作者不詳のキリストの磔刑)
Annunciation(エル・グレコの受胎告知の模倣作品)
Jules Pascin Southern Landscape( Door ドアの上部の作品)
Chirico Sophocles and Euripides


6室のこのあたりは、セザンヌ、ゴッホ、キリコ、ジュル・パスキンに16-17世紀?の作者不詳の作品があり、結構面白かった。



Jules Pascin Southern Landscape


エコール・ド・パリ(パリ派)のジュル・パスキン。アンリ・ルソー、ユトリロ、マリー・ローランサン、アメデオ・モディリアーニ、シャガール、キスリング、シャイム・スーティン(ハイム・スーチン)、レオナール・フジタ(藤田嗣治)がパリ派。



Chirico Sophocles and Euripides




Chirico Albert C. Barnes, 1926-3


この6室にあるジョルジョ・デ・キリコの古代ギリシア三大悲劇詩人、古代アテナイの三大悲劇詩人を描いた「ソポクレスとエウリピデス」の作風を代表する形而上絵画が、同じくバーンズ財団が所有する、キリコの「アルバート・C・バーンズの肖像画」の背景にも描かれている。



17th century 「The Annunciation」
El Greco OHARA MUSEUM(大原美術館)
作者不詳のグレコの模倣作品 
After El Greco The Barnes Foundation


この6室にあるエル・グレコの模写は、誰が描いたのかは知らないが、日本の大原美術館に所蔵されているグレコの「受胎告知」のイメージに似ている。ブダペスト絵画美術館所蔵の「受胎告知」は、大原美術館の作品といっしょ。


 Room VII (Gallery 7室)




Paul Gauguin  Mr. Loulou (Louis Le Ray) 1890


ポール・ゴーギャンの作品、ルイーズ・ル・レイの肖像画。オルドルップガード・コレクションにある、9歳の少女ヴァイテ・グーピルの肖像(ジャンヌ・グーピル)を思い出させる。僕だけかもしれないけど。


 
ここにはピピン(Horace Pippin)の「Giving Thanks」 (感謝、もしくは感謝祭)があったらしい。ホントですか?



Horace Pippin   Giving Thanks 1942
? Room VII (Gallery 7室) ?


僕だけではなく、きっと他の方も、本当にこれは!と思ったものだけをなんとなくメモし、あとはひたすら時間内に鑑賞するのに精一杯だったと思う。だから、展示室の間違いは許してほしいです。


 



Luigi Settanni Woman in Hammock 1936




Degas Studies Of The Nude


Room6の室内から見えるRoom7の入り口にかかる作品は、ルイージ・セッタンニの「ハンモックの女」とドガの「習作 裸婦」になる。



Gustave Courbet  Woman with White Stockings  c. 1864
? Room VII (Gallery 7室) ?


ギュスターヴ・クールベの「白いストッキングと女」は、この7室と記憶している。クールベは、僕的に好きな画家だけど、好きな作品は限られている。

ここには、クールベの「幼子の頭部」(Head of Baby)も所蔵されてる。あの赤ん坊は嫌い。あとはスーラ(Seurat)の「女の男」(The Ladies' Man)のほかに、「習作 グランド・ジャッド島の日曜日」(Study for La Grande Jatte 1884 → ? Room VII or Room IX ?)があったのはここ?

あとは、モネ(Claude Monet)の「刺繍をするモネ夫人」(Madame Monet Embroidering)があったらしい。



Renoir Before the Bath c. 1875


ここの部屋はほとんど記憶がないというより、どの部屋も似ているのでよくわからないというのが本音。ルノワールが登場すると。Room2もRoom6もRoom13も同じギャラリーの記憶になる・・・。


 Room VIII (Gallery 8室)

 



(C)Interactive Tour  for Randy Kennedy


Degas Three Dancers with Hair in Braids c.1900
Renoir Girl Darning
Camille Pissarro Garden in Full Sunlight 1876


ドガの上の作品がわからない。ルノワール、ピサロの次の作品群はルノワール、ロートレックと続く。



Garden in Full Sunlight 1876




Renoir Rising c. 1909


ピサロの「庭」の隣がセザンヌ?らしき風景画とルノワールの裸婦「日の出」となる。その隣が不確かだけれどやっぱりルノワール(Renoir )で、「Woman in Pink and Yellow in a Landscape」(c. 1917–1919)ではないかと。そしてロートレック。



Henri de Toulouse-Lautrec  Reclining nude, 1897


隣にはルノワール(Renoir )の「Young Woman with Rose」、そして下段にセザンヌの作品。



 



Cézanne Bathers at Rest 1875-1876




この隣の作品群は、ルノワールやドガらの印象派。そしてモーリス・ブラジル・プレンダーガス。



(C)Interactive Tour  for Randy Kennedy

Renoir Seated Woman with Sea in the Distance ?
Edgar Degas Jockeys and Horses
Maurice Brazil Prendergast  At the Beach  c. 1910–13
Renoir Girl in Gray-Blue c. 1889
Renoir  Bouquet of Roses 1900
Renoir Montagne Sainte-Victoire 1889




Maurice Brazil Prendergast  At the Beach  c. 1910–13


そして最後に、ルノワールの「サント・ヴィクトワール山」がある。セザンヌの「サント・ヴィクトワール山」は、Room供Gallery 2室)にある。

ドア横の小さな三作品はわからない。

ここのく出入り口の上にかかっていたのはヴュイヤールだったと思う。2010年のオルセー美術館展で、「公園」(5作品)を鑑賞した人も多いと思う。

このオルセーの「公園」は9作品のシリーズ。記事 ヴュイヤール 公園 全9作品


ナビ派のエドゥアール・ヴュイヤールの「レッド・インテリア」は、1922年頃にバーンズ氏が購入。ヴュイヤールは、ココ・シャネルの親友ミシアがパトロンの一人。ナタンソン夫妻の肖像画は、このミシアと最初の夫が描かれている。

記事 ミシアに捧げたマラルメの扇の4行詩 ココ・シャネルの秘密から


ナビ派とセザンヌの関係も深い。ナビ派といえば、モーリス・ドニ。彼の作品もあったのだろうか。

記事 モーリス・ドニ 集団肖像画 「セザンヌ礼賛」

調べてみたら、モーリス・ドニの作品はなかった。残念。出入り口の隣の壁にはルノワールとセザンヌ。



Renoir  Portrait of a Young Woman c. 1885




Cézanne Rocks and Trees c. 1904


この2作品の隣もセザンヌとルノワール。



Cézanne Five Bathers (Cinq baigneuses)


この作品の下にルノワール。「Composition, Five Bathers」(c. 1918)があった。そして隣の作品群の画像がこちら。



(C)Interactive Tour  for Randy Kennedy


Renoir Reading (La Lecture) c. 1891
Renoir Woman in Blue Skirt 1917
Van Gogh
Thatched Cottages in the Sunshine: Reminiscence of the North



 



Van Gogh
Thatched Cottages in the Sunshine: Reminiscence of the North

 



 



(C)Interactive Tour  for Randy Kennedy
Cézanne Village at the Water's Edge c. 1876
Cézanne Still Life 1892–1894




Charles Demuth No, No O God! 1918



(C)Interactive Tour  for Randy Kennedy

Cézanne Bather at the Seashore c. 1875
Claude Monet  Ritratto di madamoiselle Bonnet 1873
Honore Daumier,Water Carrier
Claude Monet  Monet Monsieur Cogneret, 1880
Charles Demuth No, No O God!(Illustration No. 18 for Wed)
Cézanne Bibémus 1894–1895


 Room IX (Gallery 9室)

 
だんだん、飽きてきました。

ハリー・セファルビ?(Harry Sefarbi)、モネ、セザンヌ、ルノワールがある9室。画家ハリー・セファルビ?(1917 - 2009)は、バーンズ財団で絵画教育に関係してきた人らしい。



Harry Sefarbi, Interior: Jim 1949


ここはRoom IX (Gallery 9)だけれど、ハリー・セファルビが、2007年頃にRoom XIX(Gallery19)でインタヴューに答えている写真がある。




Harry Sefarbi,  バーンズ財団 19室 で
 Room XIX(Gallery 19室)
(C)The New York Times



僕がもっとも混乱しているのは、このギャラリーだ。僕のメモにはルノワールの「Sailor Boy」のかかる左側に、モネの「House Boat」があることになっていたが・・・。

もしかしたら、同じギャラリーだったのか。ルノワールの「Sailor Boy」と「Girl with a Jump Rope」は?

セザンヌの風景画のような作品の下に青い服の子供の肖像画。その左に二段に作品が展示されて、その次の列にモネ。



Renoir Girl with a Jump Rope 1876


少年、少女や幼女の作品が多かった気がする。モネの作品の上にも少女の肖像画が掛けられていた。Room VII (Gallery 7室) のゴーギャンのルイーズ・ル・レイの肖像画がここにあったらピカ一だったのにね。



Renoir Girl on a Balcony, Cagnes c. 1911




Claude Monet The Studio Boat 1876


この壁面の一番左側がモネであって、次の壁面にはルノワールだった気がする。調べたら「Woman Daydreaming」(1913)だった。

さて、ルノワールの描いた「Sailor Boy」の左には「Garden Scene in Brittany」(1886)、右には「Landscape with Figures, Near Cagnes」(c. 1910)が展示されていた。はず・・・。個人所蔵(Private Collection)の「Cagnes Landscape with Woman and Child」(1910)は、このバーンズ・コレクションの「Landscape with Figures, Near Cagnes」とほとんど同じ作品。


 
さて、ここはどこか教えてほしい。



room ?-(c)The New York Times


ルノワールのこんな作品、みんな同じに見える僕。ニューヨークタイムズにあった画像。だんだん、ひどく飽きてきたのでタイトルとかは、気が向いたときに。


 



(C)The Barnes Foundation
room ?


怪しい少女の肖像画からはじめたかったけど、メモがどこかに消えた。この次に。→メモ見っけた。「Little Girl with Fruit, c.1840 」(作者不詳 French School, 19th century)。さて、上段とばして下段。上段は気が向いたときに書き加えるつもり。



Rousseau The Laundry Boat of Pont de Charenton




Rousseau
Bouquet of Flowers 1909-10
Bouquet of Flowers with China Asters and Tokyos 1910




Henri Matisse Blue Still Life 1907




Rousseau The Family 1890-1900


ここはアンリ・ルソー、アンリ・マティスで、「アンリ」づくしのコーナーだ。


 
2階の階段の上部に展示されているマティス。その階段の壁の左右にかかる作品を探しても見つからなかった。残念。



Henri Matisse
Le Bonheur de vivre, also called The Joy of Life


アンリ・マティスの「生きる喜び」だ。この作品のスケッチは、サン・フランシスコ美術館にある。まだ続く。気が向いたときにここに追記する。今日はもう飽き飽きしたから、おしまい。


 
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< バーンズ・コレクション 1 THE BARNES FOUNDATION (Opening on May 19, 2012) | main | オランジュリー美術館 ポール・セザンヌの静物画 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/198

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--