ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
マントヴァ ゴンザーガ家のドゥカーレ宮殿 「カメラ・デリ・スポージ」 (Camera degli Sposi )
メディチ家 Medici / SAI
以前に僕は、ルーベンスが描いた「ゴンガーザ家が讃える三位一体」を紹介した。そのゴンザーガ家のドゥカーレ宮殿。

アンドレア・マンテーニャ(Andrea Mantegna, 1431 - 1506)のドゥカーレ宮殿「夫婦の部屋」の壁画(1463-74)。に描かれたゴンザーガ家の面々は、ご存知の方が多いと思う。

フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの小書斎のように、この謁見の間は「親密な会談」(密談)に使われていた。知ってのとおり、「夫婦」とは、「ゴンザーガ家」と「親密な会談を行う客人」を示す。もっともらしい僕の「嘘」だ。

この部屋は「描かれた部屋」(Camera picta)と呼ばれた謁見の間のひとつだ。それが200年を経た17世紀に誤って「夫婦の部屋」(Camera degli Sposi)になった。

この「夫婦の間」と呼ばれるマンテーニャの壁画は「ゴンザーガ家の神格化」のために描かれたと思う。これから書く内容は僕が思ったことで、専門家の解説ではないので。引用しないで。

以前にメディチ家のリッカルディ宮殿にある壁画、ベノッツォ・ゴッツォリの「
ベツレヘムに向かう三賢王(東方三博士)」を記事にした。


ふと、ドゥカーレ宮殿「夫婦の部屋」の壁画全体が、この三博士の礼拝(Adoration of the Magi)を描いている気がした。それは追々に。

ちなみにこの壁画が完成される1470年-75年の間に、フィレンツェではボッティチェッリが東方三博士の礼拝を描きまくった。

記事 
サンドロ・ボッティチェッリ(東方三博士の礼拝 4作品)

さて、ここに描かれたゴンザーガ家の面々は、いくつか諸説のひとつを後半で紹介。1461-62年のゴンザーガ家の出来事が描きこまれたわけで、1463年にマンテーニャは11年もかかって完成させた。ということは、あとから描かれたリッカルディ宮殿のメディチ家の肖像画となるフレスコ画のほうが古いわけだ。

ゴンザーガ家(廷臣を含めた一族)は赤い帽子。さて二人の黒い帽子に黒衣の人物は誰だろうと気になった。1462年に亡くなっている人物が一人いる。それはあとで。

まずは天井画(La volta)。パンテオン(Pantheon)のトロンプ・ルイユ。


この天窓の場面は、サモサタのルキアノス(Luciano di Samosata 120-180)の風刺のエッセンスを取り入れたという説もある。



Pettina,Nastro,Vaso di agrumi
三人の召使とシトラスの花篭


左は「櫛を持つ女」が描かれている。僕が不思議に感じたアトリビュートだ。女主人の「身づくろい」の品を持たせているのではないか。

その右側には同じ顔に描かれたような女性が二人。髪にリボンのようなカチューシャ(ヘアバンド)をつけている。このアトリビュートは「天使」のものだが、もともとは「仕える者の姿」の由来のものだ。

ゆえに、この3人の娘は「主人に従順に仕える召使い」の姿である。そして繁栄をあらわしているのか、右にはシトラスの花篭。

僕がもっとも気になったのはモロ(ムーア人)。イスラム教徒を象徴しているのだろうか?ムーア人といえばシェークスピアの「オセロ」。



Putto, Putto corona di alloro
Molo,la marchesa Barbara?


左から有翼のプットー(小童)、名誉と勝利の月桂樹の冠を持つプットー、ターバンを巻いたモロ、角型にベールの女性。

角型にベールの髪型は、この時代の風潮でもあり、貴婦人を象徴していると思われる。若き日のバルバラ・ブランデンブルク(Barbara di Brandenburg)?だったりして。そう考えるとモロ(ムーア人)は、彼女の召使だと考えられる。

中世の宮廷では、慰み者、囲い者として道化師や矮人(小人)、肌の黒い人種を側に置いた。



Putto,Cherubino
智天使の手、白い羽の天使、有翼のプットー(小童)、智天使(ケルビム)


智天使(ケルビム)の手だろうか、そして二人の有翼のプットー(小童)に二人の智天使(ケルビム)の顔。ケルビムは、旧約聖書には「四つの顔と四つの翼を持ち、その翼の下には人の手がある。」と書かれている。

ケルビムの身体は翼で隠されており、身体を持っていないとも言われている。ゆえに、マンテーニャは3つの「顔」と一つの「手」だけを描いたのだろうか。



Cherubino,
智天使(ケルビム)、林檎を持つプットー(小童)


ここには智天使(ケルビム)、林檎を手にしているプットー(小童)が描かれている。

KAFKAの記事で、ピロストラトス3世(フィロストラトス3世)の「イマギネス」に、オウィディウスの「祭暦」のウェヌス・ ウェルティコルディアを祀る場面で、ヴィーナス像を造ったニンフとクピドやプットーたちが林檎から愛を生み出す場面があるという。

記事 
4月の寓意 オウィディウス「祭暦」 から

智天使(ケルビム)も「林檎」に縁がある。林檎(禁断の木の実)を食べたアダムとイヴが、追放されたあとの「エデンの園」の「命の木」を守護することとなる。


フルートを持つプットーと羽を広げていない孔雀。この孔雀はきっとメスだ。オスは羽を広げた華やかな孔雀の姿。

プットーのアトリビュートには楽器が多い。これを枝とするならルドヴィーコ3世・ゴンザーガの妻バルバラを聖女バルバラに譬えているともいえる。なぜなら聖女バルバラのアトリビュートはシュラの枝、孔雀の羽だからだ。だが、フルートらしい。

この孔雀をメスとすると、プットーらを除いて、「女性」を象徴しているようだ。もしかすると「婚礼の間」だとか「結婚の間」だとか、「新婚の間」だとかというのは、この孔雀と女性たちが「結婚」(婚礼)の象徴として描かれたからだろう。

天を仰ぐ孔雀は、ローマ神話ではユピテルの妻ユノ、ギリシャ神話ではゼウスの妻ヘラの聖鳥でもある。そして結婚を象徴する神だ。



Camera degli Sposi



Camera degli Sposi Parete nord, la Corte
北側の壁画 「宮廷」


総勢21名が描かれた北側の壁。ちなみに東側と南側は何もないのはどうしてなのか。まずは右側のゴンザーガ家の廷臣たちの登場。そして中央の3人の廷臣。


なんか「マギの礼拝」(Adoration of the Magi)の構図にそっくりなんだけど。ロレンツォ・コスタ(Lorenzo Costa, 1460 - 1535)の「マギの礼拝」は左側に聖母マリアが描かれている。レオナルド・ダ・ヴィンチは中央。右にマリアが描かれているものも多数ある。
 



Camera degli Sposi Parete nord, la Corte


1474年制作。この作品の画家アンドレア・マンテーニャ(Andrea Mantegna, 1431 - 1506)は、ルドヴィーコ3世・ゴンザーガによって、1460年からゴンザーガ家の宮廷画家となる。



Ludovico III Gonzaga & Marsilio or Lupi
Leon Battista Alberti ?


左は、フェデリーコ1世・ゴンザーガの父ルドヴィーコ3世・ゴンザーガ(Ludovico III Gonzaga, ,alias Ludovico II, 1412 - 1478)。次男フランチェスコ(1444 - 1483)が、枢機卿に選出された知らせを受ける場面。1461年のことだ。

報せている人物は秘書のマルシリオ・アンドレシ(Marsilio Andreasi)か、あるいはレイモンド・ルピ・ディ・ソラーニャ(Raimondo Lupi di Soragna)。フェデリーコ1世・ゴンザーガの友人でもある。


この背後に黒い帽子の人物は、レオン・バッティスタ・アルベルティ(Leon Battista Alberti 1404-1472)に似ていない?彼はマントヴァのサン・セバスティアーノ聖堂とサンタンドレア聖堂を設計している。この制作以前になくなっている人物の一人。



 Il cane Rubino 忠誠の象徴 ルビー


愛犬ルビー(Rubino)は、忠誠の象徴。とっても可愛いよね。



Barbara di Brandenburg
Ludovico & Paola


中央の女性が妻バルバラ・ブランデンブルク(Barbara di Brandenburg)。そして16歳のルドヴィコ ・ ゴンザーガ(Ludovico Gonzaga 1458 - 1511)、林檎を手にした11歳のパオラ ・ ゴンザーガ(Paola Gonzaga 1463 - 1497)が描かれている。



La nana (矮人 ナナ)


この子はだーれ?ドーワフ(dwarf)のようにもてはやされた矮人のナナ。彼女は「小人」ではなく、正統な「種族」として、かなりの有名人だったらしい。ベラスケスの矮人の作品を思い出した。

1656年の「ラス・メニーナス」(ベラスケス)のニコラシート・ペルトゥサート(ニコラ・ペルトサート)が重なる。

当時の宮廷に囲われている「慰み者」の一人。宮廷の道化師と同じ境遇だ。ステイタス・シンボル。



Rodolfo Gonzaga、Barbara Gonzaga


そのななめ後ろに立つ女性が、娘のバルバラ(Barbara Gonzaga, 1455-1505)。23歳のロドルフォ ・ ゴンザーガ(Rodolfo Gonzaga 1451 - 1511)は母バルバラの後ろ。



Ludovico III Gonzaga,Leon Battista Alberti ?
Gianfrancesco Gonzaga,Vittorino da Feltre


ロドルフォ ・ ゴンザーガの左の黒い帽子の人物はイタリアの教育家ヴィットリーノ・ダ・フェルトレ(Vittorino da Feltre 1378-1446)で、この制作された1474年には生存していない人物。彼はルドヴィーコ3世・ゴンザーガ、フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの恩師でもあった。

1427年、マントヴァに「喜びの家」(カ・ゾイオーザ、Ca' Zoiosa=Casa Gioiosa)が設立され、人文主義的教育がはじまった。

彼はウルビーノのフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの小書斎の南の壁に描かれている。



ヴィットリーノ・ダ・フェルトレ(Vittorino da Feltre)
Studiolo from the Ducal Palace in Urbino


記事 「フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ 小書斎」 神曲 地獄編の子孫」

その隣でちょうどルドヴィーコ3世・ゴンザーガの後ろに立つのがジャンフランチェスコ(Gianfrancesco Gonzaga 1446 - 1496)だ。・ゴンザーガ家の人間、その廷臣たちは赤い帽子、すでに亡くなっている著名な人物には黒い帽子と黒衣で描いたのだろうか。

中柱からは廷臣たちということだが、ルドヴィーコ3世・ゴンザーガのあとの侯位を継ぐフェデリーコ1世・ゴンガーザ、そして枢機卿に任命されたフランチェスコは、ここには描かれていない。



Camera degli Sposi Parete ovest, l'Incontro
「邂逅」(再会)


まるで、ベツレヘムへ向かう三博士の一行のような描き方。「マギの礼拝」のように描かれたゴンザーガファミリーへ礼拝に行く者たちを描いているようで、メディチ家のリッカルディ宮殿にある壁画、ベノッツォ・ゴッツォリの「ベツレヘムに向かう三賢王(東方三博士)」と重なる。



la targa dedicatoria


奉献の勝利の盾。モノクロの方が文字がはっきりしている。「Ili Ludovico 供廚らはじまる献辞には、「賢明にして信仰篤き最良の君主マントヴァ侯爵 ルドヴィーコ2世と、比類なき栄光を授けられた賢妻バルバラに捧げるために、1474年にパドヴァのアンドレーア・マンテーニャが奉献した」というようなことが書かれている。



Mantegna selfportrait camera picta


僕がもっとも不思議だったのは、この「西側の壁」に描かれた3つの場面を区切る柱のマンテーニャの自画像。

ここにマンテーニャの顔が描かれている。こんなカンジ。これは「署名」がわりに描いたのではないだろうか。


30代から40代にかけて制作した「描かれた部屋」の柱に、植物人間に変身させたような自画像。コワイ。


左の剥がれた壁にはどういう人物が描かれていたんだろう。「手」だけが残されている。


さて、ゴンザーガ家の面々。ルドヴィーコ3世・ゴンザーガと向き合うのが、枢機卿になった次男フランチェスコ、その下にはフランチェスコ2世、甥シジスムントあるいはジギスムント (後の枢機卿) 、そしてルドヴィーコ。ルドヴィーコ3世・ゴンザーガの下には犬が描かれている。

右側のグループはイタリア王のフェデリーコ3世、デンマーク王クリスチャン1世、そしてゴンザーガ家の後継者フェデリーコ1世となる。

王位を持つものとゴンガーザの後継者のグループ。栄誉あるゴンガーザ家の誇りと、背景にローマを表すことで、永遠の都市マントヴァを象徴している。


僕の好きな名馬と闘犬

 


手だけが残った。その先にはルドヴィーコ3世・ゴンザーガの名馬。メディチ家のフラスコ画に描かれている馬の装飾のほうが豪華。そして闘犬のマスティフ(molosso)が描かれている。


画の中にいるから、恐ろしいどころか可愛く見えてしまうが、本物はかなり凄みがある。 猟犬のグレート・デン(Alano)に見えたがマスティフ(molosso)らしい。



フェデリーコ1世・ゴンザーガ(Federico I Gonzaga, 1444 - 1484)は、1470年までミラノ公国のスフォルツァ家と契約する傭兵(コンドッティエーレ)でもあった。つまりガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ(Galeazzo Maria Sforza)が暗殺されるまでである。フェデリーコ1世は侯位を与えられたのちは、ゴンザーガ家の繁栄に力を注いだ。

ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァ(Galeazzo Maria Sforza)とは不和だった弟ルドヴィーコ・スフォルツァ (Ludovico Sforza)が実権を握ることとなる。その彼はフェラーラ公エルコレ1世・デステの娘ベアトリーチェ・デステ(Beatrice d'Este)と結婚。

ゴンザーガ家というと、1484年にフェデリーコ1世・ゴンザーガが亡くなるとフランチェスコ2世・ゴンザーガが後を継ぎ、彼はベアトリーチェ・デステの姉イザベラ・デステ(Isabella d'Este Gonzaga)と結婚。

ゴンザーガ家もデステ家と婚姻を結んだのだった。

ルドヴィーコ・スフォルツァ (Ludovico Sforza)の従兄妹バッティスタ・スフォルツァは、
ウルビーノ公フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの妻でもある。

フィレンツェのロレンツォ・デ・メディチの時代、ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァが生きていた頃にはスフォルツァ家とは協力関係にあった。

記事 
ロレンツォ・デ・メディチとスフォルツァ家

だが、その後はロレンツォ暗殺を企てたフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロらによる「パッツィ家の陰謀」(1478)では、イル・モーロ(ルドヴィーコ・スフォルツァ)は、従兄弟ロベルト・ダ・サンセヴェリーノの軍にいた。ジュリアーノ暗殺の翌年、1479年にスフォルツァ家にもどってきている。

イル・モーロが実権を握ったのは、1476年の摂政時代。その後追放となるが、ミラノ公になったのは1494年。第4代マントヴァ侯爵フランチェスコ2世(フェデリーコ1世の息子)の時代だった。

もう、面倒になったので、今日はこの辺で。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< ポール・セザンヌ 僕が選んだ1枚 「詩人の夢」 | main | ジャネット・ウィリアムズの水浴 絵画の水浴 The Bathers >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/195

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--