ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ポッジ宮博物館(Museo di Palazzo Poggi)
美術館 Museum / SAI



ポッジ宮博物館 物理学と化学 物理と電気
La physique électrique Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)


ご存知のようにポッジ博物館のコレクションは、ウリッセ・アルドロヴァンディの蒐集品だけではなく、解剖学のエルコール・レリや模型、壁画や絵画作品がある。

ポッジ宮博物館 壁画 (Mural Paintings)

ニコロ・デッラバーテ(Niccolò dell'Abbate)、プロスペロー・フォンターナ(Prospero Fontana)、ペッレグリーノ・ティバルディ(Pellegrino Tibaldi)、バルトロメオ・(Bartolomeo Triachini)らによって、枢機卿ジョヴァンニ・ポッジ(Giovanni Poggi)の邸宅は装飾された。

ペッレグリーノ・ティバルディの壁画はユリシーズオデュッセウスだ。



ウリッセ・アルドロヴァンディ(Ulisse Aldrovandi) の蒐集品
ポッジ宮博物館 自然史 Histoire naturelle Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)


博物学者 ウリッセ・アルドロヴァンディの蒐集室。ここには想像上の生物もあった。

アルドロヴァンディの「怪物誌」は、ヨーロッパの想像上の生物が収められている。日本でいえば「龍」、中国の「麒麟」などが架空の動物だ。

古代ローマの政治家であり、博物学者ガイウス・プリニウス・セクンドゥス(Gaius Plinius Secundus 22-74年)のほうが、日本で有名かも。プリニウスの「博物誌」(Naturalis historia)にも、第8-10巻の動物には「幻獣」がでてくる。知名度が高いのはペガサス、ユニコーン、スフィンクスだ。

そういえば日本の神話ではスサノオが退治したヤマタノオロチがいた。地質学に属する古生物では、このオロチを海竜を祖としているという説に見立てる説もあるらしいが、古代の海竜だって伝説っぽい。

頭は猿、尾は蛇、体は狸、手足は虎として登場する「平家物語」の鵺は、古事記、万葉集では「ぬえどり」、「ぬえこどり」と詠まれている。鵺は虎鶫であり、鵺の鳴き声は、幻獣を想像させたのだろう。

つまり、漫画やアニメもある生物からキャラクターつくるってあるじゃない。神話も古典のなかの幻獣もそんなものかも。
 

Arrigo Peloso, Pietro Matto e Amon Nano

「毛深いアッリーゴ、狂ったピエトロと小さなアモン」
(Hairy Harry, Mad Peter and Tiny Amon)
アゴスティーノ・カッラッチ 国立カポディモンテ美術館蔵
Museo Capodimonte


右端の狂人ピエトロ(Mad Peter)が、博物学者ウリッセ・アルドロヴァンディ(Ulisse Aldrovandi)だとしているのが、ポーラ・フィンドレン(Paula Findlen)。「自然の占有」(Possessing Nature)で、16世紀のアルドロヴァンディと地質学に優れた、17世紀のイエズス会司祭アタナシウス・キルヒャー(Athanasius Kircher, 1601 - 1680)の二人を特に主人公格として書いている。

アタナシウスは、「化石」において、本物の化石と人工的な化石が混在していたために、結論がでない研究のひとつとなったが、アタナシウスの研究そのものにも、神話や伝説が混在し、アルドロヴァンディ同様に、正真正銘の科学文化とは僕は思えないけれど、珍しいもの蒐集し、研究する学問であるという点では感心する。



ルイージ・フェルディ ナンド・マルシーリ(Luigi Ferdinando Marsili)
ポッジ宮博物館 自然史 Histoire naturelle Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)


このポッジ博物館の自然史には、16世紀のウリッセ・アルドロヴァンディの蒐集品のほか、17世紀のルイージ・フェルディ ナンド・マルシーリ(Luigi Ferdinando Marsili)のコレクションも揃っている。珊瑚とか、鉱物みたいなものとか。


この人の肖像画は結構多かった。これは1739年にポーランドから視察の様子。椅子に座っているのがマルシーリ?

これから紹介する部屋や道具もいっしょに描かれている。



Le Museum diluvianum de l'Institut des Sciences
ポッジ宮博物館 自然史 Histoire naturelle Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)


ここには化石が展示されていた。ジュゼッペ ・ モンティ(Giuseppe Monti 1682-1760)は、ボローニャ大学の教授で、これらの化石を分類した。アンモナイト(ammonite)もあった。



Anatomia e ostetricia  
ポッジ宮博物館 解剖学 産科 Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)


解剖学には助産婦が出産を取り上げる練習の模型(ちょっと凄すぎた)や、胎児の模型が多数あった。僕的に生理的に弱い。



Anatomia e ostetricia
ポッジ宮博物館 解剖学 Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)


左のケースには、目、耳、口、舌などのひとつひとつの模型が飾られている。一番奥の彫像は、アンナ・モランディ (Anna Morandi 1714-1774)と夫のジョヴァンニ・マンゾリーニ (Giovanni Manzolini 1700-1755)だ。



エルコール・レリ(Ercole Lelli 1702-1766)の模型
ポッジ宮博物館 解剖学 Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)


エルコレ・レッリ(Ercole Lelli)、アンナ・モランディ・マンゾリーニの蝋細工によるもの。ジョヴァンニ・マンゾリーニはボローニャ大学の解剖学の教授。

エルコール・レリの模型の手前にあるテーブル。クレメンテ・スジーニ(Clemente Susini)のヴィーナスの解剖模型が置かれていたりする。嫌いだ。この模型はスペーコラ博物館にもある。



Physique et chimie  La lumière et l'optique
ポッジ宮博物館 物理学と化学 Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)


物理学と化学へ。

アイザック・ニュートン(Isaac Newton 1642-1727)の理論を、哲学者で作家、ボローニャ大学教授のフランチェスコ・マリア・ザノッティ (Francesco Maria Zanotti 1692-1777)とその弟子フランチェスコ・アルガロッティ(Francesco Algarotti 1712-1764)が著作で取り上げた。

たぶん1666年にニュートンがプリズム (prism)を使った実験を再現。

ここでは光学機器を発明したジュゼッペ・カンパーニ(Giuseppe Campani 1635-1715)も忘れてならない存在。フランスの詩人シャルル・ペロー(Charles Perrault)は、兄弟で建築家クロード・ペローとパリ天文台を竣工、光学機器はカンパーニだった。



Physique et chimie  La physique électrique
ポッジ宮博物館 物理学と化学 電気と物理 Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)


電気と物理へ

ルイージ・ガルヴァーニ(Luigi Galvani 1737-1798)は、1762年ボローニャ大学の医学教授、1775年に解剖学部の教授となったが、「カエルの実験」で知っている人、多いでしょ。

メスで切断するときに、死んだカエルの筋肉が動いて、電気が起こるのを発見したっていう話。

ここには彼が教授している大きな肖像画(左側
Ritratti di Docenti)と、そこに描かれている器具が手前のテーブルに置かれている。



La salle de géographie
ポッジ宮博物館  地理  Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)


フランチェスコ会修道士で地理学者ヴィンチェンツォ・コロネリ(Vicenzo Coronelli)の地球儀。1688年頃のものらしい。両側の壁には地図。ウィレム・ヤンソン・ブラウ(Willem J. Blaeu)、フレデリック・デ・ヴィット(フレデリック・デ・ウィット Frederick de Wit)などのアフリカやアメリカとかの地図だった。

フェルメールの絵に描かれている地球儀や地図は同じ17世紀。「
地理学者」ではヨドクス・ホンディウス(Hondius, Jodocus)の地球儀、「天文学者」も同じくヨドクス・ホンディウスの天球儀、フェルメールの地図もヨドクス・ホンディウスだ。「水差しを持つ女」の地図はH・アラルトのオランダ地図らしい。

この部屋に続くのが、軍事アーキテクスチャー「La Stanza dell'Architettura Militare」だった。覚えてない。

次は僕の好きな図書館(ライブラリー)。



La bibliothèque de l'Institut des Sciences
ポッジ宮博物館  図書室  Musei di Palazzo Poggi
(ボローニャ大学付属パラッツォ・ポッジ博物館)




19世紀のライブラリーホール


1712年にボローニャに買い取られ、1803年にボローニャ大学、建築家カルロ・フランチェスコ・ドッティ(Carlo Francesco Dotti 1670 - 1759)によって拡張された。

ジュゼッペ・アントニオ(Giuseppe Antonio)の天文台もつくられ、科学アカデミーが1724年?につくられたようだ。ここはそのライブラリー。ヴィンチェンツォ・コロネリの地球儀は1692-93の制作。

あとは船のギャラリー「La galerie des navires」があった。以上。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< ベノッツォ・ゴッツォリ メディチ・リッカルディ宮殿 Chapel of the Magi | main | 少年ジャンプ42号 HUNTER×HAUNTER >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/194

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--