ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
百一夜 1995 A Hundred and One Nights
映画 / SAI
評価:
アニエス・ヴァルダ
コメント:僕にはB級映画。コメディーとしてなら面白い。

百一夜(Les cent et une nuits de Simon Cinema)は、僕の中ではB級映画。

100歳になろうといているシモン・シネマ(ミシェル・ピコリ)が、101日をかけて自分の回想を聞かせるために、映画の大学院生のカミーユ(ジュリー・ガイエ)を雇うところから百一夜とし、「千一夜」のタイトルをパロディ化。

シモン・シネマ(ミシェル・ピコリ)は、映画が100年を迎えた擬人化だ。

古い映画の話に登場する有名な俳優たち、貴重なフィルムとのオーバーラップは、パロディだったり、アニエス・ヴァルダのメッセージだったりするわけなんだけど・・・。

映画100年という流れで、これだけの有名な俳優のカメオ出演や伝統作品の継続としての映画が登場するのに、本質的なメッセーッジって何もない。詰め込みすぎて、単なるアニエス・ヴァルダの懐古趣味。

合作したフランスや英国では、制作から10年以上経た現在では、僕たちのような大衆層でちっとも話題にならないのは、「ヌーヴェルヴァーグの祖母」と呼ばれるアニエス・ヴァルダの一方的な姿勢だろう。



(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema
シモン・シネマ(ミシェル・ピコリ)


彼女の夫だったジャック・ドゥミへの賛辞。この「百一夜」はジャック・ドゥミの「シェルブールの雨傘」(三話)のように一話一話を連続させて構成している。

しかも第17回カンヌ国際映画祭パルム・ドール受賞の「シェルブールの雨傘」に重ねたように「カンヌ映画祭にて」を構成し、エイズで死去したジャック・ドゥミをそこに投影したたように、「百一夜」でがシネマ氏が全財産を「エイズ基金」に寄付することになる。

日本だけが形而上的コメディーとして、哲学的解釈を施しているのに笑える。だけど僕的にはB級映画として楽しめる。

百一夜 俳優たち
百一夜 短い友情出演
百一夜 城にて
百一夜 若者たち
百一夜 とても若い者たち

あるいは

百一夜「カンヌ映画祭にて」
百一夜「短い友情出演」
百一夜「俳優たち」
百一夜「城にて」
百一夜「抜粋映像として」
百一夜「若者たち」
百一夜「とても若い者たち」

「俳優たち 」
アヌーク・エーメ
ファニー・アルダン
ジャン=ポール・ベルモンド(ベベウ教授 )
ロマーヌ・ボーランジェ(死神役)
サンドリーヌ・ボネール(ジャンヌ・ダルク)
ジャン=クロード・ブリアリ (バス・ガイド役)
アラン・ドロン(ヘリコプターで登場 本人役)
カトリーヌ・ドヌーヴ(舟遊び)
ロバート・デ・ニーロ(舟遊び)
ジェラール・ドパルデュー
ハリソン・フォード
ジーナ・ロロブリジーダ
ジャンヌ・モロー
ハンナ・シグラ


アメリカの夜のロバート・デ・ニーロとカトリーヌ・ドヌーヴ





(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema
百一夜 ロバート・デ・ニーロとカトリーヌ・ドヌーヴ


古い映画とのオーバーラップは、たとえばロバート・デ・ニーロとカトリーヌ・ドヌーヴの舟遊びの場面は、フィルムとのオーバーラップじゃない。

この映画のほかの場面にも登場している「アメリカの夜」が、このシーンには別のかたちで投影されている。

百一夜 動画
Robert De Niro with Catherine Deneuve (ロバート・デ・ニーロ&カトリーヌ・ドヌーヴ)

フランソワ・トリュフォー監督の「アメリカの夜」(1973年)は、業界用語の「アメリカの夜(la nuit americaine)」の隠語で、映画の撮影技法のことだ。



(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema
百一夜 船から落ちたロバート・デ・ニーロ


ロバート・デ・ニーロとカトリーヌ・ドヌーヴの舟遊びの場面は、岸に船がぶつかる度に、朝になり夜になる。

つまり、昼に撮影しなければならない夜のシーン、夜に撮影しなければならない朝のシーンを撮影しているわけなんだ。真実らしく見せかけたもの。映画の撮影完了までを映画にした「アメリカの夜」です。

劇中劇があり、撮影技法を駆使し、映画に関わる人間模様があり、「アメリカの夜」は面白い。その「アメリカの夜」の朝と昼をここでオーバーラップさせている百一夜。



(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema
百一夜 ロバート・デ・ニーロのパロディ?


突然、酒を飲んで舟遊びをしていたロバート・デ・ニーロは、いきなり立ち上がったかと思ったら、池に落ちた。すでに死んでいるような姿が池に浮かぶ。

いきなりロバート・デ・ニーロの「アンタッチャブル」(ブライアン・デ・パルマ 1987)を思わせる男が胸から取り出したのは拳銃。百一夜のロバート・デ・ニーロは、アル・カポネ(ロバート・デ・ニーロの役)に殺された?

この「アメリカの夜」は、カミーユの恋人ミカら若者たちがつくりあげる映画にも投影されている。


アラン・ドロン編


このB級映画での「錚々たる名優」に一番相応しい俳優はアラン・ドロンだった。過去のドロンの映画だけではなく、業界での人間関係を含む場面を演じさせ、それをサラリとやってのけるアラン・ドロン。自らの私生活さえもパロディーを厭わなかった。そこがスゴイ。



(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema
バイセクシャルだったヴィスコンティと噂があったドロン
彼のこの真を眺めるドロン、左は「山猫」のポスターがある。


アンリ・ガルサン演じるシモン・シネマ邸の執事に迎えられたアラン・ドロン。その執事、アラン・ドロンのファンという設定だが、ムッシュ・シネマは病気で面会できないとアラン・ドロンに嘘をつく。

そのムッシュ・シネマは、ジャン・リュック・ゴダールを真似たヴァンサン役(孫に仕立てられた青年)と映画談義中。

アラン・ドロンはムッシュ・シネマの代わりにヴィスコンティの写真と対面したんだ。

そうしてアラン・ドロンの映画のポスターが張られた部屋で、執事はつかの間アラン・ドロンと二人っきりになり、サインをもらう。太陽がいっぱいのサインの場面のように?そうではないようで、執事は「ゴーシュ(レッド・サンでのドロンの役名)へと」と言う。

ゴーシュは裏切る男の名前だ。

そしてドロンは引き上げたあと、執事はヴァンサン役を演じるエマニュエル・サランジェと映画談義中のシモン・シネマに警察を追っ払ったという嘘を言う始末。






(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema
「太陽はひとりぼっち」のような柱 山猫とドロンの断絶?
「山猫」のポスターのドロンはヴィットリアのように柱で半分の映像




シネマ邸の執事はアラン・ドロンだけではなく、「フレンチ・フィルム・ノワール(フランス製ギャング映画)」がお好きで、その主題でもある「男同士の友情と裏切り」を印象つけた。

アラン・ドロンの「太陽がいっぱい」の「男同士の友情と裏切り」であると僕は考えた。だからこのシーンは「太陽がいっぱい」と同じように、冒頭にヘリコプターが登場したのでは?原作のトム・リプリーは「ヘリの操縦」ができるんだ。

そして柱。ミケランジェロ・アントニオーニの「太陽はひとりぼっち」を、この柱で表現していると思う。

ジャン・リュック・ゴダールを真似たヴァンサンは、カミーユの計画で彼の孫に仕立て上げられる。ここでは、アラン・ドロンが演じた二役を暗示しているのではないか。

百一夜 動画
Alain Delon(アラン・ドロン) 「A Hundred and One Nights」








この映像には、ドロンが出演した「太陽はひとりぼっち」の証券取引所のような柱がある。その柱と柱の間にヴィスコンティが監督の「山猫」のポスターのバート・ランカスターが、ヴィットリアのように半分だけしか映されていない。没落する貴族の豪奢な倦怠と大衆のヴィットリアの倦怠を重ねたようだ。

アニエス・ヴァルダのカメラ・アイは、凄い。見事に「太陽がいっぱい」(ヘリコプター)、「太陽は一人ぼっち」(柱とアラン・ドロン、山猫)を映像化した。僕の不満は僕の過去記事「太陽が知っている」だけが見当たらない。

その映画は婚約解消したロミー・シュナイダーとの共演。ヴィスコンティは二人の婚約を祝福していた。ところが解消。ヴィスコンティは激怒。彼の映画ポスターと写真のあるその部屋。ドロンとの断絶を強調しているってわけ?






(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema




引き上げるアラン・ドロンは、カミーユと邸宅前で出会い、彼女をヘリコプターでパリ15区に送る。

映画の大学院生のカミーユは、恋人のカミーユ(通称ミカ)と企んで、シネマ氏の遺産相続人である失踪した息子の孫を仕立て上げる。それがヴァンサン。

カミーユは、恋の相手をこのヴァンサンに鞍替えする。ちなみにB.B.ことブリジット・バルドーがジャン=リュック・ゴダールの「軽蔑」で演じたカミーユを重ねてるのかな。商業主義のポールから心がはなれたカミーユ。

このドロンとカミーユの二人が去ったあと、二人の親子があらわれた。

この場面、ネオレアリズモ(新写実主義)の名作といわれる「自転車泥棒」のシーン。(ひょっとしてシネマ邸の一室にアラン・ドロンのポスターを貼ったのは、「自転車泥棒」の父アントニオ?)






(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema




ここで、比較できるのは貧しい親子が高級レストランで食事をするシーン。肩身が狭い思いをするが、「太陽がいっぱい」で、アラン・ドロンが演じたトムは金持ちのフィリップから、ナイフの使い方を蔑まれる場面がある。比較しているところだろうか。

あるいは男女の愛と比べて、親子の愛の絆を比較したのだろうか。

ここでもアニエス・ヴァルダの「ジャック・ドゥミの少年期」を思い出させる。ジャコ(ジャックの愛称)は自転車修理工の息子だ。家業を継がず、映画の世界に入ったジャコ。

「自転車泥棒」の制作された1948年のジャコは18歳。ドゥミ夫人(アニエス・ヴァルダ)にその映画を語ったことがあったのかもしれない。

これは僕の一方的な解釈。






(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema




アラン・ドロンのシーンに、「黒いチューリップ」のポスターが何度も何度も背景に映る。

記事 アラン・ドロン デュマの黒いチューリップ vs ジョンストン・マッカレーの怪傑ゾロ

「黒いチューリップ」はドロンの初めての剣戟映画だ。アニエス・ヴァルダがこの映画に、アラン・ドロンの「黒いチューリップ」をちらつかせたメッセージはどうでもいい。

僕的に、「黒いチューリップ」のアラン・ドロンが美の頂点だったと感じている。そしてダークなイメージが消えている。






(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema




ところで、1966年のルネ・クレマン監督の映画「パリは燃えているか」(Paris brûle-t-il ? )で、シモン・シネマことミシェル・ピコリとアラン・ドロンは共演している。

ドイツのコルティッツ大将は、フランスのレジスタンスに内部対立があるのを知っている。ドゴール将軍の幕僚デルマ(アラン・ドロン)と自由フランス軍=FFIの首領ロル大佐(ブルーノ・クリーマー)の対立だ。

ミシェル・ピコリ(Michel Piccoli)は、フランスレジスタンス運動(Résistance intérieure française)に参加したエドガー・ピザーニ(Edgard Pisani)を演じた。



(C)Paris brûle-t-il ?


エドガー・ピザーニは知事、上院議員、内閣閣僚の一人として、フランス共和国の政治家の一人。たしか左翼のはず。ド・ゴール派のミュルヴィル首相がジャック・シャバン=デルマと交代するまでフランス農相を務めた。

「百一夜」で二人が対面しなかったのは、ルネ・クレマンの「パリは燃えているか」のレジスタンス内の紛争が原因?


 映画のオーバーラップ

さて映画とオーバーラップさせている「百一夜」には、ルイス・ブニュエルとシュールレアリスムのサルバドール・ダリが脚本を書いた「アンダルシアの犬」が何度か映し出される。一番不愉快な「目」の場面だった。

ほかにはイタリアのお友だち(M・マストロヤンニ)とシネマ氏のやりとりには、「8 1/2」、「軽蔑」が登場。だけどその映画の本質のオマージュではなく、ただのパロディで終わっている。

吸血鬼ノスフェラトゥ(F・W・ムルナウ 1922)、キングコング(メリアン・C・クーパー、アーネスト・B・シェードザック 1933)、バグダットの盗賊(ラウール・ウォルシュ 1924)、「8 1/2」(フェデリコ・フェリーニ 1963)、軽蔑(ジャン=リュック・ゴダール 1963)、アメリカの夜(ちなみにジュゼッペ・スコテーゼ 1961)、北ホテル(マルセル・カルネ 1938)、サイレント晩期のキートンの蒸気船(チャールズ・F・ライズナー 1928)、将軍、メトロポリス(フリッツ・ラング 1926)、、シェストレムの風オルフェ(ジャン・コクトー 1950)、パリ テキサス(ヴェンダース 1984)、スリ(ロベール・ブレッソン 1959)、黄金時代(ルイス・ブニュエル&ダリ 1930)、ダントン(アンジェイ・ワイダ 1983)、ロシュフォールの恋人たち最後の晩餐などがオーバーラップされているけど、「映画の歴史」に胸が詰まるような迫力がない。つまり中身がない。

だけど、単なるコメディーとしてなら楽しめる。暇つぶしの時間に観ると「面白かった」ってかんじ。


 そのほかの場面と登場人物

短い友情出演
サビーヌ・アゼマ
ジェーン・バーキン
レオナルド・ディカプリオ
アリエル・ドンバール
スティーブン・ドーフ
アンドレア・フェレオル
ダリル・ハンナ
ジャン・ピエール・カルフォン
ジャン・ピエール・レオ
エミリー・ロイド
アサンプタ・セルナ
マーティン・シーン
ハリー・ディーン・スタントン
ダニエル・トスカン・デュ・プランティエ



(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema
短い友情出演 レオナルド・ディカプリオ


城にて
ミシェル・ピッコリ(シモン・シネマ)
マルチェロ・マストロヤンニ(イタリア人の友人として)
ジュリー・ガイエ(カミーユ)
マチュー・ヴァルダ(カミーユの恋人通称ミカ、同名のカミーユ)
アンリ・ガルサン(シモン・シネマ邸の執事)
カルロ・ブノワ
ベベ・メルク
クリスチャン・ブイエット
フレデリック・ダリ
ジャン・クロード・ロメール
フランシスコ・ラバル

若者たち
ジュリー・ゲイエ
マチュー・ドミ
エマニュエル・サランジェ(ムッシュ・シネマの孫に仕立てられるヴァンサン)
アントワーヌ・デロジエール
ドゥニ・セバ
ルイ・セザンヌ
アレクシア・ストゥレシ

とても若い者たち
クシミリアン・モシオン
サロム・ブレシュマン


 フランス映画100年史


 

リュミエール兄弟  トーマス・エジソン


映画100年というのは、フランスの映画発明だ。トーマス・エジソンのキネトスコープの発明から、シネマトグラフ・リュミエールを開発したのがリュミエール兄弟。世界最初の実写映画「工場の出口」に続いて、 「ラ・シオタ駅への列車の到着」を制作した。



(C)Les cent et une nuits de Simon Cinema


エジソンは映画撮影のための施設を作り、劇映画製作もはじめた。映像は電球を開発したエジソンを象徴したコスプレのリュミエール兄弟。アホらしいけど面白い。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< モーリス・ドニ キリスト ル・ペジネの聖マルグリット教会 | main | ジャン・ガブリエル・ドマーグ >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/191

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--