ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
太陽が知っている La Piscine (1968)
映画 / SAI
作家のジャン・ポールをアラン・ドロン(Alain Delon)、妻でジャーナリストのマリアンヌにロミー・シュナイダー(Romy Schneider)、そしてマリアンヌの昔の恋人ハリーにモーリス・ロネ(Maurice Ronet)。



 La Piscine (1968)
アラン・ドロン(Alain Delon) & モーリス・ロネ(Maurice Ronet)


9年前の「太陽がいっぱい」、そして9年後の「太陽が知っている」で、殺害されるモーリス・ロネ。なんだがたった9年のうちに二人とも、結構いい年齢に見えるんだけど。

アラン・ドロンのタイトル「太陽」ニ作品はこちら
フェミニズムな映画 太陽はひとりぼっち
太陽がいっぱい(PLEIN SOLEIL) リプリーがいっぱい

そして9年前の「太陽がいっぱい」で、ロミー・シュナイダーはカフェの場面で、カメオ出演をしているが、アラン・ドロンの性愛に関係がある3人だ。



Plein soleil (1960)
アラン・ドロン(Alain Delon) & モーリス・ロネ(Maurice Ronet)


「太陽がいっぱい」では海から遺体、「太陽が知っている」ではプールから遺体、どちらも水に関係が深い殺害でのモーリス・ロネ。

太陽が知っている La Piscine (スイミング プール)
 
太陽が知っている  
 
太陽が知っている ラヴ・シーン
 
太陽が知っている パーティの場面 
 
太陽が知っている 殺人の場面
 


ロミー・シュナイダーはアラン・ドロンはの元婚約者。昔の恋人との共演。ロミー・シュナイダーはこの映画でもモーリス・ロネ演じるハリーの昔の恋人。

物語のあらすじはこちら。ネタバレありの
太陽が知っている - goo 映画からどうぞ。


1968年に制作された「太陽が知っている」は、イタリアでの初公開は1969年の4月。結局この二人は夫婦ではなく共犯者として、苦悩の人生を生きていくことになる。殺害したのはジャン・ポール。それを知りながらマリアンヌは供述をしなかった。

結局ジャン・ポールは証拠不十分で釈放。ハリーの事件は未解決。

ちょうど、この映画の製作中に、アラン・ドロンに解雇された元ボディ・ガードが殺された。ステファン・マルコヴィッチ(Stevan Markovic)は1968年10月に殺害された。2年前の1966年にアラン・ドロンのボディガードだったミロシェビッチが変死している。



威風堂々としたフランソワ・マルカントーニ


If I get killed, it's 100% fault of Alain Delon and his godfather Francois Marcantoni

僕の直訳
「私が殺されたとすると、それは100%、アラン・ドロンと彼のゴッドファーザーであるフランソワ・マルカントーニの悪事(あるいは罪)だ。」

彼は兄弟のアレクサンダーに手紙を書いていた。なぜ、自分が殺されると思ったのだろうか?アラン・ドロンへの恐喝?それともフランス政府?殺される前に逃げろって思うんだけど、フランソワ・マルカントーニから、そうそう逃れられないと考えたんだろう。

ディック・ キャベット・ショーに出演したアラン・ドロンへのインタヴューの動画
Alain Delon interview (part 1 of 4)
Alain Delon interview (part 2 of 4)

Alain Delon on Chicago & the Markovic murder
アラン・ドロンにマルコヴィッチ殺人のインタヴューの動画はこの後半
Alain Delon interview (part 3 of 4)
Alain Delon interview (part 4 of 4)

フランソワ・マルカントーニは、パリでナイト・クラブを経営するコルシカのマフィアであり、作家でもある。そして大戦中はフランス・レジスタンス(French Resistance)に参加した人。レジスタンス勲章と戦争十字架勲章を授与されているんだから、マフィアよりも「要人」だ。(銀行強盗としても名があがっているけど)

当時、ド・ゴール大統領の時代。彼の下で、1962年4月16日から1968年7月13日まで首相を務めたジョルジュ・ポンピドゥー。彼のジョルジュ・ポンピドゥ国立美術文化センターは有名だ。行ったことあるでしょ?

このポンピドゥーとその妻も、マルコヴィッチに関わっている。

このマルコヴィッチが殺害される前、パリ18区のポール・ヴァレリーにある、マルコヴィッチの娼家「マダム・クロードの家」(マダム・クロードの娼家「クロードの館」とは違う。)で、政財界、映画界の著名人たちの乱交パーティーが催されていた。彼はこうした著名人たちのいかがわしい写真を撮り、恐喝のネタにしていた。



パリ 1962年 右端 ポンピドゥー (Jean Raymond Pompidou)
Jacqueline de Ribes, Marie-Hélène de Rothschild,
 Audrey Hepburn, Georges


ポンピドゥー夫妻が参加したのは、南仏サントロペでのパーティーらしい。奇しくも映画「太陽は知っている」は、サントロペでロケがあった。ちなみにアラン・ドロン夫妻とも交流がある。まさかそのパーティーで?

次期大統領選に出馬表明していたポンピドゥー。政敵によるポンピドゥー追い落としの謀略とされ、この「マルコヴィッチ殺害事件」は、「フランスの謀殺事件」ともいわれている。

この事件、結局は証拠不十分で、被疑者は釈放。未解決事件。

そしてポンピドゥーは、写真をばら撒かれたけれど、無事にこの年からフランス第五共和政第2代共和国大統領に就任。1974年まで務めた。1970年の4月にアラン・ドロンが、マルコヴィッチ殺害事件の早期解決の公開嘆願を提出したのが、このポンピドゥー大統領。

マルカントーニが、この事件に関して無罪になったのは1976年で、なぜか次の大統領ヴァレリー・ジスカール・デスタンの時代。元大統領、いまでも元気にブログを更新中。

アラン・ドロン関連記事

フェミニズムな映画 「太陽はひとりぼっち」   L'eclisse − The Eclipse(日蝕)

アラン・ドロン デュマの黒いチューリップ vs ジョンストン・マッカレーの怪傑ゾロ
| comments(0) | trackbacks(2) | -
pagetop
<< ショスタコーヴィチ ジャズ組曲から アンドレ・リュウの第2番第2ワルツ The Second Waltz | main | ベノッツォ・ゴッツォリ Benozzo Gozzoli >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/190
今日の記事は、このブログの開設5年目にして一番長い記事。僕なりに、「太陽がいっぱい」で登場するフラ・アンジェリコ(Fra Angelico)の画集から、対極する画家フィリッポ・リッピ(Fra Filippo Lippi)との比較とこの映画の解説を試みた。いわば個人の趣味に基づく感
| remove | 2011/07/22 12:32 AM |
ご存知のように、映画「太陽はひとりぼっち」は、ミケランジェロ・アントニオーニの「愛の不毛」三部作(「赤い砂漠」も加えると4部作)のひとつ。どうして日本は「実存三部作」と訳さなかったのかが不思議です。1960年の「情事」(L'avventura)、1961年の「夜」( La
| Life Style Concierge | 2011/07/22 8:41 PM |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--