ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ショスタコーヴィチ ジャズ組曲から アンドレ・リュウの第2番第2ワルツ The Second Waltz
music / SAI

ショスタコーヴィチ(Dmitrii Dmitrievich Shostakovich)のジャズ組曲第2番第2ワルツが好きだ。

Andre Rieu - The Second Waltz (Viennese Waltz)

音楽家アンドレ・リュウのステージは凄い。遊園地での演出など、本当に音楽を楽しめるし衣装も楽しめる。

André Rieu's World Stadium Tour: biggest stage ever to go on tour!

寺井尚子さんの「ジャズワルツ」は、ショスタコーヴィチの第2番第2ワルツからの編曲で、あれを聴いていると絶望的になる。それも悪くないけど。

だが、アンドレ・リュウのヨハン・シュトラウス・オーケストラの演奏は、ショスタコーヴィチ ジャズ組曲第2番第2ワルツを、観客は口ずさみ、ダンスを踊りだし、パーティーの余興のように楽しめる。


僕の好みは偏っている。でも楽しいことも大好き。

André Rieu - In Wonderland

まるで中世時代の見世物小屋で演奏する。酒を飲みながら踊り、歌う人々の間での演奏。

Second waltz, Cinderella Waltz ショスタコーヴィチのジャズ組曲第2番第2ワルツ

ちなみにアラン・ドロンの「黒いチューリップ」の動画に、このショスタコーヴィチのジャズ組曲第2番第2ワルツが使われていたのがあった。なんで?

記事 アラン・ドロン デュマの黒いチューリップ vs ジョンストン・マッカレーの怪傑ゾロ


もともとミハイル・カラトーゾフの映画「第一軍用列車」(1955年)の映画音楽として、ショスタコーヴィチが作曲した。

カザフ草原の厳しい霜と春の泥流。その地はカザフスタン。そこに楽隊たちのような面々が列車に乗って到着する。彼らはたぶんコムソモール(旧 全連邦レーニン共産主義青年同盟)の人々ではないかと。

開拓のために最初の列車で最初の人々の生活とロマンスの話のようだ。(ロシア語とっても苦手だから)

とにかく最初の開拓の人々の困難と、生活を楽しもうとする人々が、ロマンスやらなんやら、最後は野火で、剥離された若者たちがどうにかこうにか納まるハッピーエンド。



オレグ・エフレーモフ?(1927−2000)


次の動画のリンク先 Первый эшелон (1955) 6/8 でショスタコーヴィチの第2番第2ワルツが流れた。

Первый эшелон (1955) 1/8
Первый эшелон (1955) 2/8
Первый эшелон (1955) 3/8
Первый эшелон (1955) 4/8
Первый эшелон (1955) 5/8
Первый эшелон (1955) 6/8
Первый эшелон (1955) 7/8
Первый эшелон (1955) 8/8

カザフスタンは、ソ連時代の1940年代後半にセミパラチンスク核実験場が設置されたところ。ミハイル・カラトーゾフのは、映画「第一軍用列車」で、何を訴えたかったのか、よくわからない。

1917?18年?のロシア革命後にカザフスタンはロシア(旧ソ連)の支配下にあり、ソ連崩壊後に共和国となった。

1955年、この映画が制作された年の前年にスターリンが死んだ。実権を握ったフルシチョフは、カザフスタンの処女地開拓を行った。この当時のカザフスタンの首相はブレジネフ。

その過渡期の作品で、プロバガンダなのか、どうなのかってとこ。現在のこの映画の社会的位置はどういったところだろうか。


また、トラクターの開発もこの映画の中で扱われている。農業用としてだが、この当時は農業用と称して、戦闘用の牽引車が開発されていた時代。

とにかく、この映画は妙に気になる。

さて、ショスタコーヴィチは「悲劇の作曲家」なんて言われているのが、この過渡期の時代。「自らが求める音楽と体制が求める音楽」というのが、「スターリンの生前と死後」になる。

スターリンの生前は社会主義リアリズムで、形式において民族的、内容において社会主義的な音楽を作曲。

この映画「第一軍用列車」は共産党賛美の作品だと思われる。

そしてスターリンの死後、交響曲なんかを発表。「自らが求める音楽」なんだね。ふーん。

| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< デリカテッセン ジュネ&キャロ Delicatessen (Jeunet & Caro) | main | 太陽が知っている La Piscine (1968) >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/189
アラン・ドロンの黒いチューリップ アラン・ドロンの「黒いチューリップ(La Tulipe noire)」も、僕が幼少の頃、TVの「洋画劇場」でみた作品。音楽はジェラール・カルヴィ(Gerard Calvi)が担当した。Alain Delon &amp; The Second Waltz なんだけど、なんとシ
| remove | 2011/07/05 9:23 PM |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--