ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
バッハ 「心と口と行いと生活で」
music / SAI

alei が、パッヘルベルのカノンほかの記事をアップしたなかで、パッヘルベルのあとの世代のバッハのカノンやフーガも紹介していた。(ひとつリンクはずれてんだけど)

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(Johann Sebastian Bach)では、ゴルトベルク変奏曲(BWV988)をもっともよく聴いているが、お馴染みの曲で、どこでも流しているく「主よ、人の望みの喜びよ」はあえて聴いていない。

だから今日はそれを記事にした。

「心と口と行いと生活で(Herz und Mund und Tat und Leben)BWV147」は、全10曲の教会カンタータ。ほとんどの人がコラールが第6曲、第10曲は知っているとおり、「主よ、人の望みの喜びよ」で馴染み深い曲。

この曲は、バッハがスライドトランペットを使用した曲でも有名。1曲目の「心と口と行いと生活で」(合唱)、6曲目の「イエスこそわが喜び」(コラール合唱)、9曲目「われは歌わんイエスの御傷」、そして6曲目と同じメロディーの10曲目の「主よ、人の望みの喜びよ」に使用されている。

それでトランペットとオルガン演奏を選んでみた。

Jesus bleibet meine Freude BWV 147, Johann Sebastian Bach, Marco Frizenschaf, Felix Ketterer

Trompete: Marco Frizenschaf, Orgel: Felix Ketterer

合唱つきはこっち。
Jesus bleibet meine Freude

すこしまとめて聴きたい方は、シュトゥットガルト・バッハ・コレギウム(Bach-Collegium Stuttgart)の演奏と合唱で。

J. S. Bach - Cantata "Herz und Mund und Tat und Leben" BWV 147 (1/4)
J. S. Bach - Cantata "Herz und Mund und Tat und Leben" BWV 147 (2/4)
J. S. Bach - Cantata "Herz und Mund und Tat und Leben" BWV 147 (3/4)
J. S. Bach - Cantata "Herz und Mund und Tat und Leben" BWV 147 (4/4)

1曲づつ聴きたい人は、バロック音楽が主な古楽器オーケストラのウィーン・コンツェントゥス・ムジクス(Concentus Musicus Wien)の演奏で。ドイツ語で歌いたい人のために歌詞つき。

第1部 第1曲 合唱「心と口と行いと生活で」
Chorus: Herz und Mund und Tat und Leben (1. of BWV 147)

Herz und Mund und Tat und Leben
Muss von Christo Zeugnis geben
Ohne Furcht und Heuchelei,
Dass er Gott und Heiland sei

Concentus Musicus Vienna.
Arnold Schoenberg Choir.
Nikolaus Harnoncourt, conductor

第2曲 レチタティーヴォ「祝福されし口よ」
Recitativo (tenor): Gebenedeiter Mund!

Gebenedeiter Mund!
Maria macht ihr Innerstes der Seelen
Durch Dank und Rühmen kund;
Sie fänget bei sich an,
Des Heilands Wunder zu erzählen,
Was er an ihr als seiner Magd getan.
O menschliches Geschlecht,
Des Satans und der Sünden Knecht,
Du bist befreit
Durch Christi tröstendes Erscheinen
Von dieser Last und Dienstbarkeit!
Jedoch dein Mund und dein verstockt Gemüte
Verschweigt, verleugnet solche Güte;
Doch wisse, dass dich nach der Schrift
Ein allzuscharfes Urteil trifft!

Concentus Musicus Vienna.
Arnold Schoenberg Choir.
Nikolaus Harnoncourt, conductor.
Ian Bostridge, tenor

第3曲 アリア「おお魂よ、恥ずることなかれ」
Aria (alto, oboe d'amore): Schäme dich, o Seele nicht

Schäme dich, o Seele, nicht,
Deinen Heiland zu bekennen,
Soll er dich die seine nennen
Vor des Vaters Angesicht!
Doch wer ihn auf dieser Erden
Zu verleugnen sich nicht scheut,
Soll von ihm verleugnet werden,
Wenn er kommt zur Herrlichkeit.

Concentus Musicus Vienna.
Arnold Schoenberg Choir.
Nikolaus Harnoncourt, conductor.
Bernarda Flink, alto.

第4曲 レチタティーヴォ「頑ななる心は権力者を盲目にし、最高者の腕を王座より突き落とす」
Recitativo (bass): Verstockung kann Gewaltige verblenden

Verstockung kann Gewaltige verblenden,
Bis sie des Höchsten Arm vom Stuhle stößt;
Doch dieser Arm erhebt,
Obschon vor ihm der Erde Kreis erbebt,
Hingegen die Elenden,
So er erlöst.
O hochbeglückte Christen,
Auf, machet euch bereit,
Itzt ist die angenehme Zeit,
Itzt ist der Tag des Heils: der Heiland heißt
Euch Leib und Geist
Mit Glaubensgaben rüsten,
Auf, ruft zu ihm in brünstigem Verlangen,
Um ihn im Glauben zu empfangen!

Concentus Musicus Vienna.
Arnold Schoenberg Choir.
Nikolaus Harnoncourt, conductor.
Christopher Maltman, bass.

第5曲 アリア「イエスよ、道をつくり給え」
Aria (soprano, violin): Bereite dir, Jesu, noch itzo die Bahn

Bereite dir, Jesu, noch itzo die Bahn,
Mein Heiland, erwähle
Die gläubende Seele
Und siehe mit Augen der Gnade mich an!

Concentus Musicus Vienna.
Arnold Schoenberg Choir.
Nikolaus Harnoncourt, conductor.
Christine Schaefer, soprano.

第6曲 コラール合唱「イエスこそわが喜び」
Chorale: Wohl mir, daß ich Jesum habe Parte seconda

Wohl mir, dass ich Jesum habe,
O wie feste halt ich ihn,
Dass er mir mein Herze labe,
Wenn ich krank und traurig bin.
Jesum hab ich, der mich liebet
Und sich mir zu eigen gibet;
Ach drum lass ich Jesum nicht,
Wenn mir gleich mein Herze bricht.

Concentus Musicus Vienna.
Arnold Schoenberg Choir.
Nikolaus Harnoncourt, conductor

第2部 第7曲 アリア「助け給え、イエスよ」
Aria (tenor): Hilf, Jesu, hilf, daß ich auch dich bekenne

Hilf, Jesu, hilf, dass ich auch dich bekenne
In Wohl und Weh, in Freud und Leid,
Dass ich dich meinen Heiland nenne
Im Glauben und Gelassenheit,
Dass stets mein Herz von deiner Liebe brenne

Concentus Musicus Vienna.
Arnold Schoenberg Choir.
Nikolaus Harnoncourt, conductor.
Ian Bostridge, tenor.

第8曲 レチタティーヴォ「全能にして奇跡なる御手は」
Recitativo (alto): Der höchsten Allmacht Wunderhand

Der höchsten Allmacht Wunderhand
Wirkt im Verborgenen der Erden.
Johannes muss mit Geist erfüllet werden,
Ihn zieht der Liebe Band
Bereits in seiner Mutter Leibe,
Dass er den Heiland kennt,
Ob er ihn gleich noch nicht
Mit seinem Munde nennt,
Er wird bewegt, er hüpft und springet,
Indem Elisabeth das Wunderwerk ausspricht,
Indem Mariae Mund der Lippen Opfer bringet.
Wenn ihr, o Gläubige, des Fleisches Schwachheit merkt
Wenn euer Herz in Liebe brennet,
Und doch der Mund den Heiland nicht bekennet,
Gott ist es, der euch kräftig stärkt,
Er will in euch des Geistes Kraft erregen,
Ja Dank und Preis auf eure Zunge legen.

Concentus Musicus Vienna.
Arnold Schoenberg Choir.
Nikolaus Harnoncourt, conductor.
Bernarda Fink, alto.

第9曲 アリア「われは歌わんイエスの御傷」
Aria (bass, trumpet, oboes): Ich will von Jesu Wundern singen

Ich will von Jesu Wundern singen
Und ihm der Lippen Opfer bringen,
Er wird nach seiner Liebe Bund
Das schwache Fleisch, den irdischen Mund
Durch heilges Feuer kräftig zwingen.

Concentus Musicus Vienna.
Arnold Schoenberg Choir.
Nikolaus Harnoncourt, conductor.
Christopher Maltman, bass

第10曲 コラール合唱「イエスは変わらざるわが喜び」
Chorale: Jesus bleibet meine Freude

Jesus bleibet meine Freude,
Meines Herzens Trost und Saft,
Jesus wehret allem Leide,
Er ist meines Lebens Kraft,
Meiner Augen Lust und Sonne,
Meiner Seele Schatz und Wonne;
Darum lass ich Jesum nicht
Aus dem Herzen und Gesicht

Concentus Musicus Vienna.
Arnold Schoenberg Choir.
Nikolaus Harnoncourt, conductor.
Christine Schaefer, soprano.
Bernarda Flink, alto.
Ian Bostridge, tenor.
Christopher Maltman, bass.

こんなカンジだったわけ。ふーん。

ワード・スウィングル(Ward Swingle)が1962年に結成した男女8人のザ・スウィングル・シンガーズ(The Swingle Singers)は、バックで歌うセッション・シンガー。いっしょに活動していたミシェル・ルグランがハリウッドに行くと、今度はバックじゃなく、バッハをカバーで歌いだした。

The Swingle Singers

The Swingle Singers


それが「平均律クラヴィーア曲集」だった。もちろん、「イエスこそわが喜び」、「イエスは変わらざるわが喜び」もカバーしている。

J. S. Bach-Swingle Singers - Transcription of Jesu Joy of Man's Desiring from Cantata BWV 147

僕が子供の頃、スウィングル・シンガーズの「ダバダバダ」が流行ったけど。メンバーは入れ替わったりしてるけど、いまも続いている。

追記 mariさんのコメントより

ピアノを習った方なら、ヘスの「「主よ、人の望みの喜びよ」」を弾いたことがあるのでは。そういえば僕の子供たちも弾いていた。いま教本を見てみたら・・・、ない。あっ、それ全音楽譜であった。

マイラ・ヘス自身が弾いている動画
Myra Hess Plays Jesu,Joy of Man's Desiring and Scarlatti

mariさん紹介のマイラ・ヘスはコメントから。

ちなみに、あんまり現代のピアニストの動画がない。でもディヌ・リパッティ(Dinu Lipatti)をゲット。

Dinu Lipatti plays Bach - Jesu, Joy of Man's Desiring (Piano solo)

ダニエル・リカーリ(Danielle Licari)のカンタータ147番のコラール。スウィングル・シンガーズの「ダバダバダ」といっしょ。これ、いいよ。僕的に好き。

Danielle Licari - Jesu, Joy Of Man's Desiring


さて、このバッハのカンタータ147番に誰が詩をつけたのか?

バッハが、このカンタータ「心と口と行いと生活で」を作曲していた頃、 ヴァイマル(当時ザクセン=ヴァイマル公国)の宮廷の楽師長に任命されたものの、亡くなったドレーゼのあとの楽長(カペルマイスター Kapellmeister)の地位を継げなかったのは、主家エルンスト・アウグスト1世時代での権力闘争のためで、バッハは投獄後に追放。

バッハのカンタータ第161番は、1715年に宮廷詩人ザロモン・フランク(Salomon Franck)がヴァイマールで出版した詩集「福音主義礼拝の捧げもの」に曲をつけたもの。このカンタータ第147番も、同じくザロモン・フランクの歌詞台本に作曲するつもりだったが、このお家騒動の一件でおじゃん。つまり結局未完だったわけだ。

1723年7月2日の復活祭後第3主日(マリア訪問の祝日)のため、この旧作をザロモン・フランクをベースに、第7曲目以降を新たに作曲し、作者がわからない誰かが、その残りの詩を書いたらしい。第1部の第6曲目、第2部の第10曲目のコラールは、マルティン・ヤーンに変えた。

知っていると思いますが、第6曲目はマルティン・ヤーン(Martin Jahn)のコラール「イエスよ、わが魂の喜び」(Jesu, meiner Seelen Wonne)の第6節である。第10曲目は第17節。

そのザロモン・フランクでも、マルティン・ヤーンでもない詩は誰なんだろう。

さてバッハが去ったザクセン=ヴァイマル公国は、ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国となり、幼いカール・アウグストが公位を継いだ。あのフリードリヒ大王と七年戦争をはじめたマリア・テレジア(オーストリア)、ポンパドゥール夫人(フランス)、エリザヴェータ女帝(ロシア)との戦いの最中。

のちに文豪ゲーテがカール・アウグスト時代の宰相となった。

| comments(6) | trackbacks(3) | -
pagetop
<< バレエ 「ボレロ」(ラヴェル) 映画 「愛と哀しみのボレロ」 | main | ショパン 幻想即興曲 1834年 原典版 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
ご無沙汰。ワード・スウィングルってまだ現役ですか?僕の叔父と同じくらいの年代。彼らのバッハのカバーって結構あった。演奏は、バッハが書いた時代の古楽器演奏も、現代の楽器の演奏も好きだけれど、やっぱり古楽器演奏だと、当時の雰囲気が想像できそうです。「イエスは変わらざるわが喜び」は、結構BGMやCMでも流れてたりするから、もはやつまらない曲のひとつ(ごめんI。スウィングル・シンガーズのジャズは、新鮮に聴こえた。
inoue (2011/06/02 6:25 PM)
マイラ・ヘス(Dame Myra Hess)が編曲したピアノソロ「主よ、人の望みの喜びよ」で、マイラ・ヘス自身が弾いている動画がありました。http://www.youtube.com/watch?v=t0oSvF4tSf0 です。ほかの動画よりいい録音。

ダニエル・リカーリの歌声の動画も用意したんですが。saiさんが気に入ってくれたらいいんですけど。http://www.youtube.com/watch?v=T2sRH9ygZUU&feature=related
mari (2011/06/02 6:46 PM)
inoueくん、普通でごめんっ!悪かったねっ!記事、ちゃんと読んでくれましたかっ!

>どこでも流している「主よ、人の望みの喜びよ」はあえて聴いていない。だから今日はそれを記事にした。<

全10曲、どんなだったかなってっねっ!でもスウィングル・シンガーズのジャズはいい!でも録音わるっ!

いいの見つけたら教えてください。

sai (2011/06/02 6:52 PM)
mariさん、いい情報ありがとうございます。さっそく追記しておきます。感謝。
sai (2011/06/02 6:53 PM)
ダニエル・リカーリ(Danielle Licari)いいじゃん。スウィングル・シンガーズは惜しいな・・・。ヘスの「「主よ、人の望みの喜びよ」」は子供も弾いていたから、どうってことない音楽に聴こえていたけど、トランペットとオルガン演奏はいいよ。なんちゅうか、優しい音色じゃない?
alei (2011/06/02 7:44 PM)
なんですか、コメント嫌いのaleiくんまで!そんなに、このどうってことないカンタータ147番のコラールがよく聴こえるってことかい?(苦笑)トランペットとオルガン演奏とダニエル・リカーリのおかげですか。
sai (2011/06/02 7:50 PM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/185
ピエトロ・ロンギ(Pietro Longhi) Grand manner-1732The Four Seasons ( I Musici) a film by Anton van Munster この作品は、今日ご紹介するアントニオ・ヴィヴァルディ(Antonio Lucio Vivaldi, 1678-1741)の「四季」を演奏するイ・ムジチ合奏団(I Musici)のCD
| Life Style Concierge | 2011/06/02 9:17 PM |
ヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel 1653-)の「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」(Kanon und Gigue in D-Dur f&uuml;r drei Violinen und Basso Continuo)は誰でも知っている曲だ。Pachelbel's Canon オリジナルの3つのヴァイオリ
| remove | 2011/06/02 9:23 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2011/06/09 8:58 PM |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--