ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
武満 徹 実験工房
music / SAI
「厳しい、実に厳しい。このような曲をあんな小柄な男が書くとは!」

武満 徹氏をこのように絶賛したのは、ストラヴィンスキー。処女作に続き、「弦楽のためのレクイエム」も酷評された。その曲を褒め称えられたことにより、世界に知られる作曲家となる。これは、病床で死を隣に感じていたという時期の作品だという。

音楽、美術、映画、文学、思想と、彼の領域は広い。

「楽音のなかに騒音をもちこむこと」−武満 徹氏の言の葉には、聴くことと見ることが接点を持つ。それは、ストラヴィンスキーに賞賛されるまで、酷評の嵐を受けた作風からもうかがえる。

武満 徹氏は、「瀧口修造の存在なくして作曲家としての私はなかった」と語るほど、瀧口氏の影響を受け、初期には彼の詩にちなんだ「妖精の距離」「遮られない休息」を、追悼に際して「閉じた眼」を作曲。

  うつくしい歯は樹がくれに歌つた
  形のいゝ耳は雲間にあつた
  玉蟲色の爪は水にまじつた
  脱ぎすてな小石
  すべてが足跡のやうに
  そよ風さへ
  傾いた椅子の中に失はれた −妖精の距離

「遮られない休息」は「ゆっくりと悲しく語りかけるように」、「静かに残酷な響きで」、「愛の歌」の3曲からなる。

  跡絶えない翅の
  幼い蛾は夜の巨大な瓶の重さに堪えている
  かりそめの白い胸像は雪の記憶に凍えている
  風たちは痩せた小枝にとまって貧しい光に慣れている
  すべて
  ことりともしない丘の上の球形の鏡 −遮られない休息

この詩人であり美術評論家の瀧口修造氏は、他界するまで西落合の自宅書斎で私蔵してきたさまざまな美術品や名も無きオブジェたちがある。
いつしか「夢の漂着物」と呼ばれるようになるのだ。つまり画家や音楽家らと領域のひろい芸術家たちの漂着の場所でもあったと思う。そうして、1951年から1957年まで活動した反アカデミックで前衛的な「実験工房」で研鑽がはじまる。

アルノルト・シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」、オリヴィエ・メシアンの「前奏曲集」、「世の終わりのための四重奏曲」、「アーメンの幻影」などの日本初演も手がけた。特にメシアン作品の研究、フランス文学および芸術の研究は特に熱心だったという。

瀧口修造 詩人
園田高弘 ピアニスト
西沢春子 作曲家
福島秀子 美術家 青であろうか II(大原美術館)
武満徹 作曲家 一般作品一覧
湯浅譲二 作曲家
鈴木博義 作曲家
佐藤慶次郎 音楽家
北代省三 美術家、写真家 板橋区立美術館 コレクション
秋山邦晴 詩人、評論家(主に音楽)
山口勝弘 美術家(環境芸術家)
駒井哲郎 版画家
福島和夫 作曲家
今井直次 舞台照明、美術家

武満 徹ーVisions in Time 展では、実験工房の仲間たち、宇佐見圭司、ジョン・ケージ、大竹伸郎、イサム・ノグチ、ルドン、クレーらとの絵と音とオヴジェの空間が広がっている。

武満徹全集
武満徹全集1 管弦武満徹全集 第2巻Takemitu011Takemitu012Takemitu013

兵隊がそっと隠れて蓄音機で聴かせてくれたリュシエンヌ・ボワイエのシャンソン『聴かせてよ、愛の言葉をParlez-moi d’amour』が音楽家になるきっかけだったという。
| comments(2) | trackbacks(10) | -
pagetop
<< periodo rosa−ピカソの「パイプを持つ少年」 | main | Yves Saint-Laurent Rive Gauche1998- >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop
こんな素敵な日記を見つけました。

瀧口修造は最も敬愛する人間です。
>アルノルト・シェーンベルクの「月に憑かれたピエロ」、オリヴィエ・メシアンの「前奏曲集」、「世の終わりのための四重奏曲」、「アーメンの幻影」などの日本初演も手がけた。特にメシアン作品の研究

この記述は瀧口のことですか?
瀧口は詩人であり、20世紀美術の同伴者として特にシュルレアリスムと深く関わったのですが、音楽との関わりはあまり無かったと思います。

初演を手掛けたのは、実験工房のメンバー達で瀧口自身はほとんど関わっていないんじゃないかなぁ。メシアン作品の研究というのも聞いたことがありませんが。

すみません。クレームをつけたかった訳ではありません。
瀧口修造が取り上げてあって嬉しかったのですが、ちょっと気になったもので。
とーし (2007/06/14 9:14 PM)
とーしさん

お元気でしょうか。
>瀧口修造が取り上げてあって嬉しかったので

そうでしたか・・・。

すごく研鑽されていた方ですよ、メシアンも。

ありがとうございます。よいお年を
sai (2009/12/29 4:32 AM)









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/18
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/05/24 6:16 AM |
歌姫 Nachtigallで、ナイティンゲールの詩による音楽作品をご紹介したことがありました。その一人に20世紀フランスを代表する作曲家オリヴィエ・メシアンの「鳥のカタログ:Catalogue d'Oiseaux」。ピアノの88本の鍵盤から風、光、鳴声、せせらぎが聴こえる。 そのメ
| Life Style Concierge | 2006/05/24 10:20 AM |
『人間は、眼と耳とがほぼ同じ位置にあります。これは決して偶然ではなく、もし神と
| KAFKA | 2006/05/24 10:21 AM |
エミー賞受賞作「夢窓−−庭との語らい」(1992)は、アメリカの映像作家ジャン・ユンカーマンの日本庭園についての記録映画。監督 :  John Junkerman 製作 :  ローラ・T・シュナイダー  製作総指揮 :  Paul P. Johnson  / 村山利夫&nbs
| Life Carrer Counseling by Concierge | 2006/05/24 3:30 PM |
月刊日本カメラ1976年6月号に写真家の木之下晃氏と作曲家の武満徹氏の対談が掲載されていたという。「たい談・てい談」という、当時の連載らしい。 「たい談・てい談」を拝見すると、木之下氏のといかけから、武満氏がポラロイドに関心があること、写真家アンセル・
| Magnum Photos Photographer | 2006/05/25 12:16 AM |
シャンソン「聴かせてよ、愛の言葉を」から音楽家への志をもち、ジョセフィン・ベーカーのシャンソンが好きな武満 徹さんは、「日本的なものは全否定、三味線などは聴くのもいやだった」と言っていたことがあったそうです。 ある日の電車でのこと。 「調律された楽
| Panga | 2006/05/25 2:54 AM |
モーツァルトへの旅 は、音楽写真の世界の第一人者である木之下晃氏、 堀内修氏の写真紀行である。モーツァルトといえば、LA FOLLE JOURNEE au JAPON が終わり、次は2007となるのだが、期間中に木之下晃氏の写真展を「熱狂の日」音楽祭と連携し、 和光ホールで開催さ
| REMOVE | 2006/05/25 5:07 PM |
『ぼくはイラストレーターでありグラフィックデザイナーです。ときどきエッセイを書き、たまにアニメーションを作り、映画を監督し、作詞作曲をすることもありますが、そしてどの仕事も好きですが、本業はグラフィックデザイナーだと思っています。昔はイラストレーター
| ComicStrip | 2006/05/28 9:25 AM |
1961年作、武満徹「無題」という個人所蔵品の抽象画です。 東京オペラシティアートギャラリー で、「武満徹-Visions in Time」展が6月18日まで開催されています。 世界の音楽家として名高い武満自身の絵画や、オブジェ、図形楽譜など、美術への多彩さも実感。 生前に、
| art_nouveau | 2006/05/28 10:57 AM |
武満徹氏の「図形楽譜」について、共作「弦楽のためのコロナ」を使い、杉浦康平氏が説明をする。 ※楽譜の風景What's new/雑記帳 参照 透明なシートが複数重なり、各シートは同じように同心円が描かれている。そこに1枚1色ずつ色が塗られており、弦楽器の奏者は、その
| remove | 2006/05/28 4:25 PM |

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--