ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ロレンツォ・デ・メディチとフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ
メディチ家 Medici / SAI

Lorenzo by Giorgio Vasari

Lorenzo by Giorgio Vasari Galleria degli Uffizi
ロレンツォ・デ・メディチ by ジョルジョ・ヴァザーリ


僕はどちらかというと享楽的なロレンツォ・デ・メディチ( Lorenzo de' Medici)の方が好きだ。狐の皮を被ったフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロは嫌いだ。

以前の記事で
フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの小書斎 ダンテの神曲 地獄編の子孫」を書いたが、その「小書斎」は、陰謀の密談に使用されたものだ。ロレンツォ・デ・メディチの暗殺計画もここで行われた。

断じて休息や読書、研究、交友の場として使っていたわけではない。

ヴォルテッラはメディチが後援するフィレンツェ共同事業体の収入源となっていたが、利益をフィレンツェと分け合うのを拒んだため、ロレンツォ・デ・メディチは、フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロに反乱軍を一掃するよう依頼した。




Miniatore fiorentino del 1472, federico da montefeltro durante lassedio di volterra, biblioteca apostolica vaticana, poggio bracciolini, historia florentina, ms. urb lat 491 f. IV v

ポッジョ・ブラッチョリーニ(Poggio Bracciolini) 「フィレンツェ史」
ヴォルテッラの街とフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ




フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロはこの反乱軍に、無条件降伏を勝ち取り、フェデリーコの兵士たちは多くの女を犯し、多くの男を殺し、街を略奪した。そしてフェデリーコといえばヘブライ語写本の膨大なコレクションを没収し自分のコレクションに加えた。

人文主義で、名将で、寛容であり、貧窮の者を助け、古典文芸を愛読し、芸術家たちのよきパトロンという評判のフェデリーコであったが、人物像の本質とはこんなものである。

フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの小書斎 ダンテの神曲 地獄編の子孫」でも書いたが、イル・モーロが1488年にアーミン勲章(Order of the Ermine)を受勲したルドヴィーコ個人を表す私的意匠となったのは、オコジョは「断じて」(決して)白い毛を汚すことを嫌う。

まさに表面を汚すことを嫌い、暗く乾いた場所(小書斎)を好むフェデリーコに似合いの意匠だ。

ロレンツォ・デ・メディチは、フェデリーコの無条件降伏の功績を讃えるため祝典を開き、フィレンツェの市民権を与えられ、ヴォルテッラの象徴グリフィンを押さえつけたヘラクレスの像とエナメルで飾られた銀メッキの兜を贈る約束をしたという。

フェデリーコの「ウルビーノの小書斎」にある、ボッティチェッリのスケッチ(あるいはフランチェスコ・ディ・ジョルジョ・マルティーニ)からバッチョ・ポンテッリ( Baccio Pontelli )の作である羽目板の「武具甲冑」は、この約束された「銀メッキの兜」を思わせる。

「武具甲冑」は記事「フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロの小書斎 ダンテの神曲 地獄編の子孫」からどうぞ。


果たしてその約束は実行されたのだろうか?そして反乱軍を一掃の約束された報酬を、ロレンツォはフェデリーコに渡したのだろうか?この数ヵ月後に兜と写本を受け取ったという。報酬は別にして。

そのロレンツォはフェデリーコの政治的手腕を賛辞している。

「彼は古代の名将たちと比較する値がある。美徳は列挙にいとまがなく、鋭い機知はあらゆる対象に向けられる。博学で教養ある人と交わり、多くの書物を読み、多くの議論を聞き、討論に加わり、自身が文人である。」

Tornabuoni Chapel, Santa Maria Novella, Florence

サンタ・マリア・ノベッラのトルナブオーニ礼拝堂
描かれているクリストフォロ・ランディーノ

記事 サンタ・マリア・ノヴェッラ トルナブオーニ礼拝堂のメディチ家
記事 サンドロ・ボッティチェリ サンタ・マリア・ノヴェッラ教会 「東方三博士の礼拝」の謎


メディチのプラトン・アカデミーの一人、クリストフォロ・ランディーノ(Christoforo Landino )は、「ロレンツォはフェデリーコの瞑想と行動の二側面を学んでいない」とほのめかしている。

そのクリストフォロ・ランディーノは、1468年にはカマルドリ修道院で論争された「至高の善」についての討論会の記録「カマルドリ論争(カマルドリ論談)」のなかで、まったくヴォルテッラの略奪には触れていないという。

なんとダンテの「神曲」で炎に焼かれているフェデリーコの祖先グイードに言及し、政治家の才覚とは、狡猾になり、みとがめられることなくひそやかに人を欺く方法を見つける能力だと述べているという。(マルチェロ・シモネッタ著 ロレンツォ・デ・メディチの暗殺より引用・要約)


Botticelli, Montefeltro with Landino from frontispiece, late 1460s, Vatican Library

Botticelli, Montefeltro with Landino from frontispiece,
late 1460s, Vatican Library
サンドロ・ボッティチェッリによる「カマルドリ論争(カマルドリ論談)」の口絵
左がフェデリーコ、右がランディーノ モンテフェルトロ家所有のもの


兜とともに贈られたのが、この「カマルドリ論争(カマルドリ論談)」の写本。

序文では、フェデリーコは「瞑想的生活と行動的生活の勝者であり、平和のための戦いの達人であり、神聖な思想との精神的接触を保ちつつ現実を把握している哲学者であり司令官である」と讃えられているらしい。(マルチェロ・シモネッタ著 ロレンツォ・デ・メディチの暗殺より引用・要約)

僕がもっとも不思議なのは、サンドロ・ボッティチェッリが反メディチのシクストゥス4世の依頼でフィレンツェを離れたときのことだ。

ロレンツォは、1481年に礼拝堂の壁画に、シクストゥス4世がわざわざボッティチェリを指名してきたことから、彼を送り出すのだけれど、ちょうど「プリマベーラ 春」の制作をはじめた頃ではないだろうか。

そうしてフィレンツェに戻ったボッティチェッリ。それは1482年のことだけれど、未完成の「プリマベーラ 春」を完成させる。

つまりジュリアーノは、ロレンツォの暗殺が目的の計画で亡くなったのが1478年のことで、この作品の最初の目的はわからないが、ボッティチェッリは知っているっていうこと。

1482年に未完成のこの作品を仕上げたボッティチェッリは、マルチェロ・シモネッタの説のように、マルティアヌス・カッペラ(マルティアヌス・カペラ)の「文献学とメルクリウスの結婚」から、メディチ家の不滅とメディチ家がパッツイ家の陰謀を忘れないという、密かな暗号を花に託したボッティチェッリの作品ではないかと。

僕の記事 
プリマヴェーラ La Primavera
一番最後にマルティアヌス・カッペラ(マルティアヌス・カペラ)の「文献学とメルクリウスの結婚」説を書いています。

楓の記事 
ボッティチェリ La Primavera 「プリマヴェーラ(春)」  ダンテの神曲の楽園説
ここでは僕の記事に共感して、マルチェロ・シモネッタの説による花言葉を追記してくれています。

楓の最初の記事
ボッティチェリ 至福の花々 (サンドロ・ボッティチェッリ)

ラ・ジォストラと春は、ボッティチェリの2点の作品の成立に必ず言及されているようですが、ボッティチェリの作品解釈に好都合な内容で、詩と絵画の同時代性を認めるものの、はたして「詩」をそのまま「絵画化」するだろうかという説にも頷けます。


僕は本当のボッティチェリのパトロンはロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコ・ディ・メディチ (Lorenzo di Pierfrancesco de' Medici)だと思っているのだが、プラトン・アカデミーでのロレンツォとボッティチェリの関係も深い。

記事 プラトン 「饗宴」 アプロディーテーの裏話

のちにメディチ家を追い込むサヴォナローラに傾倒するボッティチェリ。彼はこのメディチの歴史の主役クラスの一人だ。

そしてフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ。彼はなぜロレンツォ・デ・メディチへの陰謀を果たさなければならなかったのか。

しばらく僕はメディチとのおいかけっこを続ける。

記事 ロレンツォ・メディチとスフォルツァ家

| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< 悪平等 | main | ロレンツォ・デ・メディチとスフォルツァ家 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/179
パッツイ家はご存知のようにパッツイ家の陰謀、サンタ・クローチェにあるパッツイ家の礼拝堂でも知られている。メディチ家同様にフィレンツェの銀行を所有していた。1470年代の当主はヤーコボ・パッツイ(Jacopo Pazzi)。そして片腕は甥のフランチェスコ・パッツイ(Fra
| remove | 2011/05/02 9:34 PM |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--