ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
悪平等
book / SAI

悪平等とはひらたく言えば、飲む奴も飲まない奴も割り勘にすることでしょ。

つまり平等が弊害を持つってことでしょ。最近になって「めだかボックス」に「悪平等」がでてきたわけなんだけど、ちょっと期待している。

記事 
週刊少年ジャンプ 19号

とんでもない「悪平等」が、この世の中で蔓延していることを証明してほしい。さらに、その「悪平等」は、実は一般人から蔓延しているってこと。つまり善吉くんのような、ネ!

だって、能力のあるものが平等、悪平等なんて必要ないし。「球磨川 禊」こそ、その悪平等が許せないんじゃないのかな?

黒神めだかはメじゃないね。だって能力がある設定なのに、やっていることは「悪平等」だし。全然っ、主人公体質じゃないしっ!容姿が落第!だいたい、全人類を自分の家族だという思想が「悪平等」だ。

安心院が「悪平等」だというのなら、それは「フラスコ計画」で、人為的に凡才でも天才につくりあげるというところでしょ。平等な能力っていうことじゃない?

「だから7932兆1354億4152万3222個の異常性アブノーマルと、4925兆9165億2611万0643個の過負荷マイナス。合わせて、1京2858兆0519億6763万3865個のスキルを持つ僕にだって ひょっとしたら勝てるかもしれないぜ」というのは、親しみを込めてあんしんいん(安心院)さんと呼べというあじむ(安心院)。

『やれやれ、ものには限度ってものがあるだろ、安心院さん。少年ジャンプのバトル漫画も、真っ青なインフレだよ。』


こうしたやりとりのあとで、純真無垢な表情の安心院が、むかついた表情で言うことには。

「まったく どーでもいいことで いつまでモメてるつもりなんだか、僕から見れば全員平等に ただのくだらねーカスだってのに」

「光も闇も 正義も悪も 毒も薬も 勝ちも負けも 強さも弱さも 黒も白も 成功も失敗も 幸福も不幸も 本当は全部同じものだって どうしてみんな気付かないのかなあ」


いや、そんなことみんな知ってるって。だから「悪平等」が蔓延してるんでしょ。

「光も闇も 正義も悪も 毒も薬も 勝ちも負けも 強さも弱さも 黒も白も 成功も失敗も 幸福も不幸も 本当は全部同じものだってことを 常識にしたいんだって」

だから、金持ちのエリートを、自分たちと一緒って思わせたいところがあるでしょ。そのためには誹謗中傷が一番効果的。金持ちのエリートだって、ダメージ受けるし。

そもそも善吉くんがいい例で、特別な能力があるわけでもないのに、能力のある奴に勝ってるって、それって「悪平等」だよ。主人公側の人間ってだけで、悪平等に能力が与えられているって。

さーて、僕の期待する安心院さんの「ノットイコール」のスキルと展開が楽しみだ。がっかりさせないでよね。僕の仕事のストレス解消は、一生少年漫画を読んでることだから。

最初は嫌いな「めだかボックス」だったけど、いまでは言葉遊びやキャラに関心を持つようになった。せっかく言葉遊びのセンスがあるんだから、言葉遊びが生きるセリフのセンスにしてほしいな。

ルイス・キャロルみたいな長々しい翻訳にしないでさ。



はいはい、19日の本日、ようやくジャンプ読んだ。このところどの作品も、安心院いわく「色々迷走して、ダラダラと連載を引き延ばした挙句、ぐだぐだの最終回を迎える」内容ばっかりだったから。

今週19号はどれもマシになった。バクマン、トリコ、DOIS SOL、黒子、そして久々に良かったべるぜバブとBLEACH。ぬらりんひょんは僕的にはOK。REBORNはひばりと骸、スパナ、山本が好きなキャラだから、その誰かの登場シーンが多ければ満足。

動物園は今回で終わったけど、僕的な読み物ではなかったが、なんかイイ感じで終わった。そういえば僕的読み物ではなかったひとつに、ずいぶん前のムヒョ。あれが終わった時は、もったいないと思ったよ。そういえば「賢い犬リリエンタール」は僕的になんか好きだった・・・。

めだかボックスは、球磨川くんの「モブキャラ」に、はまったよ。だってめだかボックスの主要キャラにも「モブキャラ」っぽい奴多くない?ウケタね。わざわざ毎週登場させなくてもいい奴いるでしょ。

Ǝnígmǝ エニグマは、安心院いわく少年ジャンプ的な内容だった。友情、努力、勝利だもね。

黒子に登場した赤司くん。なんか「めだかボックス」的なキャラじゃない?あっ、そうそう「いぬまるだしっ」も悪平等的な割り勘が良かったよ。

7かそこらの作品が良ければ一応〇って感じ。NARUTOだけは18号までは面白かったけど、全然っ!育っていない主人公キャラに、今回はうざかった。

あれっ?alei くんも?→ 記事 少年ジャンプ


 
僕がダークなキャラが好きだと書いているが、そうなの?

寺沢武一の「コブラ」は僕も好きさ。D.Gray-manはラビとブック・マン、神田ユウ。BLEACHは市丸ギン、ウルキオラ・シファー、コヨーテ・スターク、平子真子に最近は月島と銀城。

HUNTER×HUNTERはヒソカとカイトとクロロ=ルシルフル(幻影旅団団長)、フェイタン。DEATH NOTE はやっぱ「L」でしょう。めだかボックスは球磨川 禊と安心院。

NARUTOはカカシとシカマル。黒子は「キセキの世代」かな。バクマン。は、新妻と福田。ちなみにべるぜバブはやっぱり古市と夏目くん。
| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番 アレグロ・コン・フォーコ | main | ロレンツォ・デ・メディチとフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/178

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--