ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ルーベンス キリストの生涯
ルーベンス / SAI

Last Supper, 1630-1632 Pinacoteca di Brera, Milano, Italy

最後の晩餐 1630-32
ルーベンス ブレラ美術館


カトリーヌ・レスキュイヤ(レウカイヤ)の依頼でメヘレンの聖ロンバウツ大聖堂に納められた、ルーベンスの「最後の晩餐」。

絵画作品でのキリストの生涯は、「キリスト降誕」、「羊飼いへのお告げ」、「■羊飼いの礼拝」、「■東方三博士の礼拝(マギの礼拝)」、「エジプト逃避途上の休息」、「ベツレヘムの嬰児殺し」、「ヨハネとキリスト」、「■キリストの洗礼」。


ルーベンスは1604-05年にマントヴァのサンティシマ・トリニータ教会のマッジョーレ礼拝堂のために描いたのが、最初の「キリストの洗礼」、「ゴンザーガ家が讃える三位一体」(パラッツォ・ドゥカーレ美術館)、「キリストの変容」(ナンシー美術館)の三枚を描いている。

過去記事 アントワープ王立美術館 (キリストの洗礼)
過去記事 ルーベンス(ゴンガーザ家が讃える三位一体)

La Transfiguration Rubens Musee des Beaux Arts de Nancy

キリストの変容 1604-05 ナンシー美術館


ルーベンスの5枚の羊飼いの礼拝、5枚の東方三博士はこちらの記事から。

ルーベンス 「東方三博士の礼拝」、「羊飼いの礼拝」

そして聖書の順を追うと「ヘロデの宴」、「キリストの試練」、「■奇跡の漁獲」、「カナの婚礼」、「ラザロの復活」、「マルタとマリアの家のキリスト」、「■貢ぎの銭」、「その子らを我に来させよ」、「ペテロに天国の鍵をわたすキリスト」、「放蕩息子」、「良き羊飼い」などが続く。

記事 ルーベンス ロンドン・ナショナル・ギャラリー
記事 ルーヴル美術館 ルーベンス Peter Paul Rubens

ロンドン・ナショナル・ギャラリーの記事では、所蔵されている「奇跡の漁り」(奇跡の漁獲)と、そのオイルスケッチが中央パネルになったメヘレンの祭壇画「奇跡の漁り」 の作品画像が掲載されている。

ルーヴル美術館の記事ではルーベンスの「貢ぎの銭」とその模写作品が掲載されている。

Feast in the House of Simon the Pharisee ,   Between 1618 and 1620

シモンの家の宴 1618-20 エルミタージュ美術館


これはシモンの家でのキリストの食事の場面。罪深い女であるマグダラのマリアがその髪でイエスの足を拭い、接吻して、香油を塗る場面。何故キリストが罪深い女の敬意を受け入れるのか理解し得ない会食者たちの憤慨を前にして、キリストは女の罪を許すよう求めた。(ヨハネ伝 12:1-8)

このあと「ラザロの復活(ラザロの蘇生)」で、ふたたびマリアに会う。ベタニヤの町に住むマルタとマリアの姉妹。そして彼女たちの兄弟ラザロが病気で亡くなり埋葬された。4日後にイエスの奇跡で蘇った。

Christ washing the apostles feet. 1632 Musee des Beaux-Arts, Dijon, France

「弟子の足を洗うキリスト(使徒の足を洗うキリスト)」
1632 ルーベンス ディジョン美術館


キリストの受難は、この「最後の晩餐」からだ。そして「弟子の足を洗うキリスト(使徒の足を洗うキリスト)」は晩餐が済んだあとの話。

ルーベンスはその二作品を描いている。晩餐後の出来事だから、背景はいっしょ。

「ゲッセマネの園のキリスト」、「ユダの接吻」、「この人を見よ」、「■十字架を担うキリスト」、「■キリストの磔刑」、「■十字架昇架」、「■十字架降架」、「■ピエタ」、「■キリスト哀悼」、「■キリストの埋葬」、「■キリストの復活」、「■エマオの晩餐」、「キリストの昇天」、「■最後の審判」、「■聖三位一体」、そしてヨハネの黙示録に基づいた作品がある。


Christs entry into Jerusalem, 1632 Musee des Beaux-Arts, Dijon, France


「キリストのエルサレム入城」 1632
ルーベンス ディジョン美術館


ディジョン美術館には、ブレラ美術館所蔵になった「最後の晩餐」と連作のように、「弟子の足を洗うキリスト」があるが、「キリストのエルサレム入城」もある。

サン・トゥスタシュ教会には、初期の作品の「エマオの晩餐」がある。

記事 ルーベンス エマオの晩餐

ルーベンスの「最後の審判」は、「地獄堕ち」とともに、アルテ・ピナコテークに所蔵されている。

記事 ルーベンス アルテ・ピナコテーク

おなじみの祭壇画「十字架昇架」、「十字架降下」、「キリストの復活」に加えて、記事最後に、他所蔵の作品を掲載した。

記事 アントワープ・ノートルダム大聖堂 ルーベンス

アントワープ・ノートルダム大聖堂の祭壇画「十字架昇架」のオイルスケッチはこちら。

記事 ルーベンス ルーヴル美術館

「十字架を担うキリスト」、「キリストと姦通の女」はこちら

過去記事 ベルギー王立美術館

アントワープ王立美術館所蔵の「東方三博士の礼拝」、「キリストの磔刑(十字架のキリスト)」、「キリスト哀悼」、「三位一体」はこちら。

過去記事 アントワープ王立美術館

「キリスト哀悼」、「キリストの復活」はこちら。

記事 ルーベンス リヒテンシュタイン美術館

「キリストの埋葬」はこちら。
 
記事 ルーベンス アルテ・ピナコテーク 
過去記事 ルーベンス(ルーベンスのカラヴァッジョの模写)

「キリスト哀悼」とっておきを忘れてました。ボルゲーゼ美術館所蔵のもの。

記事 「ルーベンス 初期の作品」から

Ecce Homo  Hermitage Museum

茨の冠をいただいたキリスト (エッケ・ホモ)
ルーベンス 1612 エルミタージュ美術館


「この人を見よ」と茨の冠のキリストを指で指し示しているピラト。「ユダヤの王」を語ったとされる罪を証明するように茨の冠を被らせられたキリスト。ルーベンスは聖書に書かれているとおりに緋色の衣を羽織らせている。

次の祭壇画に描かれているキリストの顔と、この「茨の冠を戴いたキリスト」の顔がよく似ている。「最後の晩餐」もこのキリストのように描けばよかったのにさ。

St Roch Altarpiece St Maartenskerk (Aalst, Netherlands)

祭壇画 聖ロクス 1623-26 ルーベンス
聖マルティヌス教会(St.Maartenskerk)


ルーベンスは犬が大好きだ。自分でも犬を飼っていた。だからこの聖人を描いたのかと思ってしまったけど。

ペスト(黒死病)の守護聖人のロクス(1295-1327)は、もともとフランスの貴族階級の出身。ローマへの巡礼では十字架の印でペストに冒された多くの人々の治癒にあたった。ところがロクスもペストに冒された。


キリストが指し示すのがわからない。パン籠?それを手にしている天使が森で死を待っていたロクスを救った。ペストの痕がある脚を見せ、傍らにはパンをくわえたイヌが描かれているのがロクスの絵画形式。


この犬がロクスがペストにかかったときに、彼の傷口を舐めて治癒し、パン切れを銜えロクスの飢えを救う。回復したロクスはフランスに帰国したが、あまりの変貌に偽者と思われ獄死することになる。

この聖マルティヌス教会はベルギーのアールストにある。作品時期はちょうどマリー・ド・メディシスの生涯を描いていた頃だった。
| comments(0) | trackbacks(1) | -
pagetop
<< ベルギー王立美術館ブリュッセル ルーベンス | main | ルーベンス 聖ユストゥスの奇跡 首を持つ9歳の殉教者 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/171
この「エマオの晩餐」はサン・トゥスタシュ教会(Église Saint-Eust
| Casa Piccola | 2011/03/09 11:41 PM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--