ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
ルーベンス Peter Paul Rubens
art / SAI


前記事「アントワープ王立美術館 ルーベンス」で、こう書いた。

結構コミュニケーション能力に長けているし、人のマネジメントもうまい。上手に自分の作品とコラボしたり、他の画家に描かせたり、助手に模写させたり、ルーベンスが週に数枚を仕上げていく工程をきっちり管理している。そうとうなキレ者だ。


こう僕は好きな理由を挙げた。岩淵潤子さんの「ルーベンスが見たヨーロッパ」で、「いったいどうしてルーベンスなどに興味を持ってしまったのだろう?」と書いてある。僕もその言葉とおり。

Self-Portrait in a Circle of Friends from Mantua Wallraf-Richartz Museum

マントヴァの仲間 1602 ヴァルラフ・リヒャルツ美術館


さらに「あぁ、また太った裸の女が、白眼をむき出して上の方を見ているな」と、はじめはこうした感想しか持たなかったことを述べている。僕は「アンドロメダ」や「ディドの死」を想像する。

それで、なぜルーベンスなのかという「理由」では、女流画家アルテミジア・ジェンティレスキの文献からで、「優れた画家であると同時に外交官であったルーベンス」、「蒐集家だった画家は歴史上大勢いるけれど、同時に評論家で学者、画商でもあり外交官でもあった。」という言葉に運命論を感じたらしい。

だが、そのとおりで僕の好きな理由をこの著作で語ってくれた。「蒐集家だった画家は歴史上大勢いるけれど、同時に評論家で学者、画商でもあり外交官でもあった。」、そこかな。

The Gonzaga Family Worshipping the Holy Trinity by Peter Paul Rubens, 1604-1605

ゴンガーザ家が讃える三位一体 1604-05


1604-05年にマントヴァのサンティシマ・トリニータ教会のマッジョーレ礼拝堂のために、描かれたのがこの「ゴンザーガ家が讃える三位一体」(パラッツォ・ドゥカーレ美術館)、「キリストの変容」(ナンシー美術館)、「キリストの洗礼」(アントワープ王立美術館、アントウェルペン)になる。

ルーベンスはマントヴァ公ヴィンチェンツォ・ゴンザガの宮廷画家となる。ルーベンスの手当てが遅れるほどの逼迫したものだったが、ルーベンスは教養人マントヴァ公を選んだわけで、芸術擁護に熱心なであり、優れた芸術品が集められていた。

のちにゴンガザ家の破錠で美術コレクションは英国のチャールズ1世に買い取られるけれど。とくにマンテーニャーの「カエサルの勝利(シーザーの勝利)」は、ルーベンスのお気に入りで、ロンドン・ナショナル・ギャラリーにある「ローマの勝利」というルーベンスの作品は、このマンテーニャーの連作からそのまま1枚の作品に使用している。

Santa Maria In Vallicella

サンタクローチェ・イン・ジェルサレンメ教会
ルーベンスによる祭壇


マントヴァ家を訪れる偉大な音楽家や天文学者たちを知る機会、見聞をひろめる旅、ローマ派遣でも模写のほか、外交経験までに恵まれ、スペイン・ハプスブルグ家と関わりをもつことになる。

ローマでは、アルブレヒト七世の依頼で、サンタ・クローチェ・イン・ジェルサレンメ教会(S.Croce in Gerusalemme)に「聖へレナの幻視」など三点の祭壇画を描いている。現在はグルノーブルの絵画・彫刻美術館(Musee de Peinture et Sculpture, Grenoble, France)にあるらしい。

僕が実際に調べたところ、「聖へレナの幻視」は、聖エレナの聖十字架(Santa Elena con la Cruz)で、あとはキリストの戴冠(Coronación de Cristo)だと思う。所蔵先はCatedral de Notre-Dame de Grasse になっていた。たぶんノートルダム・デュ・ピュイ大聖堂(Cathedrale Notre Dame du Puy)の二枚ではないかと。そして残る1枚は「十字架を起こすキリスト」、あるいは「十字架を担うキリスト」だと思うけど、これは不明。

 

Santa Domitilla Nereo and Achilleo-Peter Paul Rubens-Santa Maria in Vallicella Rome Italy

祭壇の右 聖ドミティラとネロ、アキレス


マントヴァ公にローマへ派遣されたときに、サンタ・マリア・イン・ヴァッリチェッラ教会(Santa Maria in Vallicella, Rome, Italy)の祭壇画を引き受けた。


この祭壇画の右と左の作品を、アントワープ・ノートルダム大聖堂の十字架昇架の左翼背面、右翼背面に使用していると僕は想像している。

1606年から1607年にかけての8ヶ月を制作期間にあてているが、ルーベンス自身が「今までの仕事の中で最高の出来」と語った作品だ。

St. Gregorius, Mauro, and Papiano Peter Paul Rubens

祭壇の左 聖グレゴリウスとパピアーノ


小さな谷の聖マリアと呼ばれているこの教会には、ルーベンスのほかに、聖フィリッポの祭壇やジュゼッペ・チェザリの東方三博士の礼拝、ドメニコ・クレスピの受胎告知がある。

イタリアの画家たちを退けて祭壇画にルーベンスを指名したのは、当時の僧正ジャコモ・セッラだった。

Madonna and Child with Angels Peter Paul Rubens 

サンタクローチェ・イン・ジェルサレンメ教会 祭壇画
聖母子と聖グレゴリウスと殉教聖人、天使たち


この中央の「聖母子と聖グレゴリウスと殉教聖人、天使たち」は、実は「聖母子の肖像画を崇める聖グレゴリウスと諸聖人」であった。光の反射で描き換えをした。

ルーベンス自身が「今までの仕事の中で最高の出来」と語った作品だったのは、その後母親の墓のある聖ミカエル修道院に寄進した「聖母子の肖像画を崇める聖グレゴリウスと諸聖人」との祭壇画だったわけだ。

Musee de Grenoble-Rubens

聖母子の肖像画を崇める聖グレゴリウスと諸聖人
グルノーブル美術館所蔵


二枚目の作品はスレート材を使用したため、いまでもサンタクローチェ・イン・ジェルサレンメ教会で見ることができる。そしてもともとこの教会にはカラヴァッジョの「キリスト降架」が納められていた。

ルーべンスがこの祭壇画を手がけた1606年に、カラヴァッジョは殺人でローマから逃亡。ルーベンスはこのとき、カラヴァッジョの「聖母の死」がサンタ・マリア・デラ・スカラ教会で引き取ることを拒絶されたことを知り、マントヴァ公に購入をすすめた。

CaravaggioEntombment-Entombment, from the Vittrici Chapel, Church of Santa Maria in Vallicella-2

カラヴァッジョの「キリストの埋葬」 1600
 (手切れてます)現在はヴァチカン美術館


いまサンタ・マリア・デラ・スカラ教会にある「キリストの埋葬」はレプリカである。まったくそっくり。比べると違うのかもしれないけれど。

ルーベンスがカラヴァッジョの「キリストの埋葬」を模写したのはサンタクローチェ・イン・ジェルサレンメ教会の祭壇画の頃だろうか。たぶんスケッチをして。制作したのはアントワープで邸宅(ルーベンス・ハイス)を購入する前。

Peter Paul Rubens (after Michelangelo Merisi da Caravaggio) -The Entombment

ルーベンスの「カラヴァッジョのキリストの埋葬」
1612-14 カナダ・ナショナル・ギャラリー


ルーベンスが邸宅を購入し、実際に生活をする頃には、古代彫刻や絵画の収集するギャラリーのほか書籍のコレクションも揃え、友人たちから王侯貴族までコレクションの公開をはじめていた。

きっとラファエロやカラヴァッジョの絵画ほか、ルーベンス自身の作品や模写作品も飾っていたのだろう。

ちなみにルーベンスの「ヴィーナスとアドニス」は、プラド美術館のティツィアーノの「ヴィーナスとアドニス」を見て描いた作品。

マリー・ド・メディシスは、1631年のアントワープ亡命中に(すでにマリー・ド・メディシスの生涯は描き終わっている)、「美しく珍しい絵画のコレクションを見てみたい」というほどにその評判は高まっていた。続きはまた今度。
| comments(0) | trackbacks(2) | -
pagetop
<< アントワープ王立美術館 ルーベンス | main | ベルギー王立美術館ブリュッセル ルーベンス >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/168
ルーベンスの本物を観たことがないワタシ。というかエルミタージュの所蔵作品を観たときにも、たしかルーベンスもあったはずなんだけど、まったく覚えていない。ルーベンスの作品は嫌い。あの肉枕のような女のスタイル。でも、またまた騙されそう。XAI ルーベンス リ
| Adventures in Wonderland | 2011/03/01 10:48 PM |
ルーベンスの「聖母子の肖像画を崇める聖グレゴリウスと諸聖人」(1607)という長いタイトルはグルノーブル美術館所蔵です。 ローマのサンタ・マリア・イン・ヴァリチェッラ聖堂の主祭壇画として制作されたとあった。聖グレゴリウスと向き合っているのは聖女ド
| Maki's Style blog | 2011/03/01 11:29 PM |

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--