ミュシャ検索
Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld

Karl Lagerfeld


カール・ラガーフェルドの略歴 career
1950年代から現在のカール・ラガーフェルドの写真、スタインウェイのピアノ、H&Mとのコラボ、アウディ・フォーラムの写真展、VOLVO(ボルボ)の広告などはこちらから。
コラボ collaboration
マイセン×カール・ラガーフェルド
カール・ラガーフェルド コラボのモデル
ここではCoca Cola Lightのボトル、tokidokiのミニ・カール、Steiffのカールのティディベア、フォトグラファーのカールのフィギュアが紹介されている。

Karl×Lenôtre
デザイナー× 「ブッシュ・ド・ノエル」
FENDI
インタビュー
ハーパース・バザー誌 2009年
写真家カール・ラガーフェルド

Karl×Dom Perignon
Dom Pérignon Vintage 1998
ドンペリ Rose Vintage 1996
Dom Perignon Oenotheque 1993
Moët & Chandon×Karl Lagerfeld

Numero ヌメロ
ヌメロ誌 カール・ラガーフェルド

写真展
2010年 Karl Lagerfeld, parcours de travail

2008年 ア・ロンブル・デュ・ソレイユ A l’ombre du soleil(太陽の陰で)

シャネル CHANEL
DVD
Signé Chanel サイン シャネル
スポンサーのシャネル
シャネル 宮廷の威光と王家の儀式
CHANEL Paris Fashion Week
*シャネル・ニュース
シャネル 2011 春夏コレクション
Spring Summer 2011 Collection
*Métiers d’Art メティエダール

CHANEL 2008「パリ−モスクワ」
画家 リューボフ・ポポーワとシャネル

CHANEL 2009「パリ−上海」
ショートムービー シャネルの夢
ココ・シャネル
*Gabrielle Bonheur Chanel

ココのビジュウ
「キ・カ・ヴュ・ココ」 誰かココを見た?
オーヴェルニューのガブリエル プロローグ

RECOMMEND
RECOMMEND
藤田嗣治画集  素晴らしき乳白色
藤田嗣治画集 素晴らしき乳白色 (JUGEMレビュー »)
藤田 嗣治, 藤田 君代, 尾崎 正明, 清水 敏男
PROFILE
LINKS
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    sai (06/05)
  • ジャッキーと魔法のドラゴンパフ
    おケラ (06/02)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    sai (10/06)
  • Jeanie Tomanek ジニー・トマネックの幻想画の犬(わんこ)
    wanko (10/06)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    功-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    sai (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayasi (10/03)
  • 19歳だった頃 衝撃的だった映画「エレファントマン」
    ko-hayashi (10/03)
  • 祝誕生二人目 はっぴいえんど 幸せな結末-大滝詠一
    sai (10/03)
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

スポンサーサイト
- / スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
pagetop
美しき姫君 レオナルド・ダ・ヴィンチ
book / SAI

Bella principessa

Ritratto di una Sforza Bella principessa


英題では「ルネサンスのドレスを着た少女の横顔」(Young Girl in Profile in Renaissance Dress)だけれど、イタリアでは「美しき姫君」(Bella principessa)と呼ばれる。

正直、レオナルドの左手によるシェーディングがみられたとか、指紋があったとか、科学的分析による解析なんかは別に素人の鑑賞者の僕には関係ない。

まるで、それを知っていることによって鑑賞力は高まるのか?誰が描いたかではなく、この作品はどうなのかってことじゃないの?レオナルドの真作というのはニュースだ。そのニュースを美術評論家が解説をするのならわかるけど、作品の解説とは違うでしょ。



日比谷公園ダ・ヴィンチミュージアム 2010年
特別展 ダ・ヴィンチ〜モナリザ25の秘密〜
パスカル・コット(Pascal Cotte)氏がデジタル処理をしたもの?


レオナルドが描いていなかったのなら、この女性のプロフィールは本のネタ、研究論文のネタにもならなかったのだろうか。そのへんが知りたいなぁ。

宮廷詩人ベルナルド・ベリンチオーニ(Bernardo Bellincioni 1452–1492)による「美しき姫君」(Bella principessa)のモデル ビアンカ(1482-1496)へのソネットを書いている。

絶世の美女ビアンカはまもなく卵からかえり 世界へ羽ばたくだろう (一文を抜粋)


この当時はビアンカは10歳だったらしい。ニッコロ・ダ・コレッジオ(Niccolo da Correggio)の詩では・・・。

ミラノ公の息女ビアンカは 二度のルストロを通過し 三度目の半ば過ぎまできたところで ガレアッツォとの結婚で幸せを花開かせた (略) 苦しみに見舞われたビアンカは 魂の列に加わった (要約)


Galeazzo da Sanseverino. Gemälde von Leonardo da Vinci)

Galeazzo da Sanseverino
「音楽家の肖像 Ritoratto di musico」
 (Leonardo da Vinci) レオナルド・ダ・ヴィンチ


ともかく彼女が婚礼から数ヵ月後に亡くなっていることがわかる。ガレアッツォ・サンセヴェリーノ(Galeazzo Sanseverino)との婚礼からね。

Ritratto di una Sforza Leonardo da Vinci? Collezione privata

ビアンカ・スフォルツァ(Bianca Sforza)の肖像画
(Il Ritratto di una Sforza "Bella principessa")
「美しき姫君」 1495年頃 個人所蔵


あの「フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ 小書斎」でも紹介した、ルドヴィーコとベルナルディーナ・デ・コラデスの間に生まれたビアンカ・スフォルツァ。

Bianca Sforza

ビアンカ・スフォルツァ  Bianca Sforza
ジョヴァンニ・アントニオ・ボルトラッフィオ(Giovanni Antonio Boltraffio)
「若い女性の肖像画 Portrait of a Young Woman」(ca. 1490.)
注:ビアンカ・マリーアと混同しないでください


記事 ロレンツォ・メディチとスフォルツァ家

今日、本屋で見かけた「美しき姫君  発見されたダ・ヴィンチの真作」の表紙だった。立ち読みしたかったけど、また昼休みが延長になったら困るので、手にとらず退散。

左側に三箇所の穴があるらしく、詩集かなにかの口絵だったのではないかという話があるんだって?

この続きはまた今度にしよ。

で、今度になった。

ルドヴィーコ(ルドヴィコ)は、爵位も継げず、彼の父親がヴィスコンティス家に仕えたのが幸運で、フィリッポ・ヴィスコンティスが亡くなってミラノ公爵を名乗ったわけで、本来のミラノ公の直系じゃない。

レオナルドの手を借りたのが、スフォルツァ家と名家との婚姻の演出だ。そして「最後の晩餐」や「岩窟の聖母」、「巨大騎馬像」なんかを依頼した。

Portrait of Gian Galeazzo Maria Sforza by Leonardo da Vinci in 1483

Portrait of Gian Galeazzo Maria Sforza 
Leonardo da Vinci in 1483 レオナルド・ダ・ヴィンチ


婚姻の演出とはジャン・ガレアッツォ・スフォルツァ(Gian Galeazzo Sforza)とイザベラ・ダラゴーナ(Isabella d'Aragona)によるものだ。1490年6月のこと。

父ガレアッツォ・マリーア・スフォルツァが暗殺されたのは6歳の頃で、7歳でミラノ公となり、叔父のルドヴィーコが実権を握る。

この頃から素性の知れない書記官チッコ・シモネッタがガレアッツォ・マリーア・スフォルツァの私室に移り住んだ。あり得ないことじゃない?

ビアンカが嫁いだガレアッツォ・サンセヴェリーノの父ロベルト・ダ・サンセヴェリーノは憤慨した。

この卑しいチッコ・シモネッタは、のちにフェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ、そしてあのロレンツォ・デ・メディチに関わっていく。

プリマヴェーラ
僕の仮説「クロリスがフィオレッタ。そして花の女神フローラになりそこねたフィオレッタにかわり、メディチの分家に嫁ぐセミラミーデ・アッピアーノに変身させて、ロレンツォ・ディ・ピエルフランチェスコに「結婚の祝い」として、今度はロレンツォ・デ・メディチが依頼したのではないだろうか。」

マルチェロ・シモネッタの説「システィーナ礼拝堂という舞台たての深遠な意味とメディチ家の結婚式の絵との関係を知るという名状しがたい喜びは、さぞ爽快なものだったに違いない。」

さて、女傑カテリーナ・スフォルツァが腹違いの姉になる。つまり彼女はガレアッツォ・マリーア・スフォルツァの庶子になるわけだ。

raffaello isabella daragona

Portrait d'Isabelle d'Aragon (as Mona Lisa)
by Raffaello Sanzio ラファエロ


美しき姫君ことビアンカのソネットをつくったベルナルド・ベリンチオーニ(Bernardo Bellincioni)が、「天国」でミラノのスフォルツァ城で行われたレオナルドによる演出の二人の婚礼を伝えている。

この続きはまた今度にしよ。

で、今度になった。書籍「美しき姫君」の話を・・・(三度目の更新)

4月になって平積みされていたこの本がなくなって、1冊だけ残っていたので買ったみた。前半はマーティン・ケンプによる作風からモデル、後半がパスカル・コットの物理的・科学的検証になっていた。

マーティン・ケンプは、「美しき姫君」の候補者として、ルドヴィーコの妻ベアトリーチェ、そして「モナリザ」のモデルとも言われたイザベラ・ダラゴーナ、姪のビアンカ・マリア、アンナ、ルドヴィーコが嫡出子と認めたビアンカだ。

マーティン・ケンプは、アルフォンオ・デステと結婚したルドヴィーコの姪アンナもこの作品のモデルとしての可能性もあげつつ、ビアンカが本当のモデルだと思えてならないとしている。

Uomo vitruviano

神聖比例論 ウィトルウィウス的人体図 (部分)
レオナルド・ダ・ヴィンチ


ガレアッツォ・サンセヴェリーノ(Galeazzo Sanseverino)とレオナルドは近しい 間柄で、ルカ・パチオリ(Luca Pacioli 1445-1514)の「神聖比例論(De Devina Proportione)」(1509年)を献上されたとあった。

ご存知のとおりウィトルウィウス的人体図が挿絵になっている本。

Ritratto di Frà Luca Pacioli, 1495

Ritratto di Luca Pacioli e Guidobaldo da Montefe
ルカ・パチオリとグイドバルド・ダ・モンテフェルトロ 
1495年 by Jacopo de' Barbari (ヤコポ・デ・バルバリ)


フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロ
の息子グイドバルド・ダ・モンテフェルトロがいっしょにえがかれている。

その
フェデリーコ・ダ・モンテフェルトロで紹介したピエロ・デラ・フランチェスカの「モンテフェルトロ祭壇画(ブレラ祭壇画)」で描かれている殉教者聖ペトルスにちょっと似ている。

本筋からそれるけど、ルカ・パチオリとレオナルドはチェスの本も出版している。

さてさて本に戻る。「美しき姫君」では、マーティン・ケンプが真作「美しき姫君」の発見で、何が証明されたかを述べている。

画法、歴史的背景、科学分析によってレオナルド・ダ・ヴィンチの研究に充実を遂げさせ、彼の新たな人物像と知られていなかった側面を伝えてくれるという。

僕もそうだと思う。新たな人物像と知られていなかった側面なんだよ、知りたいことはさ!

マーティン・ケンプ パスカル・コット
コメント:今日の昼休み(2011年2月3日 12:30)に偶然本屋で発見した。まだ読んでいないけれど、ルドヴィーコ・スフォルツァの愛人との子ビアンカ・スフォルツァが描かれたこの肖像画を、真作とタイトルにつけているので、非常に興味がわいた。

| comments(0) | trackbacks(0) | -
pagetop
<< 2月2日の22:22の記事 昼休みの罠 ナイト・ミュージアム | main | レンブラント アブラハムと三人の天使 >>
スポンサーサイト
- / スポンサードリンク
| - | - | -
pagetop









url: http://renessance.jugem.jp/trackback/166

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--